Google広告レポートの作り方と自動化方法のアイキャッチ画像

【テンプレート付】Google広告レポートの作り方と自動化方法|レポートの種類や必須項目も丁寧に解説

Google広告の効果を改善するには、課題をタイムリーに見つけて、すぐに改善アクションが打てるレポートの仕組み作りが非常に重要です。しかし、Google広告はどんどん高度化し複雑になっているために、特に初心者の方はどんなレポートを作ればよいか、またそのレポートを手間をかけずに作成する方法が分からないという方も多いのではないでしょうか?

本記事ではGoogle広告レポートを効率的に作成したい方に向けて、Google広告レポートで押さえるべきポイント、Google広告の管理画面を使ったレポート作成方法、Google広告レポートの作成を自動化する方法、さらに便利なGoogle広告レポートテンプレートを丁寧に解説します。

(Google広告レポートテンプレートの一例)

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートのアイキャッチ画像
引用:[4003] Google広告レポートテンプレート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

Contents

Google広告レポートで押さえるべきポイント

Google広告レポートにどの項目を入れるかはもちろん各社のGoogle広告の目的や戦略によって異なりますが、共通して誰もが確認すべきポイントも存在します。ここではそれらのポイントをレポートの種類と項目に分けて解説します。

Google広告レポートの種類

Google広告レポートの必須項目として入れたいKPI指標

各レポートの指標には、以下の項目を網羅するようにしましょう。

費用

利用した広告費です。広告代理店が運用を行なっている場合は、この費用に運用手数料を含めるかどうか事前に取り決めをしておきましょう。

表示回数

ユーザーに広告が表示された回数です。インプレッションとも呼びます。表示回数は、Googleネットワークの検索結果ページや他のサイトに広告が表示されるたびに1回カウントされます。

CPM(インプレッション単価)

ユーザーに広告を1,000回表示するのにかかった平均費用です。費用÷表示回数×1,000で算出されます。例えば表示回数が10,000回で費用が50,000円の場合、CPM(インプレッション単価)は、5,000円です。

CTR(クリック率)

表示された広告をユーザーがクリックした比率です。広告クリエイティブ(バナーやテキスト見出し)の良し悪しを判断する際に参考にします。クリック数÷表示回数で算出されます。例えば表示回数が1,000回でクリック数が5回の場合、CTR(クリック率)は0.5% です。

クリック数

ユーザーが広告をクリックした回数です。例えば同じユーザーが広告を2回クリックした場合、クリック数は2回です。なお、同じユーザーが1回の広告表示に対して複数回クリックしても、課金対象としてカウントされるクリックは2回までです。またGoogleのシステムで無効なクリックと判断された場合、そのクリックはカウントされません。

CPC(クリック単価)

1クリックを獲得するのにかかった平均費用です。費用÷クリック数で算出されます。例えばクリック数が100回で費用が50,000円の場合、CPC(クリック単価)は、500円です。

CVR(コンバージョン率)

広告のクリックからユーザーがコンバージョンした比率です。コンバージョン÷クリック数で算出されます。例えばクリック数が100回でコンバージョンが2件の場合、CVR(コンバージョン率)は、2%です。

コンバージョン

ユーザーが広告をクリック(または閲覧)した後、広告管理画面でコンバージョンと定義したユーザー行動の数です。コンバージョンには、商品の購入・お問い合わせ・会員登録・資料請求などさまざまなユーザー行動を設定することができます。ECサイトの場合、コンバージョン値を設定すれば、コンバージョンの数だけでなく売上も把握することができます。

CPA(コンバージョン単価)

1コンバージョンを獲得するのにかかった平均費用です。費用÷コンバージョンで算出されます。例えばコンバージョンが5件で費用が50,000円の場合、CPA(コンバージョン単価)は、50,000円です。

ROAS

かけた広告費に対してどれだけ売上が上がったかを表す指標です。ECサイトでコンバージョン値を設定していれば、コンバージョン値÷費用で算出されます。例えばコンバージョン値が500万円で費用が100万円の場合、ROASは、500%です。

データの更新頻度

レポートの項目としてはこれでほとんどの場合十分ですが、項目と同じくらい重要なのが更新頻度です。Google広告の効果を改善するポイントは、日々データを確認しながら改善を繰り返すことになるため、データは必ず毎日更新するようにしましょう。

