【ECサイト向け】GA4×Looker Studio(旧データポータル)のレポート作成完全ガイドのアイキャッチ画像

【ECサイト向け】GA4×Looker Studio(旧データポータル)のレポート作成完全ガイド|無料テンプレ付き

この記事では、Looker Studio(旧データポータル)を使ったECサイト向けのGA4レポートの作り方を分かりやすくご紹介します。この記事を読むと、効率的に、かつクオリティの高い全自動のGA4レポートが作成できるようになります。

Looker Studioは無料で高機能な素晴らしいツールである一方、使いこなすようになるまでに少し時間が必要ですが、テンプレートを使えばあらかじめ出来上がったテンプレートをベースに必要な部分だけをカスタマイズするだけで良いので、自分でゼロからレポートを作るよりも遥かに短い時間で高いクオリティのレポートが作成できます。

テンプレートはウェブ上に無料から有料のものまで様々なものがありますが、高品質なテンプレートをお探しの方は2,000社以上が利用するインハウスプラスの買い切りプランのLooker Studioテンプレートをご利用ください。一度の購入でサイト数無制限でレポートが作成でき、レポートもコピーするだけ数分で完成、カスタマイズも自由自在です。またウェブアナリストの第一人者の小川卓さんに顧問として参画いただき、GA4など媒体側の仕様変更があった際はテンプレートを随時アップデートしているので、ずっと安心してご利用いただけます。

人気テンプレート:クライアントや社内への報告用レポートとして人気のECサイト向けGA4 月次レポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

人気テンプレート:日々の数値チェックが簡単になるECサイト向けGA4 標準レポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

記事の後半部分では、無料版のECサイト向けのGA4レポートテンプレートをご紹介します。無料トライアルプランの申し込みフォームからお申し込みいただくと、すぐに無料で利用できるので、ぜひ一度お試しください。ECサイト用に加えてウェブサイト用もご用意しており、全4種類(合計100ページ超)のボリュームで様々なニーズに対応可能です。

無料版のGA4レポートテンプレート(全4種類、合計100ページ以上)を詳しくみる

Contents

GA4のレポート機能ごとの特徴と使い分け

まず最初に、GA4に用意されている各レポート機能の特徴を説明します。

GA4には、標準レポート、探索レポート、Looker StudioやBigQueryといった様々なレポート機能が用意されていますが、それぞれのレポートの機能をまとめると以下のように整理できます。

Looker Studioは、サンプリングがかからず、過去データも無制限、またデザインの自由度も高く、共有機能が充実していることから報告用レポートやKPIモニタリングに適したレポート機能であることがお分かりいただけると思います。

比較表標準レポート探索レポートLooker StudioBigQuery
主な利用目的全体感を把握詳しい分析報告用レポート
KPIモニタリング
SQLを使った高度な分析
費用無料無料無料有料
対象ユーザー初心者中級者初心者〜中級者上級者(SQL必須)
過去データ無制限データ保持期間設定
(2ヶ月、または14ヶ月)
無制限無制限
項目のカスタマイズ性ありとてもありとてもありとてもあり
デザインの自由度低い高いとても高い(BIツールに依存)
共有のしやすさありなしとてもあり(BIツールに依存)
データの精度サンプリングなし
しきい値適用あり
サンプリングあり
しきい値適用あり
サンプリングなし
しきい値適用あり
サンプリングなし
しきい値適用なし
(direct) / (none)割合増加

check-icon サンプリングとは?

