Googleデータポータルでサーチコンソールのレポートを作成する方法のアイキャッチ画像

【テンプレ付】データポータル×サーチコンソールのレポート作成方法 | 図解で手順を詳しく解説

サーチコンソールは無料で非常に便利なSEO分析ツールですが、皆さんが普段利用している管理画面を見るよりもGoogleデータポータルに接続するとより多くの情報が取得できるようになります。

本記事では、Googleデータポータルでサーチコンソールを利用するメリットから具体的な利用手順、便利なテンプレートを分かりやすく紹介します。

Googleデータポータルでサーチコンソールを利用するメリットとは?

Googleデータポータルは、レポート作成やモニタリングを自動化し、関係者と簡単に共有できるGoogleが提供する無料で高機能なBIツールです。そのため、データポータルを使うことで特にレポートの質は格段にあがるのですが、ここでは取得できるデータにスコープを絞ったメリットを紹介します。

検索クエリがサーチコンソールは上位1,000件まで、データポータルは上限なし

サーチコンソールは、すべての検索クエリが表示されていないことはご存じでしょうか?サーチコンソールでは、下の画像にあるように上位1,000件のみが表示されています。中規模以上のサイトを管理している場合、クエリ数が数万件あることも一般的なので、データポータルに接続してすべての検索クエリを確認しましょう。尚、弊社の管理しているサイトで確認したところ、最大10万件の検索クエリ(サーチコンソールの約100倍!)が確認できています。

サーチコンソールの検索パフォーマンスの上位クエリ画面
引用:サーチコンソールの管理画面

検索クエリ数がサーチコンソールでは確認できないが、データポータルでは可能

SEOのKPIで検索クエリ数を設定している人も多いのではないでしょうか?サーチコンソールではこの検索クエリ数を確認することはできないですが、データポータルでは計算フィールドという機能を使ってこの検索クエリ数(レポート上ではキーワード数)を確認することが可能です。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのキーワード数の推移(月別)
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのキーワード数の推移(月別)
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

検索クエリ数を作成する方法

ユニーク数をカウントするCOUNT_DISTINCT関数を使って計算フィールドを作成することで、検索クエリ数(キーワード数)が表示できるようになります。

COUNT_DISTINCT(Query)

引用:データポータルのデータソース設定画面

また、検索クエリ数(キーワード数)が表示できるようになれば、順位グループごとの検索クエリ数(キーワード数)など有料ツールの機能を再現したレポートが作成できます。

[4011] SEO月次レポートテンプレートの順位グループごとのキーワード数
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートの順位グループごとのキーワード数
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

↑ページのトップに戻る

Googleデータポータルでサーチコンソールレポートを作成する方法

Googleデータポータルでサーチコンソールレポートを作成する方法は非常に簡単で、データソースを作成した後、そのデータソースを使ってレポートを作成し、レポートが完成したらそれを共有するだけです。

実際の画面キャプチャを使って解説していくので、一緒に進めていきましょう。

データソースを作成する

1.データポータルのホーム画面の左上にある「作成」から「データソース」を選択します。

Googleデータポータルでデータソースを作成
引用:Googleデータポータルのホーム画面

2.コネクタの一覧画面から、「Search Console」を選択します。

Googleデータポータルのサーチコンソールのコネクタを選択する
引用:Googleデータポータルのコネクタ選択画面

3.対象のアカウントを選択する

データポータルにGoogleサーチコンソールへのアクセス権を許可すると、利用可能なGoogleサーチコンソールのサイト、表、検索タイプが表示されるので、以下のように選択しましょう。

注:この画面には現在ログインしているGoogleアカウントに紐づくGoogleサーチコンソールのアカウントが表示されます。ここにレポートに利用したいGoogleサーチコンソールが出てこない場合は、ログインしているGoogleアカウントが正しいかどうかをご確認ください。

Googleデータポータルでサーチコンソールのサイトを選択する
引用:Googleデータポータルのアカウント選択画面

4.これでデータソースの作成は完了です!

