Chrome UX Core Web Vitals(コアウェブバイタル) レポートテンプレート web.dev(ja)

2020年5月にGoogleが検索ランキング(SEO)の要素として評価していくことを発表した最も重要なユーザーエクスペリエンス指標であるCore Web Vitals(コアウェブバイタル)を可視化したレポートです。

このレポートが使えるプラン詳細を見る

無料のサンプルレポートを開く( light / dark )

会員向け完全版レポートを開く( light / dark )

この「Chrome UX Core Web Vitals(コアウェブバイタル)レポートテンプレート web.dev(ja)」は、2020年5月にGoogleが検索ランキング(SEO)の要素として評価していくことを発表した最も重要なユーザーエクスペリエンス指標であるCore Web Vitals(コアウェブバイタル)を可視化したレポートです。ダッシュボードは、Core Web Vitals(コアウェブバイタル)として選ばれた3つの指標である、1.読み込み時間を測るLargest Contentful Paint(LCP)、2.ユーザーの応答性(インタラクティブ性)を測るFirst Input Delay(FID)、3.ページ・コンテンツの視覚的安定性を測るCumulative Layout Shift(CLS)を網羅しています。これにより自社サイトのユーザーエクスペリエンスを客観的に評価し、戦略的に改善の優先順位をつけることがが可能になります。

尚、本レポートはコネクタ機能が使えないデータソースを扱うため、無料版ではhttps://developers.google.comのデータのみ確認いただけます。STANDARD PLANにご登録いただければ、1アカウントにつき1サイトまで自社サイト/他社サイト問わず、好きなサイトのレポート作成が可能です。

a. ダッシュボードの基本情報

プラン:STANDARD PLAN
データソース:Chrome UX レポート
バージョンweb.dev(ja)
レイアウト920×1040
更新頻度月次(毎月第2火曜日に前月データが更新)

b. ダッシュボード内の指標と定義

Largest Contentful Paint(LCP):重要なコンテンツが表示されるまでの時間(秒)
First Input Delay(FID):ユーザーの最初のアクションに対する反応時間(ミリ秒)
Cumulative Layout Shift(CLS):ユーザーが意図しないレイアウトのずれがどれぐらい発生したか(独自指標)