GA4のサンプリングは、レポートの計算に必要なイベント数が一定の上限を超える場合に行われます。この上限を超えると、代表的なサンプルが取られ、そのサンプルデータに基づいてレポートが生成されます。割り当ての上限は、Google アナリティクス サービスを無料でご利用の場合は 1,000 万イベント、Google アナリティクス 360 をご利用の場合は 10 億イベントとなります。

(関連記事)
【GA4】サンプリングとは?発生するケースや回避方法を解説

報告用レポートやKPIモニタリング以外の用途のレポートをお探しの方は、他のレポートの特徴を「GA4レポートの活用ガイド!各レポート機能の特徴を分かりやすく解説」で詳しく解説しています。また、初心者の方向けにGA4の基本的な使い方を「【初心者向けガイド】GA4の基本的な使い方や画面の見方を分かりやすく解説」で紹介しているので、あわせてご覧ください。

↑ページのトップに戻る

Looker Studio(旧データポータル)とは?

Looker Studioは、さまざまなデータソースと接続し、分かりやすい全自動のレポートが作成できるGoogleが提供する無料のレポート作成ツールです。Looker Studioの使い方は、「【完全保存版】Looker Studio(旧データポータル)の使い方 | 機能やメリットを分かりやすく解説」で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

例えば、Looker Studioの公式GA4コネクタを使えば、以下のような非常に分かりやすいECサイト向けのGA4レポートを作成することができます。

demo-icon デモレポートを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細をみる

↑ページのトップに戻る

Looker Studio(旧データポータル)はこんな人にオススメ

クライアント向けの定期レポートを自動化したい支援会社の方

クライアントに対して、定期的にECサイトに関する売上分析・SEO・ウェブ広告などの報告資料を提出している広告代理店・ウェブ制作会社・システム開発会社・コンサルティング会社の方

社内向けの定期レポートを自動化したい事業会社の方

社内に対して、定期的にECサイトに関する売上分析・SEO・ウェブ広告などの報告資料を提出しているEC運営会社のマーケティング担当者・ウェブ担当者・システム担当者の方

日々のデータ集計やモニタリングを自動化したいマーケティング担当者の方

データドリブンなマーケティング組織に所属しているマーケティング担当者の方で、付加価値が低いが時間が大きく取られるデータ集計業務を自動化し、マーケティングROIの改善に繋がるアクションに集中したいと考えている方

Looker Studio(旧データポータル)でECサイト向けGA4レポートを作成するメリット

無料で利用できる

Looker Studioは無料で利用できるため、小規模ビジネスから大企業まで、あらゆる規模の組織で広く利用されています。

精度の高いデータでレポートが作成できる

GA4レポートの活用ガイド!各レポート機能の特徴を分かりやすく解説」で詳しく説明していますが、GA4の管理画面に用意されているレポートの中で項目を自由に設定できるのが「探索レポート」になります。そのため、レポート作成で探索レポートとLooker Studioのどちらを使うかを迷われている方も多いかと思いますが、探索レポートはデータ保持期間が適用されるため過去データが14ヶ月分しか取得できないこと、またサンプリングがかかることの2つの決定的な理由(その他、共有がしずらいなどもあります)からデータの精度が問われる報告用では使えず、あくまでも担当者の分析用となります。

Looker Studioは、過去データ無制限、サンプリングもかからないため、安心して報告用レポートとして利用できます。

800種類以上のコネクタで様々なデータと接続できる

Looker StudioにはGA4やGoogleアナリティクス、サーチコンソール、Google広告などのGoogle系の媒体を始め、Facebook広告やYahoo広告などの広告データ、InstagramやTwitterなどのSNSデータを含め800種類以上のコネクタが用意されており、さまざまなサービスのデータを接続することができます。

GA4のレポートに、サーチコンソールやGoogle広告、またスプレッドシートのデータを追加することもできます。

ルッカースタジオ(旧データポータル)のコネクタ一覧
(引用)Looker Studioのコネクタ一覧

自由自在にデザインできる

様々なチャート(表やグラフ)が用意されており、かつデザイン(色やフォント)も非常に細かく設定できるので、以下のような誰が見ても分かりやすいレポートを作成することができます。

demo-icon デモレポートを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細をみる

豊富なテンプレート

公式のテンプレートギャラリーでは、Googleが作成したテンプレートを利用できます。テンプレートを使えば、あらかじめ出来上がったテンプレートをベースに必要な部分だけをカスタマイズするだけで良いので、自分でゼロからレポートを作るよりも圧倒的に少ない時間で高いクオリティのレポートが作成できます。