↑ページのトップに戻る

Google広告管理画面のレポート作成方法

Google広告レポートの確認方法

Googleが用意している事前定義レポートを使えば、ゼロから設定する必要なく、すぐにレポートを作成できるので、初心者の方にオススメです。また、項目に過不足があれば、事前定義レポートをベースに項目をカスタマイズすることもできます。

1. Google広告にログインする

2. 右上の「レポート」を選択する

Google広告管理画面のレポートを選択する
引用:Google広告管理画面

3. 事前定義レポート(詳細分析)を選択後、作成したいレポートの種類を選択する

今回は、例として日別レポートを作成するために、事前定義レポート>期間>日を選択します。

Google広告管理画面の事前定義レポートを選択する
引用:Google広告管理画面

以下のように日別レポートが出来上がりました!

日別レポートが完成します
引用:Google広告管理画面

Google広告レポートの基本的な使い方と操作方法

項目をカスタマイズする

レポートの項目に過不足があれば、追加や削除も可能です。例では、「曜日」を追加してみました。

事前定義レポートをカスタマイズする
引用:Google広告管理画面

カスタマイズしたレポートを保存する

カスタマイズした事前定義レポートは、右上の「名前を付けて保存」を選択すれば、保存することができます。

カスタマイズした事前定義レポートを保存する
引用:Google広告管理画面

保存したレポートを開く

右上のレポート>レポートを選択すると、以下の画面になり、保存済みレポートの一覧が表示されます。

保存済みレポートを開く
引用:Google広告管理画面

レポートをダウンロードする

右上の「ダウンロード」を選択すると、以下9種類のフォーマットでデータをダウンロードすることができます。

  • .csv
  • Excel.csv
  • .tsv
  • .xml
  • .csv.gz
  • .xml.gz
  • .pdf
  • .png
  • Googleスプレッドシート
レポートをダウンロードする
引用:Google広告管理画面

例では、Googleスプレッドシート形式でダウンロードしてみました。

スプレッドシートでダウンロード
引用:Google広告管理画面

レポートをメールで配信する

定期的に確認したいレポートは、右上の「スケジュール」で送信先や送信頻度を選択すると、レポートを共有したいメンバーにメールで通知することができます。

レポートをメール配信する
引用:Google広告管理画面

↑ページのトップに戻る

Google広告レポートの作成を自動化する方法

Google広告レポートを実際にクライアントや社内に提出する場合は、読み手が見やすいようにレポートのフォーマットを整える必要があります。

毎回管理画面からデータをダウンロードして、レポートを作成する方法では手間がかかってしまうので、定期的にレポートを作成する必要がある場合は、レポートの自動化を行いましょう。

ここでは、Google広告レポートを自動化する方法とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

ルッカースタジオ(旧データポータル)

ルッカースタジオ(旧データポータル)は、レポート作成やモニタリングを自動化し、関係者と簡単に共有できるGoogleが提供する無料で高機能なBIツールです。Google広告のみのレポートが必要な方は、ルッカースタジオ(旧データポータル)がおすすめです。

Google広告×ルッカースタジオ(旧データポータル)の使い方完全ガイドはこちら

メリット

  • 無料で見やすいレポートを簡単に作成できること
  • Googleが提供する無料のGoogle広告コネクタでデータ更新を自動化できること

デメリット

  • 操作は簡単だがゼロからレポートを作ると一定の時間がかかること
  • Google広告以外はコネクタが用意されていないため、別途データ取得の仕組みを作る必要があること

インハウスプラスの【買い切り版】Google広告レポートテンプレート(4003)を使えば、3分でレポートが完成します。またYahoo広告やFacebook広告など複数媒体を一元化できる【サブスク版】WEB広告レポート(0009)もご用意しているので、ぜひお試しください。

GoogleスプレッドシートのGoogle広告アドオン

GoogleスプレッドシートのGoogle広告アドオンは、無料でGoogle広告のデータをスプレッドシートに出力できる拡張機能のアドオンです。ルッカースタジオ(旧データポータル)が登場する前は、Google広告のみのレポートが必要な方によく使われていた方法ですが、ルッカースタジオ(旧データポータル)が登場後はスプレッドシートでの運用からルッカースタジオ(旧データポータル)に移行している方が増えています。またGoogleとしてもルッカースタジオ(旧データポータル)の利用を推奨しています。

