[GA4] 独自で作成したイベントをカスタム指標として作成する方法

[GA4] 独自で作成したイベントをカスタム指標として作成する方法

この記事では、GA4において独自で作成したイベントの発生数をカスタム指標として作成する方法を、「イベントパラメータ」と「カスタム指標」を使ってご紹介します。

GA4では、「お問い合わせ」や「資料請求」など複数のコンバージョンを設定している場合、2024年2月以前は「コンバージョン」という指標で総計のみが表示されており、各コンバージョンの数を個別に表示するにはカスタム指標の作成が必要でした。しかし、2024年2月からはUAと同様に、「お問い合わせの完了数」や「資料請求の完了数」など各コンバージョンの指標が(実際の指標名は「conversions:イベント名」)自動で生成されるようになりました。そのため、コンバージョンとして設定されているイベントに関しては、カスタム指標を作成する必要がなくなりました。(※2023年2月11日追記)

GA4で独自で作成したイベントをカスタム指標として作成する手順

手順は簡単で以下の2ステップで完了します。この記事を見ながらやれば誰でもできるくらい簡単なので、ぜひお試しください。

  • イベントパラメータを設定する
  • カスタム指標を作成する

今回は、「トライアル(trial)」の発生数を指標として作成してみます。

イベントパラメータの設定方法

手順1

GA4のメニューから「管理」>「データの表示」>「イベント」を選択すると以下の画面が表示されますので、右上の「イベントを作成」をクリックします。

イベントを作成
(引用)GA4管理画面

手順2

ここに既に設定しているカスタムイベントが表示されるので、今回対象の「trial」を選択します。

イベントを選択する
(引用)GA4管理画面

手順3

「パラメータ設定」の下の「修正を追加」をクリックします。

修正を追加する
(引用)GA4管理画面

手順4

設定画面が表示されたら、

  • 「パラメータ」:後から分かりやすい名称(今回は「trial_count」としました)
  • 「新しい値」:「1」

と入力し、完了したら右上の「保存」ボタンをクリックすれば完了です。

パラメータを設定する
(引用)GA4管理画面

↑ページのトップに戻る

カスタム指標の作成方法

次に、先ほど設定したイベントパラメータを使ってカスタム指標を作成します。これを行うことで、指標として利用可能になります。

手順1

GA4のメニューから「管理」>「データの表示」>「カスタム定義」を選択すると以下の画面が表示されますので、タブを「カスタム指標」に切り替えた後、右上の「カスタム指標を作成」をクリックします。

カスタム指標を作成する
(引用)GA4管理画面

手順2

カスタム指標の設定画面が表示されたら、

  • 指標名:イベントパラメータで設定した名称(今回は「trial_count」)
  • イベントパラメータ:イベントパラメータで設定した名称(今回は「trial_count」)
  • 測定単位:標準

と入力し、右上の「保存」ボタンをクリックすれば完了です。

カスタム指標を設定する
(引用)GA4管理画面

↑ページのトップに戻る

作成したカスタム指標を確認する方法

作成したカスタム指標は、GA4の探索レポートやLooker Studioでも利用可能になります。それぞれの見方・使い方を説明していきます。

探索レポートで確認する方法

指標の「trial_count」が使えるようになっていますので、通常の指標と同じように設定するだけで確認できます。

探索レポートの確認方法
(引用)GA4の探索レポート

このレポートの設定方法

  • ディメンション:セッションの参照元/メディア
  • 指標:セッション、trial_count
  • 手法:自由形式
  • ビジュアライゼーション:テーブル
  • セルタイプ:棒グラフ

探索レポートの使い方の詳細は、「[GA4] 探索レポートの使い方 | 共有方法やおすすめテンプレートも」をご覧ください。

Looker Studioで利用する方法

Looker Studioでも同様に、指標の「trial_count」が使えるようになっていますので、通常の指標と同じように設定するだけで確認できます。

Looker Studioで確認する方法
(引用)GA4の探索レポート

Looker Studioの使い方の詳細は、「GA4×Looker Studio(旧データポータル)の使い方完全ガイド|連携方法やレポート作成方法」をご覧ください。

↑ページのトップに戻る

関連するGoogle公式ドキュメント

Google公式アナリティクスヘルプ:[GA4] イベント パラメータ

Google公式アナリティクスヘルプ:[GA4] カスタム ディメンションとカスタム指標について

↑ページのトップに戻る

GA4のカスタムダッシュボード・レポート開発や使い方のレクチャーも行なっています

インハウスプラスは、各企業様の課題に合わせて要件定義から実装までを行うGA4のLooker Studioを使ったカスタムダッシュボード・レポート開発や、GA4のテクニカルサポートなどの「GA4のデータ活用支援サービス」もご提供しています。

顧問として参画いただいているGAの専門家の小川卓さんを含め実績豊富なスペシャリストがサポートしますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

↑ページのトップに戻る

GA4のおすすめ記事

GA4全般や設定に関するおすすめ記事

GA4レポートに関するおすすめ記事

↑ページのトップに戻る