公式のテンプレートは英語になるので、日本語のテンプレートをお探しの方は、2,000社以上が利用するインハウスプラスの無料テンプレートもお試しください。

一度レポートを作ればその後は自動更新

Looker Studioで作成したレポートは、一度作成すればその後は毎日自動でデータが更新されるため、毎月月初に大量のレポートを作成するといったことが無くなります。

また閲覧者側でレポートに表示する期間を変更したり、フィルタで絞り込みができたりインタラクティブな機能も充実しているので、レポートの管理者が閲覧者からの細かい修正依頼に対応しつづける必要も無くなります。

メール自動送信やPDFダウンロードなど様々な方法で共有可能

Looker Studioは、スプレッドシートと同じようにURLを共有すれば、GA4の権限有無に関わらず誰でも最新のデータにアクセスすることができるようになります。また毎朝、関係者に前日の実績データをメールで自動送信したり、PDFでダウンロードし報告資料として利用したりすることもできます。

↑ページのトップに戻る

Looker Studio(旧データポータル)とGA4の連携方法

Looker Studioの使い方は非常に簡単で、Looker StudioとGA4を連携してデータソースを作成した後、そのデータソースを使ってレポートを作成し、レポートが完成したらそれを共有するだけです。初めて利用する方は、【完全保存版】Looker Studioの使い方に導入方法を説明しているので、導入してから以下の手順にお進みください。

それでは連携方法をご紹介するので、手順に沿って実際にやってみましょう。

手順1

Looker Studioを開き、ホーム画面の「作成」から「データソース」を選択します。

Googleデータポータルでデータソースを作成
(引用)Looker Studioのホーム画面

手順2

コネクタの一覧画面から、「Googleアナリティクス」を選択します。

GoogleデータポータルのコネクタでGoogleアナリティクスを選択
(引用)Looker Studioコネクタ一覧画面

手順3

次に対象のGA4アカウントを選択します。

Looker StudioにGoogleアナリティクスアカウントへのアクセス権を許可すると、利用可能なGoogleアナリティクスのアカウント・プロパティ・ビューが表示されます。GA4の場合はビューはないので、下の図のようにGA4で始まるプロパティを選び、右上の「接続」を選択します。

Googleデータポータルと接続するGA4アカウントを選択
(引用)Looker Studioのアカウント選択画面

check-icon 対象のGoogleアナリティクスアカウントが表示されない時はログインしているGoogleアカウントを確認

この画面には現在ログインしているGoogleアカウントに紐づくGoogleアナリティクスのアカウントが表示されます。ここにレポートに利用したいGoogleアナリティクスが出てこない場合は、ログインしているGoogleアカウントが対象のGoogleアナリティクスの権限を持っているかをご確認ください。

手順4

接続した後、下の図のようにフィールドの一覧画面に移動したら、データソースの作成は完了です。右上の「レポートを作成」を選択し、レポート作成に進みましょう。

Googleデータポータルのフィールド一覧画面
(引用)Looker Studioのフィールド一覧画面

check-icon GA4とLooker Studioでディメンションや指標の名称が異なる場合があります

徐々に差分はなくなっていますが、一部名称が異なる場合があります。「GA4 ディメンションと指標の日本語名」に対応表をまとめてくれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