接続した後、下の図のようにフィールドの一覧画面に移動したら、データソースの作成は完了です。右上の「レポートを作成」を選択し、レポート作成に進みましょう。

Googleデータポータルのフィールド一覧画面からレポートを作成を選択する
引用:Googleデータポータルのフィールド一覧画面

レポートを作成する

しばらくするとレポート作成画面に切り替わるので、「挿入」からグラフの種類を選んで何かグラフを追加してみましょう。サンプルでは表でクエリごとの表示回数、クリック数、平均CTR、平均掲載順位を設定してみました。

Googleデータポータルで表レポートを作成する
引用:Googleデータポータルのレポート画面

Googleデータポータルの使い方のもっと詳しい記事はこちら

レポートを共有する

レポートを作成したら、画面右上にある「共有」の右にある「▼」のアイコンを選択します。スプレッドシートのようなURL共有やメールの自動配信、PDFダウンロードなど様々な方法で共有をすることができます。

引用:Googleデータポータルの共有設定画面

Googleデータポータルの共有機能のもっと詳しい記事はこちら

↑ページのトップに戻る

便利なサーチコンソールのデータポータルテンプレート

SEO経由の成果サマリ

Googleサーチコンソールの表示回数、クリック数、平均掲載順位

まずはSEOのKPIサマリです。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのサイト概況(サーチコンソール)
引用:[4011] SEO月次レポートテンプレート(GA4版)のサイト概況
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

SEOのKPIは、以下の項目を網羅するようにしましょう。

  • キーワード数:ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示されたキーワードのユニーク数です。Googleサーチコンソールのデータを元に計算フィールドで設定可能です。
  • クリック数:Googleサーチコンソールの「クリック数」です。ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示されたキーワードのユニーク数です。
  • 表示回数:Googleサーチコンソールの「表示回数」です。ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示された回数です。
  • 平均掲載順位:Googleサーチコンソールの「平均掲載順位」です。検索結果にサイトが表示されたときのサイトの平均掲載順位です。

このSEOレポートテンプレートを購入する

Googleアナリティクス(GA4)のOrganic Search経由のセッションとコンバージョン

次に、最も重要なSEOの投資対効果の検証のためのGoogleアナリティクス(GA4)経由のセッションとコンバージョンです。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのサイト概況(GA4CV)
引用:[4011] SEO月次レポートテンプレート(GA4版)のサイト概況
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

なお、投資対効果の検証に関わる重要な項目は、以下の理由からサーチコンソールではなくGoogleアナリティクスのデータを使って正しく検証を行うようにしましょう。

  • サーチコンソールはGoogle検索のみ、GoogleアナリティクスはGoogle検索以外の検索エンジンも含む
  • サーチコンソールはクリックをしてページを開く前にブラウザを閉じた場合も計測、Googleアナリティクスは未計測

各KPIの月次推移、日次推移

各KPIが月次と日次でどう推移したかを確認します。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのキーワード数の推移(月別)
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのキーワード順位の推移(月別)
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます
[4011] SEO月次レポートテンプレートのキーワード数の推移(日別)
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのキーワード順位の推移(日別)
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

サンプルではキーワード数をご紹介しましたが、以下のKPIは最低限網羅しましょう。

  • キーワード数
  • クリック数
  • 表示回数
  • 平均CTR
  • 平均掲載順位
  • Googleアナリティクス、GA4のオーガニック検索経由セッション
  • Googleアナリティクス、GA4のオーガニック検索経由コンバージョン

このSEOレポートテンプレートを購入する

ターゲットキーワードの順位推移

上位掲載を狙っているターゲットキーワードの平均掲載順位の推移を確認します。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのターゲットキーワード順位の推移(月別)
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのターゲットキーワード順位の推移(月別)
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

SEOでよくある課題は、クリックは増えたけれど全くコンバージョンにつながっていないということです。このようなことにならないように、コンバージョンが見込める優先度の高いキーワードを設定しそのキーワードの順位進捗を計測することが重要です。

尚、ターゲットキーワードは、以下のように設定することを推奨します。

  • Googleアナリティクスでオーガニック検索経由のコンバージョンが多いランディングページを確認する
  • サーチコンソールで上記ページの検索クエリを確認する
  • 上記検索クエリの上位○○位をターゲットキーワードとして設定する

このSEOレポートテンプレートを購入する

順位グループごとのキーワード数推移

SEOの順位をより俯瞰的に把握するために、たとえば上位3位以内に入っているキーワード数など順位グループごとのキーワード数を確認します。ターゲットキーワードが非常に多い場合に有効です。

[4011] SEO月次レポートテンプレートの順位グループごとのキーワード数
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートの順位グループごとのキーワード数
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

このSEOレポートテンプレートを購入する

前月比で大きな変動があったキーワード

前月比でクリック数が大きく増加したキーワード、逆に大きく減少したキーワードを確認します。

[4011] SEO月次レポートテンプレートの前月比で変動が大きいキーワード
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートの前月比で変動が大きいキーワード
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

このSEOレポートテンプレートを購入する

全キーワード一覧、ページ一覧

SEOに貢献した全キーワードとページの一覧を確認します。キーワードは、サーチコンソールの管理画面では上位1,000位までしか表示されないため、キーワード数の上限がないGoogleデータポータルでレポートを作成しましょう。

