【テンプレート付き】サーチコンソールとGA4で作るSEOレポートの作り方と自動化方法

【テンプレート付】サーチコンソールとGA4で作るSEOレポートの作り方と自動化方法 | 必須項目も丁寧に解説

この記事では、SEOレポートを効率的に作成したい方に向けて、SEOレポートで押さえるべきポイント、サーチコンソールの管理画面を使ったレポート作成方法、SEOレポートを自動化する方法を分かりやすく解説します。

さらに便利なSEOレポートテンプレートもご紹介するので、レポート業務に時間が使えない方はぜひご活用ください。便利なLooker Studio(旧データポータル)のサーチコンソールとGA4の無料コネクタを使えば、以下のような分かりやすいSEOレポートがかんたんに作成できます。

人気テンプレート:クライアントや社内への報告用レポートとして人気のSEOレポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

SEOレポートとは?

SEOレポートとは、SEOの事業貢献度や検索エンジンのパフォーマンスなどをまとめ、クライアントや上司に報告するためのレポートです。

SEOレポートの一番の目的は、「SEOの投資対効果の検証と今後の方針を決定すること」なので、その目的に沿った内容を網羅することが重要です。本記事では、多くの方が利用されているサーチコンソールとGA4で使ったSEOレポートテンプレートも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

↑ページのトップに戻る

SEOレポートで押さえるべきポイント

SEOレポートにどの項目を入れるかはもちろん各社のSEOの目的や戦略によって異なりますが、共通して誰もが確認すべき項目も存在します。ここではそれらのポイントをレポートの種類と項目に分けて解説します。

レポートの種類

SEOレポートの必須項目として入れたいKPI指標

各レポートのディメンションと指標には、以下の項目を網羅するようにしましょう。

キーワード数

ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示されたキーワードのユニーク数です。Googleサーチコンソールのデータを元に計算フィールドを使って設定できます。

クリック数

Googleサーチコンソールの「クリック数」です。ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示されたキーワードのユニーク数です。

表示回数

Googleサーチコンソールの「表示回数」です。ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示された回数です。

平均CTR

Googleサーチコンソールの「平均CTR」です。表示されたうち、実際にクリックにつながった割合です。

平均掲載順位

Googleサーチコンソールの「平均掲載順位」です。検索結果にサイトが表示されたときのサイトの平均掲載順位です。

セッション数

GA4の「セッション」です。ウェブサイトへの訪問数です。例えば、あるユーザーがウェブサイトに2回訪問した場合セッション数を2とカウントします。

コンバージョン

GA4の「コンバージョン」です。GA4で設定しているコンバージョンイベントの合計です。

キーワード

Googleサーチコンソールの「クエリ」です。ユーザーが検索したキーワードです。

ページ

Googleサーチコンソールの「ページ」です。検索結果に表示されたページです。

データの更新頻度

レポートの項目としてはこれでほとんどの場合十分ですが、単にこれらのデータを羅列するだけでは意味がありません。重要なのはこれらのデータをどう解釈し、どう改善アクションにつなげるかのため、データは毎日更新できるようにしましょう。

↑ページのトップに戻る

サーチコンソールの管理画面を使ったレポート作成方法

1. サーチコンソールにログインする

2. 右上の「エクスポート」をクリックし、以下3つの中から形式を選択

  • Googleスプレッドシート
  • Excelとしてダウンロード
  • CSVをダウンロード
サーチコンソールのデータをエクスポート
引用:サーチコンソール管理画面

3. データがエクスポートできました!

以下のタブにそれぞれデータが入っていますので、必要に応じてカスタマイズしたら完成です。

  • クエリ
  • ページ
  • デバイス
  • 検索での見え方
  • 日付
  • フィルタ
スプレッドシートにエクスポート
引用:スプレッドシート

↑ページのトップに戻る

SEOレポートの作成を自動化する方法

SEOレポートをクライアントや社内に提出する際には、読み手にとって見やすいフォーマットでレポートを整えることが重要です。

毎回管理画面からデータをダウンロードしてレポートを作成する方法は手間がかかります。そのため、定期的にレポートを作成する必要がある場合は、レポートの自動化を検討しましょう。

これから、SEOレポートの自動化方法と、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

Looker Studio(旧データポータル)

