[Looker Studio] レポートをPDF形式でダウンロードする方法

[Looker Studio] レポートをPDF形式でダウンロードする方法

Looker Studio(旧データポータル)でレポートをPDFとしてダウンロードする機能は、社内外に報告資料としてレポートを共有したり、紙で印刷してプレゼンテーションの資料として使用したりするのに非常に便利です。この記事では、PDFダウンロード機能の使い方や注意点を分かりやすく解説します。

Looker Studio(旧データポータル)とは?

Looker Studioは、さまざまなデータソースと接続し、分かりやすい全自動のレポートが作成できるGoogleが提供する無料のレポート作成ツールです。詳しい使い方は、「【完全保存版】Looker Studio(旧データポータル)の使い方 | 機能やメリットを分かりやすく解説」をご覧ください。

Looker Studioを活用するならテンプレート活用が断然おすすめ

Looker Studioは無料で高機能な素晴らしいツールである一方、使いこなすようになるまでに少し時間が必要ですが、テンプレートを使えばあらかじめ出来上がったテンプレートをベースに必要な部分だけをカスタマイズするだけで良いので、自分でゼロからレポートを作るよりも遥かに短い時間で高いクオリティのレポートが作成できます。

テンプレートはウェブ上に無料から有料のものまで様々なものがありますが、高品質なテンプレートをお探しの方は2,000社以上が利用するインハウスプラスの買い切りプランのLooker Studioテンプレートをご利用ください。一度の購入でサイト数無制限でレポートが作成でき、レポートもコピーするだけ数分で完成、カスタマイズも自由自在です。またウェブアナリストの第一人者の小川卓さんに顧問として参画いただき、GA4など媒体側の仕様変更があった際はテンプレートを随時アップデートしているので、ずっと安心してご利用いただけます。

GA4レポートを自動化(61ページ)

【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート for Looker Studio(4007)

GA4 月次レポートテンプレート for Looker Studio(4007)

demo-icon デモレポートURLを開く

detail-icon レポートの詳細を見る

SEO報告用レポート(19ページ)

【買い切り版】SEO月次レポートテンプレート for Looker Studio(4011)

SEO月次レポートテンプレート for Looker Studio(4011)

demo-icon デモレポートURLを開く

detail-icon レポートの詳細を見る

Google広告レポート(20ページ)

【買い切り版】Google広告レポートテンプレート for Looker Studio(4003)

Google広告レポートテンプレート for Looker Studio(4003)

demo-icon デモレポートURLを開く

detail-icon レポートの詳細を見る

買い切りプランで使えるすべてのレポートテンプレートをみる >

レポートをPDF形式でダウンロードする方法

ステップ 1:Looker Studioのレポートを開くアクセス

PDFとしてダウンロードしたいレポートを開きます。

ステップ 2:PDFをダウンロード

  1. レポート画面の右上にある「共有」の横の「▼」をクリックします。
  2. ドロップダウンメニューから「レポートをダウンロード」を選択します。

ステップ 3:PDFをダウンロード

対象のページを選択した後、「ダウンロード」をクリックすると、すぐにPDFの生成が開始され、数秒から数分でダウンロードが完了します。

実際にダウンロードしたPDFをみる

↑ページのトップに戻る

注意点やよくある質問

PDFダウンロードするための権限が必要

PDFダウンロードするためには、以下いずれかの権限が必要です。

  • レポートの「編集者」権限
  • レポートの「閲覧者」権限、かつ「閲覧者によるダウンロード、印刷、コピーを無効にする」にチェックが入っていないこと

PDFダウンロードができない場合

データ量の多いレポートのダウンロードの場合、処理に時間がかかるためネットワークがタイムアウトしてしまいエラーが発生することがあります。その場合は、以下の対策をお試しください。

  • すべてのページを一括でダウンロードするのではなく、ページを選択し何回かに分けてダウンロードする
  • 期間を短くしデータ量を減らす

印刷時に用紙に収まるようにする方法

キャンバスサイズの設定で、画面の幅と高さを調節できるので、綺麗におさまるように設定しましょう。インハウスプラスのテンプレートならA4用紙に綺麗に収まるように設定されています。

↑ページのトップに戻る

関連するLooker Studio公式ドキュメント

Looker Studio公式ヘルプ:Looker Studio のレポートを PDF 形式でダウンロードする

↑ページのトップに戻る

Looker Studioのカスタムダッシュボード開発や使い方のレクチャーも行なっています

インハウスプラスはテンプレートの提供だけでなく、各企業様のニーズに合わせて要件定義から実装までを行うLooker Studioを使ったカスタムダッシュボード開発や、スポットで気軽にプロに相談できるテクニカルサポートなど「Looker Studioのデータ活用支援サービス」もご提供しています。

顧問として参画いただいているHAPPY ANALYTICSの小川卓さんを含め実績豊富なスペシャリストがサポートしますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

↑ページのトップに戻る

こちらの記事もおすすめ

  • [Looker Studio] CASE関数の使い方と活用例 | 計算フィールド
    この記事では、Looker StudioおけるCASE関数の使い方とその具体的な活用例についてわかりやすく解説します。 GA4(Googleアナリティクス4)のデータ加工についてはBig Queryを利用せずに計算フィールでもできます。具体的な活用例についてはコネクタを利用したGA4データをもとにして説明します。
  • [Looker Studio] VARIANCE関数の使い方と活用例 | 計算フィールド
    この記事では、Looker Studioおける分散を表すVARIANCE関数の使い方とその具体的な活用例についてわかりやすく解説します。 VARIANCE関数はコネクタを利用したGA4、サーチコンソール、Google広告では利用できませんがスプレッドシートから読み込んだデータなどには利用できます。
  • [Looker Studio] STDDEV関数の使い方と活用例 | 計算フィールド
    この記事では、Looker StudioおけるSTDDEV関数の使い方とその具体的な活用例についてわかりやすく解説します。 STDDEV関数はコネクタを利用したGA4(Googleアナリティクス4)、サーチコンソール、Google広告では利用できませんがスプレッドシートから読み込んだデータなどには利用できます。
  • 【テンプレート付】Facebook広告レポート作成ガイド|Looker Studio(旧データポータル)でかんたん自動化
    Facebook広告レポートを効率的に作成したい方向けに、重要なポイントや管理画面を使用した具体的なレポート作成方法、Looker Studio(旧データポータル)を活用したレポートの自動化方法、おすすめのテンプレート、そしてよくある質問への回答を詳細に解説していきます。
  • [Looker Studio] PERCENTILE関数の使い方と活用例 | 計算フィールド
    この記事では、Looker StudioおけるPERCENTILE関数の使い方とその具体的な活用例についてわかりやすく解説します。 PERCENTILE関数はコネクタを利用したGA4、サーチコンソール、Google広告では利用できませんがスプレッドシートから読み込んだデータなどには利用できます。

↑ページのトップに戻る