↑ページのトップに戻る

Looker Studio(旧データポータル)を使ったGA4レポートの作り方

レポート作成画面が表示されたら、早速レポートを作ってみましょう。レポートの作成は、主に以下の4ステップで完成します。

グラフの種類を選択する

Looker Studioには、11種類のグラフが用意されています。レポートの目的にあわせて最適なグラフの種類を選択しましょう。

  • :数値を細かく表示できます
  • スコアカード:主要な指標の合計値を表示できます
  • 期間:時系列のトレンドを表示できます
  • :項目別の数値の大きさを比較できます
  • :項目別の割合を表示できます
  • Googleマップ:地域データを地図で表示できます
  • マップチャート:地域データを地図で表示できます
  • 折れ線:時系列のトレンドを表示できます
  • :時系列のトレンドを内訳と一緒に表示できます
  • 散布図:2つの指標の相関を表現できます
  • ピボットテーブル:2つのディメンションを使ってクロス集計ができます
Looker Studioのグラフ一覧
(引用)Looker Studioグラフ種類の一覧

この記事では、例としてグラフ種類の「表」を使って日別レポートを作成してみますので、「グラフを追加」から「表」を追加します。

Looker Studioの表グラフを追加
(引用)Looker Studioのレポート画面

ディメンションと指標を設定する

表が追加されたら、「ディメンション」と「指標」をそれぞれ設定します。なお、「平均エンゲージメント時間」についてはデフォルトの項目には存在しないため、計算フィールドを使って作成します。

  • ディメンション:日付
  • 指標:アクティブユーザー数、新規ユーザー数、セッション、表示回数(ページビュー数)、エンゲージメント率、、平均エンゲージメント時間、セッションのコンバージョン率、コンバージョン
Looker Studioのディメンションと指標を設定
(引用)Looker Studioのレポート画面

計算フィールドを使って「平均エンゲージメント時間」を作成する

「平均エンゲージメント時間」は、「エンゲージメントの合計時間÷アクティブユーザー数」ことで計算できます。この数値は、1人のユーザーがウェブサイトやアプリで実際にどれだけの時間を過ごしているかを表します。

それでは早速計算フィールドを使って設定していきましょう。

手順1

右下にある「指標を追加」を選択します。

Looker Studioの計算フィールドを設定する1
(引用)Looker Studioのレポート画面

手順2

続いて、「フィールドを作成」を選択します。

Looker Studioの計算フィールドを設定する2
(引用)Looker Studioのレポート画面

手順3

最後に、以下のように設定し「適用」を選択すれば完了です。

  • 名前:平均エンゲージメント時間
  • 計算式:「ユーザーエンゲージメント」/ 「アクティブユーザー」
  • データの種類:持続時間(秒)
Looker Studioの計算フィールドを設定する3
(引用)Looker Studioのレポート画面

スタイルを設定する

ディメンションと指標の設定が終わったら、スタイルを設定して見やすくしていきましょう。

列の幅を調整する

表を選択した状態で右クリックし、「列のサイズを変更」から「均等に揃える」を選択します。

Looker Studioの表の列を調整する
(引用)Looker Studioのレポート画面

日付順に並び替える

並び替えで「日付」を選択し、「昇順」にします。

Looker Studioの表を日付順に並び替える
(引用)Looker Studioのレポート画面

グラフ形式を変更する

タブを「設定」から「スタイル」に切り替え、目立たせたい指標(今回はコンバージョン)を「棒グラフ」に変更し、「番号を表示」にチェックを入れましょう。

Looker Studioのスタイルを変更する
(引用)Looker Studioのレポート画面

コントロールを追加する

仕上げに、コントロールを追加します。

コントロールを追加すると、レポートを共有されたユーザー側で期間を選択したり、フィルタを使ってデータを絞り込んだりすることができます。

期間設定を追加する

手順1

「挿入」から「期間設定」を選択します。

Looker Studioの期間設定を追加する
(引用)Looker Studioのレポート画面

手順2

デフォルトの日付範囲の「自動期間」を選択します。

デフォルトの期間を設定する
(引用)Looker Studioのレポート画面

手順3

以下のように、「今週(月曜日から)」「今月」「今月初めから今日まで」や「先月」などの選択肢が出てくるので、最適なものを選択します。なお、日別レポートは当月の進捗を追ったり、前月の結果をまとめることが多いと思うので、「今月初めから今日まで」や「先月」がおすすめです。