Looker Studioは、さまざまなデータソースと接続し、分かりやすい全自動のレポートが作成できるGoogleが提供する無料のレポート作成ツールです。

メリット

  • 無料で見やすいレポートを簡単に作成できること
  • Googleが提供する無料のサーチコンソールコネクタでデータ更新を自動化できること

デメリット

  • 操作は簡単だがゼロからレポートを作ると一定の時間がかかること

check-icon インハウスプラスなら誰でも簡単にSEOレポートを自動化できます

インハウスプラスの【買い切り版】SEO月次レポートテンプレート for Looker Studio(4011)なら、マニュアルを見ながらレポートをコピーするだけ3分でレポートが完成します。

(関連記事)

サーチコンソール×Looker Studio(旧データポータル)の使い方完全ガイド

Googleスプレッドシートのサーチコンソールアドオン「Search Analytics for Sheets」

Googleスプレッドシートのサーチコンソールアドオン「Search Analytics for Sheets」は、無料でサーチコンソールのデータをスプレッドシートに出力できる拡張機能のアドオンです。Looker Studioが登場する前はよく使われていた方法ですが、無料で使えるLooker Studioに移行する方が増えています。またGoogleとしてもLooker Studioの利用を推奨しています。

メリット

  • スプレッドシートにサーチコンソールのデータを出力できること

デメリット

  • 機能を使いこなすのに時間がかかること
  • チャート化ができないため、見やすいレポートが作れないこと
  • 読み込みに時間がかかるなどシステムが不安定であること

SEOレポート自動化ツール

SEOレポート自動化ツールは、SEOレポートを自動化してくれるツールです。こちらもLooker Studioが登場する前はよく使われていた方法ですが、無料で使えるLooker Studioに移行する方が増えています。

メリット

  • サーチコンソールでは取得できないデータが取得できるなど独自機能があること

デメリット

  • ツールを使いこなすのに時間がかかること
  • 費用がかかること

↑ページのトップに戻る

便利なSEOレポートテンプレート一覧

これからご紹介するテンプレートはすべてLooker Studioと無料コネクタを使って作成しています。

サーチコンソール×Looker Studio(旧データポータル)使い方完全ガイド」を参考にしながらご自身でも作成できますし、ゼロから作るのは時間がもったいないと思われる方はテンプレートを購入して自由にカスタマイズしてご利用ください。

表紙

表紙では、クライアント名、レポートの対象月、自分のロゴ、自社名と所属部署を記載します。このテンプレートはロゴ含めてすべて編集可能なので、ご自由にアレンジしてご利用ください。

SEO経由の成果サマリ

GA4のOrganic Search経由のセッションとコンバージョン

一番最初のページは、最も重要なSEOの投資対効果の検証のためのGA4経由のセッションとコンバージョンです。このテンプレートは表紙を除くすべてのページの下部にコメント記入欄を設けているので、サマリとしてこれらのデータをどう解釈するかもあわせて記載しましょう。

なお、投資対効果の検証に関わる重要な項目は、以下の理由からサーチコンソールではなくGA4のデータを使って正しく検証を行うようにしましょう。

  • サーチコンソールはGoogle検索のみ、GA4はGoogle検索以外の検索エンジンも含む
  • サーチコンソールはクリックをしてページを開く前にブラウザを閉じた場合も計測、GA4は未計測

Googleサーチコンソールの表示回数、クリック数、平均掲載順位

次はSEOのKPIをもっと掘り下げてみましょう。

SEOのKPIは、以下の項目を網羅するようにしましょう。

  • キーワード数:ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示されたキーワードのユニーク数です。Googleサーチコンソールのデータを元に計算フィールドで設定可能です。
  • クリック数:Googleサーチコンソールの「クリック数」です。ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示されたキーワードのユニーク数です。
  • 表示回数:Googleサーチコンソールの「表示回数」です。ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示された回数です。
  • 平均掲載順位:Googleサーチコンソールの「平均掲載順位」です。検索結果にサイトが表示されたときのサイトの平均掲載順位です。

各KPIの月次推移、日次推移

各KPIが月次と日次でどう推移したかを確認します。

サンプルではキーワード数をご紹介しましたが、以下のKPIは最低限網羅しましょう。

  • キーワード数
  • クリック数
  • 表示回数
  • 平均CTR
  • 平均掲載順位
  • GA4のオーガニック検索経由セッション
  • GA4のオーガニック検索経由コンバージョン

