【テンプレート付き】GoogleデータポータルでGoogle広告のレポートを作成する方法のアイキャッチ画像

【テンプレ付】データポータル×Google広告のレポート作成方法 | 図解で手順を詳しく解説

さまざまなデータソースから見やすいレポートを作成することができる「Googleデータポータル」。本記事では、GoogleデータポータルでGoogle広告のレポートを作成する方法を分かりやすく解説していきます。

Contents

Googleデータポータルとは?

Googleデータポータルは、さまざまなデータソースから簡単にカスタマイズできるレポートやダッシュボードが作成できるGoogleの無料のレポート作成ツールです。

例えば、以下のようなGoogle広告のわかりやすいレポートを作成することができます。

Google広告レポートテンプレートver2.0のサマリ
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0のサマリレポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

Google広告レポートをGoogleデータポータルで作成するメリット

無料で毎日自動で更新されるレポートが作成できる

Googleデータポータルで作成したレポートは、一度作成すればその後は自動でデータ更新されるため、毎月月初に大量のレポートを作成するといったことが無くなります。また閲覧するユーザー側でレポートに表示する期間を変更したり、フィルタで絞り込みができたりインタラクティブなダッシュボード機能も充実しています。

手数料込みの費用表示など広告代理店向け機能も充実

データポータルの計算フィールドを使えば、手数料込みの費用表示や独自の指標を作成することも可能です。具体的な手順はこちらをご参照ください。

600種類以上のコネクタで様々なデータと接続できる

Googleアナリティクスやサーチコンソール、Google広告などのGoogleサービスを始め、Facebook広告やYahoo広告などの広告データ、InstagramやTwitterなどのSNSデータを含め600種類以上のコネクタが用意されており、さまざまなサービスのデータを接続することができます。

なお、Googleサービスは無料のコネクタ経由でデータ接続できますが、Googleサービス以外のデータと接続する場合は自社のエンジニアに依頼してAPIを使ってデータ取得するか、Supermeticsなどの有料のパートナーコネクタに申し込む必要があります。

インハウスプラスは、Facebook広告やYahoo広告、Instagramインサイトなどの別途API接続が必要な媒体のデータ取得からレポート作成までを自動化するサービスをご提供しております。14日間の無料トライアルもご用意しているので、ぜひお試しください。

メール自動送信やPDFダウンロードなど様々な方法で共有可能

Googleデータポータルは、スプレッドシートと同じようにURLを共有すれば、誰でも最新のデータにアクセスすることができるようになります。また毎朝、関係者に前日の実績データをメールで自動送信したり、PDFでダウンロードし報告資料として利用したりすることもできます。

↑ページのトップに戻る

Google広告レポートで押さえるべきポイント

Google広告レポートにどの項目を入れるかはもちろん各社のGoogle広告の目的や戦略によって異なりますが、共通して誰もが確認すべきポイントも存在します。ここではそれらのポイントをレポートの種類と項目に分けて解説します。

Google広告レポートの種類

Google広告レポートの必須項目として入れたいKPI指標

各レポートの指標には、以下の項目を網羅するようにしましょう。

費用

利用した広告費です。広告代理店が運用を行なっている場合は、この費用に運用手数料を含めるかどうか事前に取り決めをしておきましょう。

表示回数

ユーザーに広告が表示された回数です。インプレッションとも呼びます。表示回数は、Googleネットワークの検索結果ページや他のサイトに広告が表示されるたびに1回カウントされます。

CPM(インプレッション単価)

ユーザーに広告を1,000回表示するのにかかった平均費用です。費用÷表示回数×1,000で算出されます。例えば表示回数が10,000回で費用が50,000円の場合、CPM(インプレッション単価)は、5,000円です。

CTR(クリック率)

表示された広告をユーザーがクリックした比率です。広告クリエイティブ(バナーやテキスト見出し)の良し悪しを判断する際に参考にします。クリック数÷表示回数で算出されます。例えば表示回数が1,000回でクリック数が5回の場合、CTR(クリック率)は0.5% です。

クリック数

ユーザーが広告をクリックした回数です。例えば同じユーザーが広告を2回クリックした場合、クリック数は2回です。なお、同じユーザーが1回の広告表示に対して複数回クリックしても、課金対象としてカウントされるクリックは2回までです。またGoogleのシステムで無効なクリックと判断された場合、そのクリックはカウントされません。