メリット

  • スプレッドシートにGoogle広告のデータを出力できること

デメリット

  • 機能を使いこなすのに時間がかかること
  • チャート化ができないため、見やすいレポートが作れないこと
  • 読み込みに時間がかかるなどシステムが不安定であること

広告レポート自動化ツール

広告レポート自動化ツールは、複数の広告媒体のレポートを自動化してくれるツールです。複数のウェブ広告を横断したレポートが必要な方は、広告レポート自動化ツールがおすすめです。

メリット

  • 複数の広告媒体のレポートを自動化できること

デメリット

  • ツールを使いこなすのに時間がかかること
  • 費用がかかること

インハウスプラスなら、広告アカウントの権限を付与するだけで1営業日でYahoo広告やFacebook広告など複数媒体を一元化できるWEB広告レポートが届きます。無料トライアルもあるので、広告レポート自動化ツールの導入設定が面倒な方はぜひお試しください。

↑ページのトップに戻る

便利なGoogle広告レポートテンプレート一覧

これから紹介するテンプレートは、クリエイティブレポートプレースメントレポートを除きすべてルッカースタジオ(旧データポータル)と無料のGoogle広告コネクタを使って作成しています。

各レポートのキャプチャをクリックするとデモレポートが開きます。ルッカースタジオ(旧データポータル)を使いこなせる方はデモレポートを参考にしてご自身でも作成できますし、テンプレートとして販売もしているのでゼロから作るのは時間がもったいないと思われる方は購入して自由にカスタマイズしてください。

テンプレートを購入すれば、1アカウント(1レポート)あたり3分程度でレポートが完成し、その後は自動でデータが更新されます。

サマリレポート

すべてのKPIを一つのページで確認できるサマリレポートです。KPIサマリに加え、検索/ディスプレイ/動画といったキャンペーンタイプ別の実績や、各キャペーン別の実績を確認できます。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートのサマリレポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートのサマリレポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

月別レポート

各KPIが月別にどう推移したかを確認できる月別レポートです。運用型広告は近視眼的になりがちですが、月別レポートがあることで常に現状を俯瞰できるようになります。表で細かい数値を確認しながら、チャートで全体のトレンドを把握できます。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートの月別レポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートの月別レポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

日別レポート

各KPIが日別でどう推移したかを確認できる日別レポートです。施策の前後でどのKPIがどう変化したかを細かく確認できます。月別レポートと同じく、表で細かい数値を確認しながら、チャートで全体のトレンドを把握できます。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートの日別レポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートの日別レポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

キャンペーンレポート

キャンペーン別のパフォーマンスを確認できるキャンペーンレポートです。Google広告で最も上位の階層がキャンペーンになるので、まずはキャンペーン別の効果を俯瞰して分析した上で、次に紹介する広告グループやキーワードへ深掘りしていきましょう。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートのキャンペーンレポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートのキャンペーンレポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

広告グループレポート

広告グループごとのパフォーマンスを確認できる広告グループレポートです。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートの広告グループレポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートの広告グループレポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

キーワードレポート

入札しているキーワード別のパフォーマンスを確認できるキーワードレポートです。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートの検索キーワードレポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートのキーワードレポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

検索語句レポート

ユーザーが実際に検索した検索語句別のパフォーマンスを確認できる検索語句レポートです。特に、部分一致(Broad)やフレーズ一致(Phrase)のマッチタイプで配信している場合は、関連性の低い検索語句で無駄な費用が発生していないかを確認しましょう。もし発生している場合は、その検索語句は除外しておきましょう。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートの検索語句レポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートの検索語句レポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

最終ページURLレポート

最終ページURL(ランディングページ)別のパフォーマンスを確認できる最終ページURLレポートです。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートの最終ページURLレポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートの最終ページURLレポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

ユーザーレポート

年齢、性別などのユーザー属性別のパフォーマンスを確認できるユーザーレポートです。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートのユーザーレポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートのユーザーレポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