ターゲットキーワードの順位推移

上位掲載を狙っているターゲットキーワードの平均掲載順位の推移を確認します。

SEOでよくある課題は、クリックは増えたけれど全くコンバージョンにつながっていないということです。このようなことにならないように、コンバージョンが見込める優先度の高いキーワードを設定しそのキーワードの順位進捗を計測することが重要です。

尚、ターゲットキーワードは、以下のように設定することを推奨します。

  • GA4でオーガニック検索経由のコンバージョンが多いランディングページを確認する
  • サーチコンソールで上記ページの検索クエリを確認する
  • 上記検索クエリの上位○○位をターゲットキーワードとして設定する

順位グループごとのキーワード数推移

SEOの順位をより俯瞰的に把握するために、たとえば上位3位以内に入っているキーワード数など順位グループごとのキーワード数を確認します。ターゲットキーワードが非常に多い場合に有効です。

前月比で大きな変動があったキーワード

前月比でクリック数が大きく増加したキーワード、逆に大きく減少したキーワードを確認します。

全キーワード一覧、ページ一覧

SEOに貢献した全キーワードとページの一覧を確認します。キーワードは、サーチコンソールの管理画面では上位1,000位までしか表示されないため、キーワード数の上限がないLooker Studio(旧データポータル)でレポートを作成しましょう。

よくある質問

「サイトのインプレッション」と「URL のインプレッション」の違い

前者はサイト単位で集計、後者はページ単位で集計するため、集計方法に違いがあります。例えば、あるキーワードの検索結果に自社のページが1位から3位に合計3ページ表示され、そのうちの2ページがクリックされた場合、以下のような結果になります。

表示回数クリック数平均掲載順位
サイトのインプレッション111(最上位)
URLのインプレッション32

使い分けのルールが曖昧だとデータの信憑性が下がるので、基本ルールは以下が良いと思います。

  • 基本は、「サイトのインプレッション」を利用すること
  • ページの分析をしたい時のみ、「URLのインプレッション」を利用すること

「サイトのインプレッション」と「URL のインプレッション」のディメンションと指標

「サイトのインプレッション」には、Landing page(ページ)が存在せず、逆に「URLのインプレッション」にはAverage Position(平均掲載順位)が存在しないことに注意しましょう。

サイトのインプレッション」のディメンション
  • Date(日付)
  • Device Category(デバイス)
  • Country(国)
  • Google Property(検索タイプ)
  • Query(クエリ)
サイトのインプレッション」の指標
  • Clicks(クリック数)
  • Impression(表示回数)
  • SiteCTR(平均CTR)
  • Average Position(平均掲載順位)※サイトのインプレッションのみの項目
URLのインプレッション」のディメンション
  • Date(日付)
  • Device Category(デバイス)
  • Country(国)
  • Google Property(検索タイプ)
  • Query(クエリ)
  • Landing page(ページ)※URLのインプレッションのみの項目
「URLのインプレッション」の指標
  • Clicks(クリック数)
  • Impression(表示回数)
  • URL CTR(平均CTR)

検索タイプとは?

検索タイプとは、Googleの検索結果で出てくる検索対象の種類です。さまざまなタイプがありますが、基本はウェブを選択しましょう。

サーチコンソールの検索タイプの説明
引用:Google検索結果

「サイトのインプレッション」と「URL のインプレッション」の検索タイプ

「サイトのインプレッション」の検索タイプ
  • ウェブ
  • 画像
  • 動画
  • 最新の音楽
「URLのインプレッション」の検索タイプ
  • ウェブ
  • 画像
  • 動画
  • 最新の音楽
  • おすすめ
  • Google ニュース

すべての検索クエリを確認する方法

以下の手順でLooker StudioからGoogleスプレッドシートにエクスポートする方法が便利なのでぜひお試しください。

手順1

図の右上にある︙(縦3点リーダー)を選択する

データポータルの縦三点リーダーを選択

手順2

エクスポートを選択する

データポータルのエクスポート機能を利用する

手順3

形式を「Googleスプレッドシート」、「値の書式に合わせる」にチェックボックスを入れて、「エクスポート」を選択する

データポータルのエクスポート機能を利用する

これで以下のようにGoogleスプレッドシートにデータがエクスポートされたら完成です。

データポータルからスプレッドシートにエクスポート

(関連記事)