[4011] SEO月次レポートテンプレートのTOPキーワード
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのTOPキーワード
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます
[4011] SEO月次レポートテンプレートのTOPページ
引用:[4011]SEO月次レポートテンプレートのTOPページ
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

(参考)SEOキーワードの全リストのレポートを作成する方法

データポータルだとすべてのリストを確認するにはスクロールしていくしかないので、全リストを報告する必要がある場合は、以下の手順でデータポータルからGoogleスプレッドシートにエクスポートする方法が便利なのでぜひお試しください。

手順1:図の右上にある︙縦3点リーダー)を選択する

データポータルの縦三点リーダーを選択

手順2:エクスポートを選択する

データポータルのエクスポート機能を利用する

手順3:形式を「Googleスプレッドシート」、「値の書式に合わせる」にチェックボックスを入れて、「エクスポート」を選択する

データポータルのエクスポート機能を利用する

これで以下のようにGoogleスプレッドシートにデータがエクスポートされたら完成です。

データポータルからスプレッドシートにエクスポート

このSEOレポートテンプレートを購入する

↑ページのトップに戻る

よくある質問、注意点

「サイトのインプレッション」と「URL のインプレッション」の違い

前者はサイト単位で集計、後者はページ単位で集計するため、集計方法に違いがあります。例えば、あるキーワードの検索結果に自社のページが1位から3位に合計3ページ表示され、そのうちの2ページがクリックされた場合、以下のような結果になります。

表示回数クリック数平均掲載順位
サイトのインプレッション111(最上位)
URLのインプレッション32

使い分けのルールが曖昧だとデータの信憑性が下がるので、基本ルールは以下が良いと思います。

  • 基本は、「サイトのインプレッション」を利用すること
  • ページの分析をしたい時のみ、「URLのインプレッション」を利用すること

「サイトのインプレッション」と「URL のインプレッション」のディメンションと指標

「サイトのインプレッション」には、Landing page(ページ)が存在せず、逆に「URLのインプレッション」にはAverage Position(平均掲載順位)が存在しないことに注意しましょう。

サイトのインプレッション」のディメンション
  • Date(日付)
  • Device Category(デバイス)
  • Country(国)
  • Google Property(検索タイプ)
  • Query(クエリ)
サイトのインプレッション」の指標
  • Clicks(クリック数)
  • Impression(表示回数)
  • SiteCTR(平均CTR)
  • Average Position(平均掲載順位)※サイトのインプレッションのみの項目
URLのインプレッション」のディメンション
  • Date(日付)
  • Device Category(デバイス)
  • Country(国)
  • Google Property(検索タイプ)
  • Query(クエリ)
  • Landing page(ページ)※URLのインプレッションのみの項目
「URLのインプレッション」の指標
  • Clicks(クリック数)
  • Impression(表示回数)
  • URL CTR(平均CTR)

検索タイプとは?

検索タイプとは、Googleの検索結果で出てくる検索対象の種類です。さまざまなタイプがありますが、基本はウェブを選択しましょう。

サーチコンソールの検索タイプの説明
引用:Google検索結果

「サイトのインプレッション」と「URL のインプレッション」の検索タイプ

「サイトのインプレッション」の検索タイプ
  • ウェブ
  • 画像
  • 動画
  • 最新の音楽
「URLのインプレッション」の検索タイプ
  • ウェブ
  • 画像
  • 動画
  • 最新の音楽
  • おすすめ
  • Google ニュース

↑ページのトップに戻る

導入企業数1,700社突破!大好評のインハウスプラスのGoogleデータポータルテンプレート

インハウスプラスは、様々なニーズに対応するカスタマイズ可能なGoogleデータポータルテンプレートを豊富にご用意しています。レポート作成を自動化したいけれどゼロから自分でデータポータルのレポートを作成するのが難しい方は、インハウスプラスのデータポータルテンプレートをぜひご利用ください。

GA4などGoogle系媒体はサイト数無制限のお得な買い切りプランで

GA4・Googleアナリティクス(UA版)・サーチコンソール・Google広告などのGoogle媒体は、Google社が無料のコネクタ(データ取得&更新の仕組み)を用意してくれているので、非常にお得な買い切りプランでご提供しています。たった39,800円でプロが作成した10種類以上のすべてのデータポータルテンプレートが使い放題。サイト数無制限でレポートが作成できます。また今後リリースされるレポートやダッシュボードもすべて利用できるので、ぜひご利用ください。

買い切りプランの新作ダッシュボード&レポートテンプレート一覧(GA4対応)