CPC(クリック単価)

1クリックを獲得するのにかかった平均費用です。費用÷クリック数で算出されます。例えばクリック数が100回で費用が50,000円の場合、CPC(クリック単価)は、500円です。

CVR(コンバージョン率)

広告のクリックからユーザーがコンバージョンした比率です。コンバージョン÷クリック数で算出されます。例えばクリック数が100回でコンバージョンが2件の場合、CVR(コンバージョン率)は、2%です。

コンバージョン

ユーザーが広告をクリック(または閲覧)した後、広告管理画面でコンバージョンと定義したユーザー行動の数です。コンバージョンには、商品の購入・お問い合わせ・会員登録・資料請求などさまざまなユーザー行動を設定することができます。ECサイトの場合、コンバージョン値を設定すれば、コンバージョンの数だけでなく売上も把握することができます。

CPA(コンバージョン単価)

1コンバージョンを獲得するのにかかった平均費用です。費用÷コンバージョンで算出されます。例えばコンバージョンが5件で費用が50,000円の場合、CPA(コンバージョン単価)は、50,000円です。

ROAS

かけた広告費に対してどれだけ売上が上がったかを表す指標です。ECサイトでコンバージョン値を設定していれば、コンバージョン値÷費用で算出されます。例えばコンバージョン値が500万円で費用が100万円の場合、ROASは、500%です。

レポートの項目としてはこれでほとんどの場合十分ですが、単にこれらのデータを羅列するだけでは意味がありません。重要なのはこれらのデータをどう解釈し、どう改善アクションにつなげるかです。

これらの項目を一つ一つ手動で集計するやり方をしていては、毎月のレポート作成だけで多くの時間がかかり重要なデータの解釈や改善アクションにかける時間が無くなってしまいます。

このブログの後半部分で、Google広告レポートの必須項目を網羅したテンプレートも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

↑ページのトップに戻る

Googleデータポータルを使ったGoogle広告レポートの作成手順

Google広告のデータソースを作成する

1. データポータルにログインする

注)レポートを作成したい対象のGoogle広告の権限を持つGoogleアカウントにログインしていることを確認してください。

2. 左上の「作成」を選択した後、「データソース」を選択する

「データソース」を選択
引用:GoogleデータポータルのTOPページ

この後、初めてデータポータルを使う方のみ、このアカウント設定画面で出てくるのでキャプチャを参考に設定しておきましょう。(会社名以外は後で変更できます)

データポータルのアカウント設定画面1
引用:Googleデータポータルのアカウント設定画面
データポータルのアカウント設定画面2
引用:Googleデータポータルのアカウント設定画面

3. コネクタ一覧から「Google広告」を選択する

Google Connectorsの中のコネクタは無料で利用できます。

Google広告コネクタを選択
引用:Googleデータポータルのコネクタ一覧

この後初めてGoogle広告と接続する方のみ、承認を求められるので「承認」を選択しましょう。

Google広告との接続を承認する
引用:Googleデータポータルのアカウント設定画面

4. 対象のGoogle広告アカウントを選択し、「接続」を選択する

Google広告アカウントを選択
引用:Googleデータポータルのアカウント設定画面

5. データソースの名前を変更する

この画面が出てきたらデータソースの作成は完了です。後で分かるように名前を変更しておきましょう。

データソースの名前を変更する
引用:GoogleデータポータルのGoogle広告コネクタ

レポートを作成する

今回は初心者の方でも作成できるように、シンプルなキャペーンレポートを作成してみましょう。

1. 「レポートを作成」を選択する

レポートを作成する
引用:Googleデータポータルのデータソース

2. 上部メニューの「挿入」を選択後、「表」を選択する

表を挿入する
引用:Googleデータポータルのレポート画面

3. 「SET UP」パネルで、ディメンションと指標を選択する

以下を参考に必要なディメンションと指標を設定しましょう。

  • ディメンション:キャンペーン
  • 指標:費用、表示回数、クリック数、コンバージョン、CTR、Avg.CPM、平均クリック単価、コンバージョン率、コンバージョン単価
表を設定する
引用:Googleデータポータルのレポート画面

