Google広告 検索キャンペーン詳細ダッシュボード 2.1

大手インターネット広告代理店の運用型広告チームが運用のPDCAを的確に回すために日々確認している指標を網羅したダッシュボードです。

今すぐ登録する

無料のサンプルレポートを開く( darklight )

会員向け完全版レポートを開く( darklight )

この「Google広告 検索キャンペーン詳細ダッシュボード 2.1」は、Google広告の検索キャンペーンのPDCAを的確に回したい広告代理店/マーケティング担当者さまのために作られています。ダッシュボードは、地域や時間帯、デバイス別のパフォーマンス分析に加え、指名キャンペーンのimpシェアやキャンペーンごとの品質スコア&完全一致比率、指名キャンペーンへの競合の入札分析など、機会損失や無駄な投資が発生していないかを細かく確認できるものになっています。対象サイトは、中央上部のフィルタでサイトを選択するだけでお好きなサイトのデータが確認できます(※注1)。期間は選択可能で、比較はデフォルトで前月比に設定されています。また、特定のクエリやデバイスで絞り込むためのフィルタが組み込まれており、簡単に絞り込み分析が可能です。

※注1:ログインしているGoogleアカウントに紐づくサイトから選択可能

a. ダッシュボードの基本情報

データソース:Google広告
バージョン:ver2.1
レイアウト:1200×1500
更新頻度:リアルタイム

b. ダッシュボード内の指標と定義

費用:広告費
コンバージョン数:Google広告に設定されているコンバージョン(コンバージョン列に含むもの)
CPA:コンバージョン数/費用
impシェア:広告が表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合
完全一致インプレッションシェア:広告が実際に表示された回数を、完全一致で表示される可能性があった回数で割った割合
品質スコア:広告やキーワード、ランディング ページの品質を表す指標。(品質スコアが高くなるほど、入札単価を低くおさえつつ、広告掲載順位を上げることができます。)