[GA4] データ保持期間を徹底解説

[GA4] 14ヶ月で消える?誤解の多いデータ保持期間を徹底解説 | 設定変更の方法もご紹介

この記事では、GA4のデータ保持期間について分かりやすく説明します。この記事を読むと、「探索レポート」のデータ保持期間をデフォルトの2ヶ月から14ヶ月に変更する方法や、実は最大14ヶ月のデータ保持期間の影響を受けるのは「探索レポート」のみで、その他のGA4レポートでは過去データ無制限で問題なく利用できることが分かります。

GA4のデータ保持期間は14ヶ月までしかないから、有料のBigQueryや別の有料ツールを利用しないといけないというのは完全に誤った情報なので注意しましょう。

データ保持期間とは?

データを保存する期間です。「探索レポート」のデータ保持期間は、デフォルトの「2ヶ月」か「14ヶ月」のどちらかを選択できます。データ保持期間を超えたデータは、月単位で自動的に削除されます。

データ保持期間を14ヶ月に変更する方法

データ保持期間のデフォルトは2ヶ月ですが、それでは直近月の前年同月との比較さえもできないため、14ヶ月に変更することを強く推奨します。

方法は簡単で、GA4の「管理」>「データ設定」>「データ保持」を選択し、下のキャプチャのように「イベントデータの保持」で「14ヶ月」を選択するだけで完了します。またデータをより長く保持できるように「新しいアクティビティのユーザーデータのリセット」もオンにしておきましょう。

データ保持期間の設定変更
引用:GA4管理画面

新しいアクティビティのユーザーデータのリセットとは?

同じユーザーがウェブサイトやアプリに再訪した際に、データの保持期間をスタート地点を上書きするかどうかの設定です。オフの場合、ユーザーの初回訪問から14ヶ月でデータが削除されます。一方、オンの場合は、そのユーザーが訪問する度にそこから14ヶ月間データが保持されます。

例えば、2023年1月1日に初回訪問したユーザーが、2023年4月1日に再度訪問した際、オンとオフでは以下のような違いが生まれます。

  • オフの場合:2024年3月1日に削除
  • オンの場合:2024年6月1日に削除

↑ページのトップに戻る

データ保持期間の影響を受けるのは「探索レポート」のみ

GA4には、標準レポート、探索レポート、Looker StudioやBigQueryといった様々なレポート機能が用意されていますが、それぞれのレポートの機能をまとめると以下のように整理できます。

過去データの項目を見ていただいて分かる通り、最大14ヶ月のデータ保持期間の影響を受けるのは「探索レポート」のみで、その他のレポートは過去データを14ヶ月以上に遡って利用することができます。

比較表標準レポート探索レポートLooker StudioBigQuery
主な利用目的全体感を把握詳しい分析報告用レポート
KPIモニタリング
SQLを使った高度な分析
費用無料無料無料有料
対象ユーザー初心者中級者初心者〜中級者上級者(SQL必須)
過去データ無制限データ保持期間設定
(2ヶ月or14ヶ月)
無制限無制限
項目のカスタマイズ性ありとてもありとてもありとてもあり
デザインの自由度低い高いとても高い(BIツールに依存)
共有のしやすさありなしとてもあり(BIツールに依存)
データの精度サンプリングなし
しきい値適用あり
サンプリングあり
しきい値適用あり
サンプリングなし
しきい値適用あり
サンプリングなし
しきい値適用なし
(direct) / (none)割合増加

check-icon 「探索レポート」だけがデータ保持期間の影響を受ける理由

GA4のレポートは、大きく「集計済みデータ」と「未集計のデータ」の2種類に分けられます。「探索レポート」のみ都度データを集計してレポートを作成する「未集計のデータ」を使っており、それ以外のレポート機能はすべて「集計済みデータ」を利用しています。

データ保持期間の影響を受けるのは「未集計のデータ」のため、「探索レポート」のみが最大14ヶ月のデータ保持期間の影響を受けます。

↑ページのトップに戻る

データ保持期間の影響を受けないGA4レポート作成ならLooker Studio

これまでご説明してきた通り、「探索レポート」はデータ保持期間の影響を受けて過去データが最大14ヶ月しか遡れないため、長期間のデータが必要になる報告用レポートやKPIモニタリングなら、過去データが無制限で使えるLooker Studioがおすすめです。

Looker Studioは無料で高機能な素晴らしいツールである一方、使いこなすようになるまでに少し時間が必要ですが、テンプレートを使えばあらかじめ出来上がったテンプレートをベースに必要な部分だけをカスタマイズするだけで良いので、自分でゼロからレポートを作るよりも遥かに短い時間で高いクオリティのレポートが作成できます。

テンプレートはウェブ上に無料から有料のものまで様々なものがありますが、高品質なテンプレートをお探しの方は2,000社以上が利用するインハウスプラスの買い切りプランのLooker Studioテンプレートをご利用ください。一度の購入でサイト数無制限でレポートが作成でき、レポートもコピーするだけ数分で完成、カスタマイズも自由自在です。またウェブアナリストの第一人者の小川卓さんに顧問として参画いただき、GA4など媒体側の仕様変更があった際はテンプレートを随時アップデートしているので、ずっと安心してご利用いただけます。

人気テンプレート:クライアントや社内への報告用レポートとして人気のGA4 月次レポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

人気テンプレート:日々の数値チェックが簡単になるGA4 標準レポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

↑ページのトップに戻る

関連するGoogle公式ドキュメント

Google公式アナリティクスヘルプ:データの保持

↑ページのトップに戻る

GA4のカスタムダッシュボード・レポート開発や使い方のレクチャーも行なっています

インハウスプラスは、各企業様の課題に合わせて要件定義から実装までを行うGA4のLooker Studioを使ったカスタムダッシュボード・レポート開発や、GA4のテクニカルサポートなどの「GA4のデータ活用支援サービス」もご提供しています。

顧問として参画いただいているGAの専門家の小川卓さんを含め実績豊富なスペシャリストがサポートしますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

↑ページのトップに戻る

GA4のおすすめ記事

GA4全般や設定に関するおすすめ記事

GA4レポートに関するおすすめ記事

↑ページのトップに戻る