デフォルトの期間を選択する
(引用)Looker Studioのレポート画面

↑ページのトップに戻る

Looker Studio(旧データポータル)レポートの共有方法

Looker Studioには様々な共有方法が用意されています。共有方法の詳細は、[Looker Studio] レポートの共有方法まとめで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

ここでは主な共有方法を簡単に紹介します。

ユーザーを追加する(個別のユーザーごとに付与)

右上の「共有」を選択した後、Googleスプレッドシートの権限管理と同じように対象のメールアドレス(Googleアカウントと紐づくもの)を入力し、閲覧者か編集者のどちらかを選択して「送信」を選択します。

閲覧者・編集者の権限の違いは、[Looker Studio] アクセス権限 | 閲覧者・編集者・オーナーの違いを分かりやすく解説をご覧ください。

グループを追加する(複数ユーザーに一括付与)

「リンク設定」で「限定公開」を選択し、閲覧者か編集者のどちらかを選択して、メールなどでレポートURLを共有します。「公開」にして検索できるようにしたり、自社ドメインのユーザーのみに公開することもできます。

PDFでダウンロードする

右上の「共有」を選択した後、「レポートをダウンロード」を選択し、ダウンロードするページを選択して「ダウンロード」を選択します。

PDFダウンロード機能の詳細な使い方や注意点は、[Looker Studio] レポートをPDF形式でダウンロードする方法をご覧ください。

自動メールを配信する

右上の「共有」を選択した後、「配信のスケジュール」を選択し、宛先や送付ページ、配信頻度(リピート)などを設定して「保存」をクリックします。

配信スケジュール設定機能の詳細な使い方や注意点は、[Looker Studio] 自動メール配信機能の使い方をご覧ください。

↑ページのトップに戻る

Looker Studio(旧データポータル)を始めるならまずはテンプレート活用がおすすめ

クライアントや社内への報告用レポートに使えるものや日々の数値チェックが簡単になるKPIモニタリング用ダッシュボードに使えるものなど様々なテンプレートがあり、自分でゼロからレポートを作るよりも遥かに短い時間で高いクオリティのレポートが作成できるので、ぜひ参考にしてみてください。

無料トライアルプランの申し込みフォームからお申し込みいただくと、ここから紹介する4種類のテンプレート(合計100ページ以上)がすぐに無料で利用できるので、ぜひ一度お試しください。

【無料版】GA4 EC月次レポートテンプレート for Looker Studio(1006)

クライアントや社内の月次報告レポートに使えるECサイト向けGA4レポートテンプレートです。全67ページ。プルダウンでサイトを選択するだけでレポートが表示。パワーアップしたLooker StudioのGoogle公式GA4コネクタで過去データも全期間取得可能。