デバイスレポート

デバイス別のパフォーマンスを確認できるデバイスレポートです。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートのデバイスレポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートのデバイスレポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

地域レポート

都道府県ごとのパフォーマンスを確認できる地域別レポートです。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートの地域レポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートの地域レポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

時間帯レポート

時間帯別のパフォーマンスを確認できる時間帯レポートです。

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートの時間レポート
引用:[4003] Google広告レポートテンプレートの時間帯別レポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

広告クリエイティブレポート

ルッカースタジオ(旧データポータル)の無料のGoogle広告コネクタにはクリエイティブデータが入っていないため、クリエイティブレポートを作成するには、通常はエンジニアに依頼してGoogle Ads APIを使ってデータを取得する必要があります。

インハウスプラスなら、広告アカウントの権限を付与するだけで1営業日でクリエイティブレポート付きのGoogle広告レポートが届きます。無料トライアルもあるので、ぜひお試しください。

広告(ディスプレイ)レポート

ディスプレイ広告のクリエイティブバナー別のパフォーマンスを確認できる広告(ディスプレイ)レポートです。

0003-Google広告レポートの広告(ディスプレイ)レポート
引用:[0003] Google広告レポート/クリエイティブレポート付きの広告(ディスプレイ)レポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

このGoogle広告データポータルレポート/クリエイティブレポート付き(0003)を無料で利用する

広告(検索)レポート

検索広告の見出しや説明文別のパフォーマンスを確認できる広告(検索)レポートです。

0003-Google広告レポートの広告(検索)レポート
引用:[0003] Google広告レポート/クリエイティブレポート付きの広告(検索)レポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

このGoogle広告データポータルレポート/クリエイティブレポート付き(0003)を無料で利用する

動画レポート

Youtube広告の動画別のパフォーマンスを確認できる動画レポートです。

0003-Google広告レポートの動画レポート
引用:[0003] Google広告レポート/クリエイティブレポート付きの動画レポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

このGoogle広告データポータルレポート/クリエイティブレポート付き(0003)を無料で利用する

プレースメントレポート

ディスプレイ広告、動画広告のプレースメント別のパフォーマンスを確認できるプレースメントレポートです。

0003-Google広告レポートのプレースメントレポート
引用:[0003] Google広告レポート/クリエイティブレポート付きのプレースメントレポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

このGoogle広告データポータルレポート/クリエイティブレポート付き(0003)を無料で利用する

↑ページのトップに戻る

よくある質問

運用手数料込みの費用を表示する方法

ルッカースタジオ(旧データポータル)の計算フィールドという機能を使って、手数料込みの広告費が設定できます。

a. 対象のデータソースを開き、「フィールドを追加」を選択する

データソースのフィールドを追加する
引用:ルッカースタジオ(旧データポータル)のデータソース設定画面

b. 各項目を以下のように設定する

  • フィールド名:広告費
  • 計算式(例):費用*1.2(広告費に20%の手数料を上乗せする場合)
Googleデータポータルの計算フィールドで手数料を設定する
引用:ルッカースタジオ(旧データポータル)の計算フィールド設定画面

コンバージョンの設定方法

コンバージョンとすべてのコンバージョンのどちらかを選択する方法

コンバージョンは以下のいずれかが選択可能です。指標のプルダウンから選んでください。

  • コンバージョン(広告管理画面の[コンバージョン] 列に含まれるもの)
  • すべてのコンバージョン(広告管理画面の[すべてのコンバージョン] 列に含まれるもの)
ルッカースタジオでコンバージョンを選択する
引用:ルッカースタジオ(旧データポータル)のレポート画面

特定のコンバージョンを設定する方法

ルッカースタジオ(旧データポータル)の無料のGoogle広告コネクタには、個別のコンバージョンアクションを指標として選ぶことができないため、個別のコンバージョンアクションを設定するには、通常はエンジニアに依頼してGoogle Ads APIを使ってデータを取得する必要があります。

インハウスプラスなら、広告アカウントの権限を付与するだけで1営業日で個別のコンバージョンアクションが設定できるGoogle広告レポートが届きます。無料トライアルもあるので、ぜひお試しください。