[Looker Studio] グラフからデータをGoogleスプレッドシートやCSV(エクセル)でエクスポートする方法

計算フィールドを使って検索クエリ数を表示する方法

ユニーク数をカウントするCOUNT_DISTINCT関数を使って計算フィールドを作成することで、検索クエリ数(キーワード数)が表示できるようになります。

COUNT_DISTINCT(Query)

引用:Looker Studioのデータソース設定画面

↑ページのトップに戻る

導入社数2,000社突破!Looker Studio(旧データポータル)を活用するならインハウスプラス

インハウスプラスは、様々なニーズに対応するカスタマイズ可能なLooker Studioのレポートテンプレートを豊富にご用意しています。レポート作成を自動化したいけれどゼロから自分でレポートを作成するのが難しい方は、インハウスプラスを使って時間を有効活用しましょう。

GA4やGoogle広告、サーチコンソールなどのGoogle系のレポートは買い切りプランで

買い切りプランは、2,000社以上が利用するインハウスプラスの中でも特にお得なプランです。GA4・サーチコンソール・Google広告に対応。一度の購入でサイト数無制限でレポートが作成でき、レポートもコピーするだけ数分で完成、カスタマイズも自由自在です。またGoogleアナリティクス専門家の小川卓さんに顧問として参画いただき、GA4の仕様変更があった際はテンプレートを随時アップデートしているので、ずっと安心してご利用いただけます。

  • 【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート for Looker Studio(4007)

    【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート for Looker Studio(4007)

    誰でもかんたんにGA4の報告レポートを自動化できる全61ページのGA4レポートテンプレートです。圧倒的なボリュ…

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート for Looker Studio(4008)

    【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート for Looker Studio(4008)

    誰でもかんたんにGA4のECサイト向け報告レポートを自動化できる全67ページのLooker Studioレポー…

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 標準レポートテンプレート for Looker Studio(4004)

    【買い切り版】GA4 標準レポートテンプレート for Looker Studio(4004)

    誰でもかんたんに報告レポートを自動化したり日々のモニタリングが効率化できる全18ページの万能なGA4レポートテ…

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 EC標準レポートテンプレート for Looker Studio(4012)

    【買い切り版】GA4 EC標準レポートテンプレート for Looker Studio(4012)

    誰でもかんたんにECサイト向けの報告レポートを自動化したり日々のモニタリングが効率化できる全22ページの万能な…

    もっとみる

買い切りプランで使える全てのレポートテンプレートを見る

Web広告やSNSレポートはサブスクリプションプラン(Light&Standard)で

サブスクリプションプランは、誰でもかんたんにLooker StudioでWeb広告・SNSレポートを自動化できるプランです。レポートは権限付与するだけ1営業日で高品質なレポートが届き、カスタマイズも自由自在です。また無料のテクニカルサポートも利用できるので、Looker Studioに詳しくない方でも安心してご利用いただけます。

  • 【サブスク版】Web広告×GA4レポート for Looker Studio(0013)

    【サブスク版】Web広告×GA4レポート for Looker Studio(0013)

    誰でもかんたんにWeb広告の広告効果を、通常の媒体コンバージョンに加えて、重複のない正確なGA4コンバージョン…

    もっとみる

  • 【サブスク版】Web広告レポート for Looker Studio(0009)

    【サブスク版】Web広告レポート for Looker Studio(0009)

    誰でもかんたんに33種類以上の広告媒体データをLooker Studioに一元化して自動化できるWeb広告レポ…

    もっとみる

  • 【サブスク版】Web広告レポート for Googleスプレッドシート(2001)

    【サブスク版】Web広告レポート for Googleスプレッドシート(2001)

    誰でもかんたんに33種類以上の広告媒体データをスプレッドシートに一元化して自動化できるWeb広告レポートです。…

    もっとみる

  • 【サブスク版】Instagramインサイトレポート(横型) for Looker Studio(0010)

    【サブスク版】Instagramインサイトレポート(横型) for Looker Studio(0010)

    誰でもかんたんにInstagramインサイトの報告レポートをLooker Studioで自動化できるレポートで…

    もっとみる

サブスクリプションプランで使える全てのレポートを見る

GA4設定代行やカスタマイズレポート開発もお任せください

インハウスプラスでは、GA4の設定代行やテクニカルサポート、各企業様の課題に合わせて要件定義から実装までを行うカスタムレポート開発などの「データ活用支援サービス」もご提供しています。

顧問として参画いただいている小川卓さんを含め実績豊富なスペシャリストがサポートしますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

↑ページのトップに戻る