SEOレポートの作り方のアイキャッチ画像

【初心者向け】サーチコンソールとGA4で作るSEOレポートの作り方 | 必須項目からテンプレートまで

SEOレポートとは?

SEOレポートとは、SEOの事業貢献度や検索エンジンのパフォーマンスなどをまとめ、クライアントや上司に報告するためのレポートです。

SEOレポートの一番の目的は、「SEOの投資対効果の検証と今後の方針を決定すること」なので、その目的に沿った内容を網羅することが重要です。

本記事では、多くの方が利用されているGoogleサーチコンソールとGA4で作るSEOレポートの作り方をサンプル付きで解説していくので、ぜひご覧ください。

例えば、ルッカースタジオ(旧Googleデータポータル)のGoogleサーチコンソールとGA4の無料コネクタを使えば、以下のようにSEO経由のセッションやコンバージョン、またターゲットとしているキーワードの順位の推移や順位グループごとのキーワード数など有料ツールの機能を再現したレポートが作成できます。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのサイト概況20220815
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのサイト概況
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます
[4011] SEO月次レポートテンプレートのターゲットキーワード順位の推移(月別)
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのターゲットキーワード順位の推移(月別)
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます
[4011] SEO月次レポートテンプレートの順位グループごとのキーワード数
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートの順位グループごとのキーワード数
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

SEOレポートに必須で入れたい項目

SEOレポートにどの項目を入れるかはもちろん各社のSEOの目的や戦略によって異なりますが、共通して誰もが確認すべき項目も存在します。ここではそれらの必須項目をご紹介します。

レポートの項目としてはこれでほとんどの場合十分ですが、単にこれらのデータを羅列するだけでは意味がありません。重要なのはこれらのデータをどう解釈し、どう改善アクションにつなげるかです。

これらの項目を一つ一つ手動で集計するやり方をしていては、毎月のレポート作成だけで多くの時間がかかり重要なデータの解釈や改善アクションにかける時間が無くなってしまいます。

次の章では、SEOレポートの必須項目を網羅した全自動レポートのサンプルを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

↑ページのトップに戻る

便利なSEOレポートテンプレート

利用ツール

これからご紹介するサンプル・テンプレートはすべてGoogleの無料ツールで作成しています。キャプチャをクリックすると実際のレポートが確認できるので、参考にしてご自身で作成するか、テンプレートとして販売もしているので時間がもったいないと思われる方は購入して自由にカスタマイズしてください。

  • ルッカースタジオ(旧Googleデータポータル)
  • サーチコンソール
  • GA4
  • Googleスプレッドシート

表紙

表紙では、クライアント名、レポートの対象月、自分のロゴ、自社名と所属部署を記載します。このテンプレートはロゴ含めてすべて編集可能なので、ご自由にアレンジしてご利用ください。

[4011] SEO月次レポートテンプレートの表紙
引用:[4011] SEO月次レポートテンプレート(GA4版)の表紙
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

【買い切り版】SEO月次データポータルレポートテンプレート(4011)を詳しくみる

SEO経由の成果サマリ

GA4のOrganic Search経由のセッションとコンバージョン

一番最初のページは、最も重要なSEOの投資対効果の検証のためのGA4経由のセッションとコンバージョンです。このテンプレートは表紙を除くすべてのページの下部にコメント記入欄を設けているので、サマリとしてこれらのデータをどう解釈するかもあわせて記載しましょう。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのサイト概況(GA4CV)
引用:[4011] SEO月次レポートテンプレート(GA4版)のサイト概況
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

なお、投資対効果の検証に関わる重要な項目は、以下の理由からサーチコンソールではなくGA4のデータを使って正しく検証を行うようにしましょう。

  • サーチコンソールはGoogle検索のみ、GA4はGoogle検索以外の検索エンジンも含む
  • サーチコンソールはクリックをしてページを開く前にブラウザを閉じた場合も計測、GA4は未計測

【買い切り版】SEO月次データポータルレポートテンプレート(4011)を詳しくみる

Googleサーチコンソールの表示回数、クリック数、平均掲載順位

次はSEOのKPIをもっと掘り下げてみましょう。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのサイト概況(サーチコンソール)
引用:[4011] SEO月次レポートテンプレート(GA4版)のサイト概況
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

SEOのKPIは、以下の項目を網羅するようにしましょう。

  • キーワード数:ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示されたキーワードのユニーク数です。Googleサーチコンソールのデータを元に計算フィールドで設定可能です。
  • クリック数:Googleサーチコンソールの「クリック数」です。ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示されたキーワードのユニーク数です。
  • 表示回数:Googleサーチコンソールの「表示回数」です。ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示された回数です。
  • 平均掲載順位:Googleサーチコンソールの「平均掲載順位」です。検索結果にサイトが表示されたときのサイトの平均掲載順位です。