  • [4012] Google広告レポートテンプレートver2.0

    [4012] Google広告レポートテンプレートver2.0

    誰でもかんたんに導入できるGoogle広告のデータポータルレポートテンプレートです。全14ページ。[4003]Google広告レポートのリニューアル版で、手数料の設定やコメント欄などを追加し報告用レポートとしてより使いやすくなりました。

    もっとみる

  • [4011] SEO月次レポートテンプレート(GA4版)

    [4011] SEO月次レポートテンプレート(GA4版)

    SEO会社やWEB制作会社、事業会社のSEO担当者の月次レポートを効率化するためのSEO月次レポートテンプレートです。全19ページ。「ターゲットキーワードの順位計測」や「順位グループごとのキーワード数」など有料SEO分析ツールの機能をデータポータルで再現しています。

    もっとみる

  • [4010] ECモニタリングダッシュボード(GA4版)

    [4010] ECモニタリングダッシュボード(GA4版)

    GA4のEC売上データを誰でも簡単にモニタリングできるECモニタリングダッシュボード(GA4版)です。全8ページ。EC運営に必要なデータを一目でわかりやすく確認できます。

    もっとみる

  • [4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

    [4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

    GA4のデータを誰でも簡単にモニタリングできるアクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)です。全8ページ。アクセス解析に必要なデータを一目でわかりやすく確認できます。

    もっとみる

  • [4008] EC月次レポートテンプレート(GA4版)

    [4008] EC月次レポートテンプレート(GA4版)

    ECコンサルやWEB制作会社、事業会社のEC担当者の月次の報告レポートを効率化するためのEC月次レポートテンプレート(GA4版)です。全40ページ。これ一つでほとんどの月次レポートが自動化できます。

    もっとみる

  • [4007] アクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)

    [4007] アクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)

    WEBコンサルやWEB制作会社、事業会社のWEB担当者の月次の報告レポートを効率化するためのアクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)です。全33ページ。これ一つでほとんどの月次レポートが自動化できます。

    もっとみる

買い切りプランで使える全てのレポートテンプレートを見る

ウェブ広告やSNS媒体はサブスクリプションプラン(Light&Standard)で

Google以外の媒体(Facebook広告やInstagramインサイトなど)はGoogle社のコネクタがないため、データ取得と更新を自分で行う必要があります。通常は管理画面からCSVをダウンロードしてコピペするか、自動化したい場合は自社のエンジニアに依頼してAPIを使ってデータ取得する必要があります。

インハウスプラスのサブスクリプションプラン(Light&Standard)では、Google以外のさまざまな媒体もデータ取得からレポート作成までを自動化できます。14日間の無料トライアルもご用意しているので、ぜひお試しください。

サブスクリプションプラン(Light&Standard)の人気ダッシュボード&レポート一覧

  • [2001] WEB広告スプレッドシートレポート

    [2001] WEB広告スプレッドシートレポート

    APIを使って合計26媒体のデータを自動取得し、あらゆるウェブ広告データをGoogleスプレッドシートに一元化。使い慣れたGoogleスプレッドシートでピボットテーブルを使って自由にレポートをカスタマイズできます。売上データなど外部データをインポートすることも可能です。

    もっとみる

  • [0009] WEB広告レポート/媒体別(2/2)

    [0009] WEB広告レポート/媒体別(2/2)

    APIを使って合計26媒体のデータを自動取得し、あらゆるウェブ広告のデータを一つのレポートに一元化。全37ページ。各媒体ごとの詳細レポートです。このレポートは、WEB広告レポート/横断(1/2)とセットで提供されるお得なプロダクトです。

    もっとみる

  • [0009] WEB広告レポート/横断(1/2)

    [0009] WEB広告レポート/横断(1/2)

    APIを使って合計26媒体のデータを自動取得し、あらゆるウェブ広告のデータを一つのレポートに一元化。全19ページ。YoutubeやTikTokなどの最新の広告媒体にも対応しています。このレポートは、WEB広告レポート/媒体別(2/2)とセットで提供されるお得なプロダクトです。

    もっとみる

  • [0008] 広告クリエイティブレポート

    [0008] 広告クリエイティブレポート

    APIを使ってクリエイティブデータを自動取得し、あらゆるウェブ広告のクリエイティブレポートを自動化。さまざまな媒体のクリエイティブレポートがこれ一つで自動化できます。

    もっとみる

サブスクリプションプランで使える全てのレポートを見る

フルカスタマイズのダッシュボード開発にも対応しています

各企業様のニーズに合わせてカスタマイズしたダッシュボード開発にも対応しておりますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

↑ページのトップに戻る