↑ページのトップに戻る

Google広告レポート自動化ならインハウスプラス

インハウスプラスは、様々なニーズに対応するGoogle広告レポートをご用意しています。用途にあわせてレポートをお選びください。

クリエイティブレポートが不要なら【買い切り版】Google広告レポートテンプレート(4003)

広告代理店向けの手数料設定やコメント機能が付いたシンプルなGoogle広告レポートテンプレートです。

  • サイト数無制限でレポート作成
  • 複数のGoogleアカウントに紐づくサイトもOK
  • レポートはコピーするだけすぐに完成
  • カスタマイズも自由自在
  • 商用利用可能

【買い切り版】Google広告データポータルレポートテンプレート(4003)を詳しくみる

4003-Google広告ルッカースタジオテンプレートのアイキャッチ画像
引用:[4003] Google広告レポートテンプレート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

クリエイティブレポート付きなら【サブスク版】Google広告レポート/クリエイティブレポート付き(0003)

クリエイティブレポートに加え、特定のコンバージョンアクションをコンバージョンとして設定できる高機能なGoogle広告レポートです。

  • レポートは権限付与するだけ1営業日で完成レポートが届く
  • カスタマイズも自由自在
  • 商用利用可能

このGoogle広告データポータルレポート/クリエイティブレポート付き(0003)を無料で利用する

0003-Google広告レポートのアイキャッチ画像
引用:[0003] Google広告レポート/クリエイティブレポート付き
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

複数の広告媒体のデータを一元化するウェブ広告レポートなら【サブスク版】WEB広告レポート(0009)

合計24媒体のデータを一元化する高機能なウェブ広告レポートです。

  • レポートは権限付与するだけ1営業日で完成レポートが届く
  • カスタマイズも自由自在
  • 商用利用可能

【サブスク版】24種類の広告媒体に対応したWEB広告データポータルレポート(0009)を無料で利用する

0009-WEB広告レポートのアイキャッチ画像
引用:[0009] ウェブ広告レポート
※画像をクリックすると大きい画面でルッカースタジオ(旧データポータル)が開きます

広告効果を正確なGA4のコンバージョンで分析するなら【プレミアム版】WEB広告×GA4 広告効果測定レポート(0011)

ウェブ広告の広告効果を、通常の媒体コンバージョンに加えて、重複のない正確なGA4のコンバージョンで分析できる広告効果測定レポートです。コンバージョンしたユーザーの初回の流入元も分析可能。従来のGoogleアナリティクス(UA版)も利用可能。

  • 広告効果を重複のない正確なGA4のコンバージョンで測定
  • コンバージョンしたユーザーの初回の流入元も分析可能
  • 広告代理店向けの手数料設定やコメント機能
  • 自社ロゴに変更可能

【プレミアム版】WEB広告×GA4 広告効果測定レポート(0011)を利用する

0011-WEB広告×GA4 広告効果測定レポートのアイキャッチ画像
引用:[0011] WEB広告×GA4 広告効果測定レポート

↑ページのトップに戻る

導入企業数1,800社突破!データポータル(現ルッカースタジオ)を活用するならインハウスプラス

インハウスプラスは、様々なニーズに対応するカスタマイズ可能なデータポータル(現ルッカースタジオ)のレポートテンプレートを豊富にご用意しています。レポート作成を自動化したいけれどゼロから自分でレポートを作成するのが難しい方は、インハウスプラスを使って時間を有効活用しましょう。

GA4やGoogle広告、サーチコンソールなどのGoogle系のレポートは買い切りプランで

  • 10種類以上のテンプレートが使い放題で39,800円(今後も続々追加予定)
  • サイト数無制限でレポート作成
  • 複数のGoogleアカウントに紐づくサイトもOK
  • レポートはコピーするだけすぐに完成
  • カスタマイズも自由自在
  • 商用利用可能
  • 【買い切り版】SEO月次レポートテンプレート(4011)

    【買い切り版】SEO月次レポートテンプレート(4011)

    サーチコンソールとGA4を使ったSEOの月次レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。サーチコンソールでは取得できない検索クエリも表示。ターゲットキーワードの順位計測。順位グループごとのキーワード数。充実したレポート機能(コメント欄や自社ロゴに変更可能)。