名前が分かりにくいものは、分かりやすい名前に変更しておきましょう。

指標の名前を変更する1
引用:Googleデータポータルのレポート画面
指標の名前を変更する2
引用:Googleデータポータルのレポート画面

4. 「スタイル」パネルで、デザインを調整する

列のサイズを調整する

列のサイズを均等にする
引用:Googleデータポータルのレポート画面

重要指標の形式を棒グラフに変更して目立たせる

指標の形式を棒グラフにする
引用:Googleデータポータルのレポート画面

レポートを共有する

「共有」の横にある逆三角形のボタンを選択すると、以下の方法で共有ができます。

  • 他のユーザーを招待:スプレッドシートのようにメールアドレスを追加することでレポートに招待できます
  • メール配信をスケジュール:関係者に定期的にメールでレポートを配信できます(毎日9時など)
  • レポートをダウンロード:PDFでダウンロードできます
レポートを共有する
引用:Googleデータポータルのレポート画面

↑ページのトップに戻る

便利なGoogle広告レポートのデータポータルテンプレート

これからご紹介するテンプレートは、クリエイティブレポート(バナー、広告文)を除きすべてGoogle広告の無料コネクタを使ったデータで作成しています。

キャプチャをクリックすると実際のレポートが確認できるので、参考にしてご自身で作成するか、テンプレートとして販売もしているので時間がもったいないと思われる方は購入して自由にカスタマイズしてください。

なお、クリエイティブレポート(バナー、広告文)を作成するには、無料コネクタでは取得できず、通常はエンジニアに依頼してAPIを使ってデータ取得する必要がありますが、インハウスプラスでは、システム開発不要でクリエイティブレポートも自動化できます。14日間の無料トライアルもご用意しているので、ぜひお試しください。

サマリレポート

一番最初のページは、重要な指標を一つのページにまとめて全体像を確認します。このテンプレートはすべてのページの下部にコメント記入欄を設けているので、サマリとしてこれらのデータをどう解釈するかもあわせて記載しましょう。

Google広告レポートテンプレートver2.0のサマリ
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0のサマリレポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

データは、上部のフィルタを使って期間を変更したり、特定のキャンペーンや広告グループ、デバイスに絞り込むことができます。

このGoogle広告レポートテンプレートを購入する

月別レポート

各KPIが月次でどう推移したかを確認します。運用型広告は近視眼的になりがちですが、月次レポートがあることで常に現状を俯瞰できるようになります。

Google広告レポートテンプレートver2.0の月別
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0の月次レポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

このGoogle広告レポートテンプレートを購入する

日別レポート

各KPIが日次でどう推移したかを確認します。施策の前後でどのKPIがどう変化したかを細かく確認できます。

Google広告レポートテンプレートver2.0の日別
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0の日次レポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

このGoogle広告レポートテンプレートを購入する

キャンペーンレポート

キャンペーンごとのパフォーマンスを確認します。Google広告で最も上位の階層がキャンペーンになるので、まずはキャンペーンごとの効果を俯瞰して分析した上で、これからご紹介する広告グループやキーワードを深掘りしていきましょう。

Google広告レポートテンプレートver2.0のキャンペーン
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0のキャンペーンレポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

このGoogle広告レポートテンプレートを購入する

広告グループレポート

広告グループごとのパフォーマンスを確認します。

Google広告レポートテンプレートver2.0の広告グループ
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0のキャンペーンレポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

このGoogle広告レポートテンプレートを購入する

キーワードレポート

入札しているキーワードごとのパフォーマンスを確認します。

Google広告レポートテンプレートver2.0のキーワード
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0のキーワードレポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

このGoogle広告レポートテンプレートを購入する

検索クエリレポート

ユーザーが実際に検索した検索クエリごとのパフォーマンスを確認します。特に、部分一致(Broad)やフレーズ一致(Phrase)のマッチタイプで配信している場合は、関連性の低い検索語句で無駄な費用が発生していないかを確認しましょう。もし発生している場合は、その検索語句は除外しておきましょう。

Google広告レポートテンプレートver2.0の検索クエリ
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0の検索クエリレポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

このGoogle広告レポートテンプレートを購入する

デバイスレポート

デバイス別のパフォーマンスを確認します。

Google広告レポートテンプレートver2.0のデバイス
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0の検索クエリレポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