【買い切り版】SEO月次データポータルレポートテンプレート(4011)を詳しくみる

各KPIの月次推移、日次推移

各KPIが月次と日次でどう推移したかを確認します。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのキーワード数の推移(月別)
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのキーワード順位の推移(月別)
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます
[4011] SEO月次レポートテンプレートのキーワード数の推移(日別)
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのキーワード順位の推移(日別)
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

サンプルではキーワード数をご紹介しましたが、以下のKPIは最低限網羅しましょう。

  • キーワード数
  • クリック数
  • 表示回数
  • 平均CTR
  • 平均掲載順位
  • GA4のオーガニック検索経由セッション
  • GA4のオーガニック検索経由コンバージョン

【買い切り版】SEO月次データポータルレポートテンプレート(4011)を詳しくみる

ターゲットキーワードの順位推移

上位掲載を狙っているターゲットキーワードの平均掲載順位の推移を確認します。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのターゲットキーワード順位の推移(月別)
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのターゲットキーワード順位の推移(月別)
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

SEOでよくある課題は、クリックは増えたけれど全くコンバージョンにつながっていないということです。このようなことにならないように、コンバージョンが見込める優先度の高いキーワードを設定しそのキーワードの順位進捗を計測することが重要です。

尚、ターゲットキーワードは、以下のように設定することを推奨します。

  • GA4でオーガニック検索経由のコンバージョンが多いランディングページを確認する
  • サーチコンソールで上記ページの検索クエリを確認する
  • 上記検索クエリの上位○○位をターゲットキーワードとして設定する

【買い切り版】SEO月次データポータルレポートテンプレート(4011)を詳しくみる

順位グループごとのキーワード数推移

SEOの順位をより俯瞰的に把握するために、たとえば上位3位以内に入っているキーワード数など順位グループごとのキーワード数を確認します。ターゲットキーワードが非常に多い場合に有効です。

[4011] SEO月次レポートテンプレートの順位グループごとのキーワード数
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートの順位グループごとのキーワード数
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

【買い切り版】SEO月次データポータルレポートテンプレート(4011)を詳しくみる

前月比で大きな変動があったキーワード

前月比でクリック数が大きく増加したキーワード、逆に大きく減少したキーワードを確認します。

[4011] SEO月次レポートテンプレートの前月比で変動が大きいキーワード
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートの前月比で変動が大きいキーワード
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

【買い切り版】SEO月次データポータルレポートテンプレート(4011)を詳しくみる

全キーワード一覧、ページ一覧

SEOに貢献した全キーワードとページの一覧を確認します。キーワードは、サーチコンソールの管理画面では上位1,000位までしか表示されないため、キーワード数の上限がないルッカースタジオ(旧Googleデータポータル)でレポートを作成しましょう。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのTOPキーワード
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのTOPキーワード
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます
[4011] SEO月次レポートテンプレートのTOPページ
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのTOPページ
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

【買い切り版】SEO月次データポータルレポートテンプレート(4011)を詳しくみる

SEOレポートテンプレートの使い方マニュアル

SEOキーワードの全リストのレポートを作成する方法

ルッカースタジオ(旧データポータル)だとすべてのリストを確認するにはスクロールしていくしかないので、全リストを報告する必要がある場合は、以下の手順でルッカースタジオ(旧データポータル)からGoogleスプレッドシートにエクスポートする方法が便利なのでぜひお試しください。

手順1:図の右上にある︙縦3点リーダー)を選択する

データポータルの縦三点リーダーを選択

手順2:エクスポートを選択する

データポータルのエクスポート機能を利用する

手順3:形式を「Googleスプレッドシート」、「値の書式に合わせる」にチェックボックスを入れて、「エクスポート」を選択する

データポータルのエクスポート機能を利用する

これで以下のようにGoogleスプレッドシートにデータがエクスポートされたら完成です。

データポータルからスプレッドシートにエクスポート

【買い切り版】SEO月次データポータルレポートテンプレート(4011)を詳しくみる

↑ページのトップに戻る

導入企業数1,800社突破!データポータル(現ルッカースタジオ)を活用するならインハウスプラス

インハウスプラスは、様々なニーズに対応するカスタマイズ可能なデータポータル(現ルッカースタジオ)のレポートテンプレートを豊富にご用意しています。レポート作成を自動化したいけれどゼロから自分でレポートを作成するのが難しい方は、インハウスプラスを使って時間を有効活用しましょう。