    もっとみる

  • 【買い切り版】Google広告レポートテンプレート(4003)

    【買い切り版】Google広告レポートテンプレート(4003)

    Google広告レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。テンプレートだから対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。レポートに最低限必要なデータを網羅。広告代理店向けの手数料設定やコメント機能。自社のロゴに変更可能。

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート(4007)

    【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート(4007)

    GA4を使った月次のアクセス解析レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。月次レポートとして入れるべき項目を網羅。GA4の管理画面にないCVRなどの指標も完備。充実したレポート機能(コメント欄や自社ロゴに変更可能)。

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 分析ダッシュボードテンプレート(4009)

    【買い切り版】GA4 分析ダッシュボードテンプレート(4009)

    GA4のアクセス解析データをデータポータル(現ルッカースタジオ)で可視化。対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。アクセス解析に必要なデータを一目でわかりやすく確認。GA4の管理画面にないCVRなどの指標も完備。

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート(4008)

    【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート(4008)

    GA4を使ったECサイト向け月次レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。月次報告用レポートとして入れるべき項目を網羅。GA4の管理画面にないCVRなどの指標も完備。充実したレポート機能(コメント欄や自社ロゴに変更可能)。

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 EC分析ダッシュボードテンプレート(4010)

    【買い切り版】GA4 EC分析ダッシュボードテンプレート(4010)

    GA4のeコマースデータをデータポータル(現ルッカースタジオ)で可視化。対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。ECサイトの運営に必要なデータを一目でわかりやすく確認。GA4の管理画面にないCVRなどの指標も完備。

    もっとみる

買い切りプランで使える全てのレポートテンプレートを見る

ウェブ広告やSNSレポートはサブスクリプションプラン(Light&Standard)で

  • 各媒体の公式APIを使ってデータを自動更新
  • レポートは権限付与するだけ1営業日で完成レポートが届く
  • 10種類以上の高機能レポート(今後も続々追加予定)
  • カスタマイズも自由自在
  • サポートも充実
  • 【サブスク版】Facebook広告(Instagram広告含む)レポート(0002)

    【サブスク版】Facebook広告(Instagram広告含む)レポート(0002)

    Facebook広告(Instagram広告)レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。広告クリエイティブレポート付き。特定のコンバージョンアクションをコンバージョンとして設定可能。広告代理店向けの手数料設定やコメント機能。自社のロゴに変更可能。

    もっとみる

  • 【サブスク版】Google広告レポート/クリエイティブレポート付き(0003)

    【サブスク版】Google広告レポート/クリエイティブレポート付き(0003)

    Google広告レポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。無料コネクタで取得できないデータもGoogle Ads APIを使って取得。広告クリエイティブレポート付き。特定のコンバージョンアクションをコンバージョンとして設定可能。広告代理店向けの手数料設定やコメント機能。自社のロゴに変更可能。

    もっとみる

  • 【サブスク版】WEB広告レポート(0009)

    【サブスク版】WEB広告レポート(0009)

    あらゆるウェブ広告レポートをルッカースタジオ(旧Googleデータポータル)で自動化。各広告媒体APIを使ってデータ取得。複数の広告媒体のデータを一元化。広告クリエイティブレポート付き。特定のコンバージョンアクションをコンバージョンとして設定可能。広告代理店向けの手数料設定やコメント機能。自社のロゴに変更可能。

    もっとみる

  • 【サブスク版】Instagramインサイト月次データポータルレポート/横型(0010)

    【サブスク版】Instagramインサイト月次データポータルレポート/横型(0010)

    Instagramインサイトレポートをデータポータル(現ルッカースタジオ)で自動化。Instagram Graph APIを使って報告用の月次レポートを全自動で作成。投稿画像分析レポート。リール(Reels)対応。期間は自由に選択。月に何回でもPDFとしてダウンロード可能。

    もっとみる

サブスクリプションプランで使える全てのレポートを見る

フルカスタマイズのBIダッシュボード開発にも対応しています

各企業様のニーズに合わせてカスタマイズしたBIダッシュボード開発にも対応しておりますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

↑ページのトップに戻る