GA4のルッカースタジオ(旧データポータル)のデータセットの設定エラーの原因と対応策まとめのアイキャッチ画像

GA4×Looker Studio(旧データポータル)API割り当て上限によるデータセットの設定エラーの原因と対応策まとめ

2022年11月に突如GoogleがアナウンスしたGA4のAPIの割り当て上限設定。この記事をご覧になっている方の中にも、せっかく時間をかけて作成したLooker Studio(旧データポータル)のGA4レポートがエラーになってしまい困っている方が多いのではないでしょうか?

この記事では、エラーの原因や対応策をわかりやすく解説します。ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事でカバーする対象のエラー

まずはじめに、この記事ではAPI割り当て上限設定によるデータセットの設定エラーについて解説していきます。以下のエラーメッセージ以外が出ている方は、少し分かりづらいですが「Google公式のトラブルシューティングガイド」を参考にしてください。

データセットの設定エラー

Looker Studioではデータセットに接続できません。

同時リクエストの数が割り当ての上限に達しました。リクエストの送信が完了してから追加のリクエストを送信するなどして、同時に送信するリクエストの数を減らしてください。 リクエストの上限について詳しくは、こちらをクリックするか、Google アナリティクス サポートにお問い合わせください。

ルッカースタジオ(旧データポータル)

データセットの設定エラー

Looker Studioではデータセットに接続できません。

このプロジェクトまたはプロパティで過去 1 時間以内に送信されたリクエストが多すぎます。 リクエストの上限について詳しくは、こちらをクリックするか、Google アナリティクス サポートにお問い合わせください。

ルッカースタジオ(旧データポータル)

データセットの設定エラー

Looker Studioではデータセットに接続できません。

このプロパティで過去 1 日間に送信されたリクエストが多すぎます。 リクエストの上限について詳しくは、こちらをクリックするか、Google アナリティクス サポートにお問い合わせください。

ルッカースタジオ(旧データポータル)

↑ページのトップに戻る

エラーの原因と経緯

エラーの原因は、GoogleがGA4 APIを通じてデータを取得する際のリクエスト数に上限を設定したことになります。Googleの本変更の目的は、BigQuery(有料)の利用促進だと想定されますが、当初、事前アナウンスのない変更だったこと、またその割り当て上限がとても厳しく、少しのリクエストでもすぐにエラーになってしまうことで世界中のユーザーからクレームが噴出し、その後、割り当て上限が大幅に緩和されました。割り当て上限が緩和されて以降は、よほど規模の大きいサイトでない限りエラーが頻発することは無くなりました。

エラー発生時からのGoogleの対応と経緯

(関連記事)

GA4 API割り当て上限の詳細(Google公式ガイド)

↑ページのトップに戻る

エラーの対応策

ここからGoogleから提示されている各対応策の内容とメリット・デメリットをご紹介しますが、結論から言うと、無料で使えてかつ最も少ない手間でエラーが解消できる抽出データソースを使うのがおすすめです

ただし抽出データソースは大規模サイトだとサンプリングが発生する可能性があるため、数値管理に厳しい上場企業の場合は、BigQuery(有料)の利用も検討しましょう。

レポートへのトラフィックを減らす

一つ目は、レポートを共有するユーザーを減らし、トラフィックの多いウェブサイトにはレポートを埋め込まず、とにかくレポートにアクセスしないようにしましょうという対応策です。多くのユーザーとレポートを共有することを目的にルッカースタジオ(旧データポータル)を利用しているユーザーも多い中、正直なぜGoogleがこれを提案できるのかが分からないくらいデメリットしかないオプションだと思います。

各ページのグラフの数を減らす

二つ目も、さまざまなデータを一つのページで把握できることを目的にルッカースタジオ(旧データポータル)を利用しているユーザーも多いと思うので、一つ目と同じくデメリットしかないでしょう。

抽出データソースを利用する

レポートを直接GA4コネクタと接続するとデータを読み込むたびにリクエストが実行されすぐにエラーになりますが、必要なデータだけを抽出したデータソースを作り、データの読み込み時にこの抽出データソースだけを使うことでエラーにならないようにするという対応策です。前述の通り、これの対応策が現時点では最も有効です。

(関連記事)

【GA4エラー対策】ルッカースタジオ(旧データポータル)のデータ抽出機能の使い方

メリット

  • 追加費用なしで無料のまま利用可能
  • 少ない手間で対応可能

デメリット

  • トラフィックが多いサイトの場合、サンプリングが発生する
  • 一つの抽出データソースのデータ量上限が存在する(100MB)

※注:弊社が管理している複数のサイトで確認したところ、セッションやページビューなど数値が大きくなる指標においてGA4の管理画面データに対して1%程度の誤差が生じる場合がありました。なお、コンバージョンはサンプリングが発生することはありません。

BigQueryを利用する

GA4のデータをBigQueryにエクスポートし、GA4コネクタではなくBigQueryコネクタを利用してルッカースタジオ(旧データポータル)でデータを可視化する対応策です。前述の通り、数値管理に厳しい上場企業に推奨のオプションです。

メリット

  • 大規模サイトでもサンプリングが発生しない

デメリット

  • BigQueryの利用料が発生する
  • SQLの知識が必要になる

GA360にアップグレードする

GA360にするとリクエスト上限が10倍程度と大きく緩和されますが、月間のランニング費用が100万円以上するため一部の企業のみが採用できる対応策です。

メリット

デメリット

  • 月間コストが100万円以上必要になる

↑ページのトップに戻る

インハウスプラスならAPI割り当て上限によるデータセット設定エラーに対応したレポートテンプレートを利用できます

インハウスプラスは、既にGA4 APIの割り当て上限によるデータセット設定エラーに対応したLooker Studio(旧データポータル)テンプレートをご用意しています。レポートを作成する必要があるけれど、急なエラーにどう対応してよいか分からないという方はぜひご利用ください。

