Googleアナリティクス ページの評価ダッシュボード 2.1

サイト内のすべてのページの中で最も収益に貢献しているページ(またはしていないページ)を評価しページ改修の優先順位付けができるダッシュボードです。

テンプレートを利用する

無料のサンプルレポートを開く( darklight )

会員向け完全版レポートを開く( darklight )

この「Googleアナリティクス ページの評価ダッシュボード 2.1」は、サイトのすべてのページの中で最も収益に貢献している(またはしていない)ページを評価することで、ページ改修の優先順位を正しく行いたいウェブ担当者さまのために作られています。ダッシュボードは、ページビュー数、ページ別訪問数、平均ページ滞在時間、直帰率、離脱率、ページの価値などページの評価に必要な指標を網羅。対象サイトは、中央上部のフィルタでサイトを選択するだけでお好きなサイトのデータが確認できます(※注1)。期間は選択可能です。また、デバイスや流入経路で絞り込むためのフィルタが組み込まれており、簡単に絞り込み分析が可能です。

※注1:ログインしているGoogleアカウントに紐づくサイトから選択可能

a. ダッシュボードの基本情報

データソース:Googleアナリティクス
バージョン:ver2.1
レイアウト:1200×1500
更新頻度:リアルタイム

b. ダッシュボード内の指標と定義

ページビュー数:閲覧されたページの合計数
ページ別訪問数:ユニークなページビュー数(=ページが閲覧されたセッション数)
平均ページ滞在時間:そのページの平均滞在時間
直帰率:全体のセッション数のうち、1ページだけしか見なかった割合
離脱率:そのページでサイトから離脱した率(=離脱数/ページビュー数)
ページの価値:そのページが一回閲覧されることにより生まれた収益価値{=(目標値+eコマースの収益の合計)/ページ別訪問数}(※注2)

※注2:この指標を利用するためには、Googleアナリティクスの目標設定で「値」を設定する必要があります