GA4やGoogle広告、サーチコンソールなどのGoogle系のレポートは買い切りプランで

  • 10種類以上のテンプレートが使い放題で39,800円(今後も続々追加予定)
  • サイト数無制限でレポート作成
  • 複数のGoogleアカウントに紐づくサイトもOK
  • レポートはコピーするだけすぐに完成
  • カスタマイズも自由自在
  • 商用利用可能
  • 【買い切り版】SEO月次レポートテンプレート(4011)

    【買い切り版】SEO月次レポートテンプレート(4011)

    サーチコンソールとGA4を使ったSEOの月次レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。サーチコンソールでは取得できない検索クエリも表示。ターゲットキーワードの順位計測。順位グループごとのキーワード数。充実したレポート機能(コメント欄や自社ロゴに変更可能)。

    もっとみる

  • 【買い切り版】Google広告レポートテンプレート(4003)

    【買い切り版】Google広告レポートテンプレート(4003)

    Google広告レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。テンプレートだから対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。レポートに最低限必要なデータを網羅。広告代理店向けの手数料設定やコメント機能。自社のロゴに変更可能。

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート(4007)

    【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート(4007)

    GA4を使った月次のアクセス解析レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。月次レポートとして入れるべき項目を網羅。GA4の管理画面にないCVRなどの指標も完備。充実したレポート機能(コメント欄や自社ロゴに変更可能)。

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 分析ダッシュボードテンプレート(4009)

    【買い切り版】GA4 分析ダッシュボードテンプレート(4009)

    GA4のアクセス解析データをデータポータル(現ルッカースタジオ)で可視化。対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。アクセス解析に必要なデータを一目でわかりやすく確認。GA4の管理画面にないCVRなどの指標も完備。

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート(4008)

    【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート(4008)

    GA4を使ったECサイト向け月次レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。月次報告用レポートとして入れるべき項目を網羅。GA4の管理画面にないCVRなどの指標も完備。充実したレポート機能(コメント欄や自社ロゴに変更可能)。

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 EC分析ダッシュボードテンプレート(4010)

    【買い切り版】GA4 EC分析ダッシュボードテンプレート(4010)

    GA4のeコマースデータをデータポータル(現ルッカースタジオ)で可視化。対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。ECサイトの運営に必要なデータを一目でわかりやすく確認。GA4の管理画面にないCVRなどの指標も完備。

    もっとみる

買い切りプランで使える全てのレポートテンプレートを見る

ウェブ広告やSNSレポートはサブスクリプションプラン(Light&Standard)で

  • 各媒体の公式APIを使ってデータを自動更新
  • レポートは権限付与するだけ1営業日で完成レポートが届く
  • 10種類以上の高機能レポート(今後も続々追加予定)
  • カスタマイズも自由自在
  • サポートも充実
  • 【サブスク版】Facebook広告(Instagram広告含む)レポート(0002)

    【サブスク版】Facebook広告(Instagram広告含む)レポート(0002)

    Facebook広告(Instagram広告)レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。広告クリエイティブレポート付き。特定のコンバージョンアクションをコンバージョンとして設定可能。広告代理店向けの手数料設定やコメント機能。自社のロゴに変更可能。

    もっとみる

  • 【サブスク版】Google広告レポート/クリエイティブレポート付き(0003)

    【サブスク版】Google広告レポート/クリエイティブレポート付き(0003)

    Google広告レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。無料コネクタで取得できないデータもGoogle Ads APIを使って取得。広告クリエイティブレポート付き。特定のコンバージョンアクションをコンバージョンとして設定可能。広告代理店向けの手数料設定やコメント機能。自社のロゴに変更可能。

    もっとみる

  • 【サブスク版】WEB広告レポート(0009)

    【サブスク版】WEB広告レポート(0009)

    あらゆるウェブ広告レポートをルッカースタジオ(旧Googleデータポータル)で自動化。各広告媒体APIを使ってデータ取得。複数の広告媒体のデータを一元化。広告クリエイティブレポート付き。特定のコンバージョンアクションをコンバージョンとして設定可能。広告代理店向けの手数料設定やコメント機能。自社のロゴに変更可能。

    もっとみる

  • 【サブスク版】Instagramインサイト月次データポータルレポート/横型(0010)

    【サブスク版】Instagramインサイト月次データポータルレポート/横型(0010)

    Instagramインサイトレポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。Instagram Graph APIを使って報告用の月次レポートを全自動で作成。投稿画像分析レポート。リール(Reels)対応。期間は自由に選択。月に何回でもPDFとしてダウンロード可能。

    もっとみる

サブスクリプションプランで使える全てのレポートを見る

フルカスタマイズのBIダッシュボード開発にも対応しています

各企業様のニーズに合わせてカスタマイズしたBIダッシュボード開発にも対応しておりますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

↑ページのトップに戻る