GA4の月次レポートなら【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート(4007)

[4007]アクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)のプロダクト画像
引用:【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート(4007)
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート(4007)を詳しくみる

GA4のEC月次レポートなら【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート(4008)

【4008】EC月次レポートテンプレート(GA4版)プロダクト画像
引用:【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート(4008)
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート(4008)を詳しくみる

GA4の分析ダッシュボードなら【買い切り版】GA4 分析ダッシュボードテンプレート(4009)

【4009】GA4モニタリングダッシュボードのプロダクト画像
引用:【買い切り版】GA4 分析ダッシュボードテンプレート(4009)
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】GA4 分析ダッシュボードテンプレート(4009)を詳しくみる

GA4のEC分析ダッシュボードなら【買い切り版】GA4 EC分析ダッシュボードテンプレート(4010)

[4010]GA4モニタリングダッシュボードfor ECサイトのプロダクト画像
引用:【買い切り版】GA4 EC分析ダッシュボードテンプレート(4010)
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】GA4 EC分析ダッシュボードテンプレート(4010)を詳しくみる

SEOの月次レポートなら【買い切り版】SEO月次レポートテンプレート(4011)

SEO月次レポートテンプレートのアイキャッチ画像
引用:【買い切り版】SEO月次レポートテンプレート(4011)
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】SEO月次データポータルレポートテンプレート(4011)を詳しくみる

↑ページのトップに戻る

導入社数2,000社突破!Looker Studio(旧データポータル)を活用するならインハウスプラス

インハウスプラスは、様々なニーズに対応するカスタマイズ可能なLooker Studioのレポートテンプレートを豊富にご用意しています。レポート作成を自動化したいけれどゼロから自分でレポートを作成するのが難しい方は、インハウスプラスを使って時間を有効活用しましょう。

GA4やGoogle広告、サーチコンソールなどのGoogle系のレポートは買い切りプランで

買い切りプランは、2,000社以上が利用するインハウスプラスの中でも特にお得なプランです。GA4・サーチコンソール・Google広告に対応。一度の購入でサイト数無制限でレポートが作成でき、レポートもコピーするだけ数分で完成、カスタマイズも自由自在です。またGoogleアナリティクス専門家の小川卓さんに顧問として参画いただき、GA4の仕様変更があった際はテンプレートを随時アップデートしているので、ずっと安心してご利用いただけます。

  • 【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート for Looker Studio(4007)

    【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート for Looker Studio(4007)

    誰でもかんたんにGA4の報告レポートを自動化できる全61ページのGA4レポートテンプレートです。圧倒的なボリュ…

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート for Looker Studio(4008)

    【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート for Looker Studio(4008)

    誰でもかんたんにGA4のECサイト向け報告レポートを自動化できる全67ページのLooker Studioレポー…

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 標準レポートテンプレート for Looker Studio(4004)

    【買い切り版】GA4 標準レポートテンプレート for Looker Studio(4004)

    誰でもかんたんに報告レポートを自動化したり日々のモニタリングが効率化できる全18ページの万能なGA4レポートテ…

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 EC標準レポートテンプレート for Looker Studio(4012)

    【買い切り版】GA4 EC標準レポートテンプレート for Looker Studio(4012)

    誰でもかんたんにECサイト向けの報告レポートを自動化したり日々のモニタリングが効率化できる全22ページの万能な…

    もっとみる

買い切りプランで使える全てのレポートテンプレートを見る

Web広告やSNSレポートはサブスクリプションプラン(Light&Standard)で

サブスクリプションプランは、誰でもかんたんにLooker StudioでWeb広告・SNSレポートを自動化できるプランです。レポートは権限付与するだけ1営業日で高品質なレポートが届き、カスタマイズも自由自在です。また無料のテクニカルサポートも利用できるので、Looker Studioに詳しくない方でも安心してご利用いただけます。

  • 【サブスク版】Web広告×GA4レポート for Looker Studio(0013)

    【サブスク版】Web広告×GA4レポート for Looker Studio(0013)

    誰でもかんたんにWeb広告の広告効果を、通常の媒体コンバージョンに加えて、重複のない正確なGA4コンバージョン…

    もっとみる

  • 【サブスク版】Web広告レポート for Looker Studio(0009)

    【サブスク版】Web広告レポート for Looker Studio(0009)

    誰でもかんたんに33種類以上の広告媒体データをLooker Studioに一元化して自動化できるWeb広告レポ…

    もっとみる

  • 【サブスク版】Web広告レポート for Googleスプレッドシート(2001)

    【サブスク版】Web広告レポート for Googleスプレッドシート(2001)

    誰でもかんたんに33種類以上の広告媒体データをスプレッドシートに一元化して自動化できるWeb広告レポートです。…

    もっとみる

  • 【サブスク版】Instagramインサイトレポート(横型) for Looker Studio(0010)

    【サブスク版】Instagramインサイトレポート(横型) for Looker Studio(0010)

    誰でもかんたんにInstagramインサイトの報告レポートをLooker Studioで自動化できるレポートで…

    もっとみる

サブスクリプションプランで使える全てのレポートを見る

GA4設定代行やカスタマイズレポート開発もお任せください

インハウスプラスでは、GA4の設定代行やテクニカルサポート、各企業様の課題に合わせて要件定義から実装までを行うカスタムレポート開発などの「データ活用支援サービス」もご提供しています。

顧問として参画いただいている小川卓さんを含め実績豊富なスペシャリストがサポートしますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

↑ページのトップに戻る