時代は、広告代理店からテクノロジーに強いマーケティングパートナーへ

「広告代理店が広告アカウントをオープンにしてくれない」
企業のマーケターの皆様から良くこのようなお話を伺いますが、オンライン広告市場がGoogleとFacebookの寡占状態にあり、それらの広告パフォーマンスの鍵を握るのがファーストパーティデータ(※1)の活用になっている中、広告アカウントの中身すら見れない状態ではマーケターとしてパフォーマンス改善のスタートラインにも立てません。
私たちは、広告アカウントをオープンにしクライアント様の資産としていただくことはもちろん、テクノロジー主導の時代に合わせたサービスを通じてクライアント様の事業を大きく成長させるマーケティングパートナーを目指します。

(※1):ファーストパーティーデータは、自社の保有するデータを意味します。具体的には、顧客のメールアドレス、購入履歴、サイト上での行動記録などです。たとえばAmazonは、ファーストパーティーデータを利用して、ユーザーが購入する可能性の高い商品をレコメンドしてサイト内に表示していますが、その情報はオンライン広告のターゲティングやパーソナライゼーションにも利用することができます。

導入企業様

急成長中の企業のマーケターの皆さまにご利用いただいております

ウォンテッドリー株式会社様
キラメックス株式会社様
株式会社3ミニッツ様

サービス

広告運用サービス(エージェンシープラス)

KPI設定と戦略立案、その後の広告運用から効果測定システム構築までワンストップで提供。

私たちは依頼を受けた広告媒体を運用するだけでなく、クライアント様の事業成長に直結する支援を行います。そのために、必要に応じてKPI設定と広告以外も含めた全体戦略立案、その後の広告運用から広告効果測定まで一貫して行います。

このような企業様にご利用いただいております

  • 目標設定や戦略立案といったマーケティングの上流から関わってくれるパートナーを探している企業様
  • 媒体管理画面の数値レポートだけでなく、正確に投資対効果を把握したい企業様
  • 自社のデータ活用による広告パフォーマンスの改善に取り組みたい企業様

マーケティング分析サービス(アナリティクスプラス)

データサイエンティストが収集から変換/統合、可視化までお客様の分析システムを構築するサービスです

Googleアナリティクス/Google広告/Facebook広告/インスタグラム/Salesforceなどあらゆるデータを自動取得し、マーケティング投資がどれだけ事業に貢献しているかを正確に分析できます。

このような企業様にご利用いただいております

  • 複数の広告メニューに出稿しており、データ集計が煩雑になってきている企業様
  • 媒体管理画面の数値レポートだけでなく、正確に投資対効果を把握したい企業様
  • BtoB向けの企業様などでWEBで獲得したリードがその後どれだけ売上に貢献しているかを可視化させたい企業様

メンバー

インハウスプラスは、事業会社でデジタルマーケティングの経験を積んだメンバーで作っています

小林 浩之 / Hiroyuki Kobayashi

1982年大阪府吹田市生まれ。
神戸市外国語大学国際関係学部卒業後、2004年にパイオニア株式会社に入社。国際本部で海外マーケティングを担当。
2007年に本質的なビジネススキルをつけたいという想いで、まだモバゲーもなく無名だった株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)に転職。
毎月数千件の電話をする営業からスタートし、在籍最後の4年間はデジタルマーケティング組織の責任者として、マーケティングの全体戦略の策定/プロジェクト管理/メディア&広告代理店との折衝/マーケティングKPI設定と管理/30名ほどの組織マネジメントを経験。
2014年に独立し、上場企業からスタートアップまで様々な企業のデジタルマーケティングのインハウス化プロジェクトに関わり見識を広げた後、2018年3月に株式会社CALLOSUMを創業。

船登 惟希 / Yoshiaki Funato

1987年新潟県佐渡島生まれ。
東京大学理学部卒業。在学中より参考書を執筆し、現在20冊以上の著書出版。
2012年に株式会社ディー・エヌ・エーに新卒入社。マーケティング事業部にてEコマースのデジタルマーケティングを担当し、1年目でMVP獲得。
2015年に一度起業したのち2018年に株式売却。2018年3月より株式会社CALLOSUMを創業。

企業情報

会社名

株式会社CALLOSUM / CALLOSUM Inc.

代表取締役

小林 浩之

資本金

5,000,000円

会社設立

2018年3月

所在地

東京都渋谷区松濤1丁目16番7号 3F