このGoogle広告レポートテンプレートを購入する

ユーザーレポート

地域、年齢、性別などのユーザー属性ごとのパフォーマンスを確認します。

地域別レポート

都道府県ごとのパフォーマンスを確認します。

Google広告レポートテンプレートver2.0の地域
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0の地域レポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

性別レポート

性別ごとのパフォーマンスを確認します。

Google広告レポートテンプレートver2.0の性別
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0の性別レポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

年齢別レポート

年齢別のパフォーマンスを確認します。

Google広告レポートテンプレートver2.0の年齢
引用:[4012] Google広告レポートテンプレートver2.0の年齢別レポート
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

このGoogle広告レポートテンプレートを購入する

クリエイティブレポート(バナー、広告文)

前述の通り、クリエイティブレポート(バナー、広告文)を作成するには、通常はエンジニアに依頼してAPIを使ってデータ取得する必要がありますが、インハウスプラスでは、システム開発不要でクリエイティブレポートも自動化できます。14日間の無料トライアルもご用意しているので、ぜひお試しください。

広告バナーレポート(ディスプレイ)

ディスプレイ広告のクリエイティブバナー別のパフォーマンスを確認します。

WEB広告レポート/媒体別のGoogle広告の広告(ディスプレイ)レポート
[0009] WEB広告レポート/媒体別のGoogle広告の広告(ディスプレイ)レポート

広告文レポート(検索)

検索広告の広告文別のパフォーマンスを確認します。

WEB広告レポート/媒体別のGoogle広告の広告(検索)レポート
[0009] WEB広告レポート/媒体別のGoogle広告の広告(検索)レポート

広告レポート(動画)

動画広告のクリエイティブ動画別のパフォーマンスを確認します。

[0009] WEB広告レポート/媒体別のGoogle広告の広告(動画)レポート
[0009] WEB広告レポート/媒体別のGoogle広告の広告(動画)レポート

このWEB広告レポートを利用する

↑ページのトップに戻る

よくある質問、注意点

運用手数料込みの費用を表示する方法

データポータルの計算フィールドという機能を使って、以下のように数式を入力するだけで手数料込みの広告費が設定できます。テンプレートを購入いただくと、このように計算フィールドがあらかじめ設定されたデータソースを入手することができます。※テンプレートを購入していない方でもご自身で設定可能です

手順1:データソースの右上の検索バーで*を検索し、「広告費*」の指標を選択

Googleデータポータルのデータソースで計算フィールドで設定した広告費*を選択
引用:Googleデータポータルのデータソース設定画面

手順2:計算式に設定したい係数を入力(サンプルでは広告費の120%と設定)し、「更新」を選択

Googleデータポータルの計算フィールドで手数料を設定する
引用:Googleデータポータルの計算フィールド設定画面

このGoogle広告レポートテンプレートを購入する

↑ページのトップに戻る

導入企業数1,700社突破!大好評のインハウスプラスのGoogleデータポータルテンプレート

インハウスプラスは、様々なニーズに対応するカスタマイズ可能なGoogleデータポータルテンプレートを豊富にご用意しています。レポート作成を自動化したいけれどゼロから自分でデータポータルのレポートを作成するのが難しい方は、インハウスプラスのデータポータルテンプレートをぜひご利用ください。

GA4などGoogle系媒体はサイト数無制限のお得な買い切りプランで

GA4・Googleアナリティクス(UA版)・サーチコンソール・Google広告などのGoogle媒体は、Google社が無料のコネクタ(データ取得&更新の仕組み)を用意してくれているので、非常にお得な買い切りプランでご提供しています。たった39,800円でプロが作成した10種類以上のすべてのデータポータルテンプレートが使い放題。サイト数無制限でレポートが作成できます。また今後リリースされるレポートやダッシュボードもすべて利用できるので、ぜひご利用ください。

買い切りプランの新作ダッシュボード&レポートテンプレート一覧(GA4対応)

  • [4012] Google広告レポートテンプレートver2.0

    [4012] Google広告レポートテンプレートver2.0

    誰でもかんたんに導入できるGoogle広告のデータポータルレポートテンプレートです。全14ページ。[4003]Google広告レポートのリニューアル版で、手数料の設定やコメント欄などを追加し報告用レポートとしてより使いやすくなりました。

    もっとみる

  • [4011] SEO月次レポートテンプレート(GA4版)

    [4011] SEO月次レポートテンプレート(GA4版)

    SEO会社やWEB制作会社、事業会社のSEO担当者の月次レポートを効率化するためのSEO月次レポートテンプレートです。全19ページ。「ターゲットキーワードの順位計測」や「順位グループごとのキーワード数」など有料SEO分析ツールの機能をデータポータルで再現しています。

    もっとみる

  • [4010] ECモニタリングダッシュボード(GA4版)

    [4010] ECモニタリングダッシュボード(GA4版)

    GA4のEC売上データを誰でも簡単にモニタリングできるECモニタリングダッシュボード(GA4版)です。全8ページ。EC運営に必要なデータを一目でわかりやすく確認できます。

    もっとみる

  • [4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

    [4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

    GA4のデータを誰でも簡単にモニタリングできるアクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)です。全8ページ。アクセス解析に必要なデータを一目でわかりやすく確認できます。

    もっとみる

  • [4008] EC月次レポートテンプレート(GA4版)

    [4008] EC月次レポートテンプレート(GA4版)

    ECコンサルやWEB制作会社、事業会社のEC担当者の月次の報告レポートを効率化するためのEC月次レポートテンプレート(GA4版)です。全40ページ。これ一つでほとんどの月次レポートが自動化できます。

    もっとみる

  • [4007] アクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)

    [4007] アクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)

    WEBコンサルやWEB制作会社、事業会社のWEB担当者の月次の報告レポートを効率化するためのアクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)です。全33ページ。これ一つでほとんどの月次レポートが自動化できます。

    もっとみる

買い切りプランで使える全てのレポートテンプレートを見る

ウェブ広告やSNS媒体はサブスクリプションプラン(Light&Standard)で

Google以外の媒体(Facebook広告やInstagramインサイトなど)はGoogle社のコネクタがないため、データ取得と更新を自分で行う必要があります。通常は管理画面からCSVをダウンロードしてコピペするか、自動化したい場合は自社のエンジニアに依頼してAPIを使ってデータ取得する必要があります。

インハウスプラスのサブスクリプションプラン(Light&Standard)では、Google以外のさまざまな媒体もデータ取得からレポート作成までを自動化できます。14日間の無料トライアルもご用意しているので、ぜひお試しください。

サブスクリプションプラン(Light&Standard)の人気ダッシュボード&レポート一覧

  • [2001] WEB広告スプレッドシートレポート

    [2001] WEB広告スプレッドシートレポート

    APIを使って合計26媒体のデータを自動取得し、あらゆるウェブ広告データをGoogleスプレッドシートに一元化。使い慣れたGoogleスプレッドシートでピボットテーブルを使って自由にレポートをカスタマイズできます。売上データなど外部データをインポートすることも可能です。

    もっとみる

  • [0009] WEB広告レポート/媒体別(2/2)

    [0009] WEB広告レポート/媒体別(2/2)

    APIを使って合計26媒体のデータを自動取得し、あらゆるウェブ広告のデータを一つのレポートに一元化。全37ページ。各媒体ごとの詳細レポートです。このレポートは、WEB広告レポート/横断(1/2)とセットで提供されるお得なプロダクトです。

    もっとみる

  • [0009] WEB広告レポート/横断(1/2)

    [0009] WEB広告レポート/横断(1/2)

    APIを使って合計26媒体のデータを自動取得し、あらゆるウェブ広告のデータを一つのレポートに一元化。全19ページ。YoutubeやTikTokなどの最新の広告媒体にも対応しています。このレポートは、WEB広告レポート/媒体別(2/2)とセットで提供されるお得なプロダクトです。

    もっとみる

  • [0008] 広告クリエイティブレポート

    [0008] 広告クリエイティブレポート

    APIを使ってクリエイティブデータを自動取得し、あらゆるウェブ広告のクリエイティブレポートを自動化。さまざまな媒体のクリエイティブレポートがこれ一つで自動化できます。

    もっとみる

サブスクリプションプランで使える全てのレポートを見る

フルカスタマイズのダッシュボード開発にも対応しています

各企業様のニーズに合わせてカスタマイズしたダッシュボード開発にも対応しておりますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

↑ページのトップに戻る