レポート一覧

  • 表紙
  • サマリ
    • 全体サマリ(対前月/対前年)
    • 全体サマリ(直近3ヶ月)
  • 時系列
    • 月別
      • 全体推移(月別)
      • ユーザー数の推移(月別)
      • 新規ユーザー数の推移(月別)
      • セッション数の推移(月別)
      • PV数の推移(月別)
      • エンゲージメント率(月別)
      • 平均エンゲージメント時間の推移(月別)
      • 購入率の推移(月別)
      • 購入数の推移(月別)
      • 購入単価の推移(月別)
      • 売上の推移(月別)
    • 日別
      • 全体推移(日別)
      • ユーザー数の推移(日別)
      • 新規ユーザー数の推移(日別)
      • セッション数の推移(日別)
      • PV数の推移(日別)
      • エンゲージメント率(日別)
      • 平均エンゲージメント時間の推移(日別)
      • 購入率の推移(日別)
      • 購入数の推移(日別)
      • 購入単価の推移(日別)
      • 売上の推移(日別)
    • 曜日
    • 時間帯
  • ユーザー
    • ユーザーサマリ
    • ユーザー属性
      • 年齢
      • 性別
    • テクノロジー
      • オペレーティング システム
      • ブラウザ
      • ネットワーク
    • 地域
      • 都道府県
    • 行動
      • 新規とリピーター
    • モバイル
      • デバイス
    • 主要項目の月別推移
      • 年齢別ユーザー数の推移
      • 性別ユーザー数の推移
      • デバイス別ユーザー数の推移
  • 集客
    • 集客サマリ
    • トラフィック獲得
      • セッションのデフォルトチャネルグループ(前の期間比)
      • セッションのデフォルトチャネルグループ(前年比)
      • セッションの参照元 / メディア(前の期間比)
      • セッションの参照元 / メディア(前年比)
      • セッションのキャンペーン
      • セッションの参照元 / メディア×ランディングページ
    • ユーザー獲得
      • 最初のユーザーのデフォルトチャネルグループ(前の期間比)
      • 最初のユーザーのデフォルトチャネルグループ(前年比)
      • ユーザーの最初の参照元 / メディア(前の期間比)
      • ユーザーの最初の参照元 / メディア(前年比)
      • ユーザーの最初のキャンペーン
      • ユーザーの最初の参照元 / メディア×ランディングページ
    • SEO
      • オーガニック検索のセッションの参照元 / メディア(前の期間比)
      • オーガニック検索のセッションの参照元 / メディア(前年比)
      • 検索キーワード (前の期間比)
      • オーガニック検索のランディングページ
    • 主要項目の月別推移
      • セッションのデフォルトチャネル別ユーザー数の推移
      • 検索エンジン別ユーザー数の推移
  • エンゲージメント
    • ページサマリ
    • ページ
    • 第一階層
    • ランディングページ
    • イベント
  • eコマース
    • eコマースサマリ
    • カテゴリ別売上の推移(グラフ)
    • カテゴリ別売上の推移(表)
    • アイテム別売上
  • レポートの使い方
    • 各指標の説明

demo-icon デモレポートを開く

detail-icon レポートの詳細をみる

【無料版】GA4 EC標準レポートテンプレート for Looker Studio(1004)

報告レポートの自動化でも日々のモニタリングの効率化でも使えるECサイト向けGA4テンプレートです。全20ページ。プルダウンでサイトを選択するだけでレポートが表示。パワーアップしたLooker StudioのGoogle公式GA4コネクタで過去データも全期間取得可能。集客経路や特定のページでデータを絞り込むことも可能。

レポートの一覧

  • 表紙
  • 月別レポート
  • 週別レポート
  • 日別レポート
  • 商品:月別レポート
  • 商品:週別レポート
  • 商品:日別レポート
  • 商品:商品ランキング
  • 集客:セッションのチャネルレポート
  • 集客:セッションの参照元/メディアレポート
  • 集客:セッションのキャンペーンレポート
  • 集客:最初のユーザーのチャネルレポート
  • 集客:ユーザーの最初の参照元/メディアレポート
  • 集客:ユーザーの最初のキャンペーンレポート
  • 集客:自然検索キーワードレポート
  • 集客:自然検索ページレポート
  • エンゲージメント:ページレポート
  • エンゲージメント:ランディングページレポート
  • ユーザー:ユーザー属性レポート
  • ユーザー:デバイスレポート
  • ユーザー:地域レポート
  • 各指標の説明

demo-icon デモレポートを開く

detail-icon レポートの詳細をみる

【無料版】GA4 月次レポートテンプレート for Looker Studio(1005)

GA4の月次報告レポートを自動化できる全61ページのLooker StudioのGA4月次レポートテンプレートです。圧倒的なボリュームで様々なレポートニーズに対応。プルダウンでサイトを選択するだけでレポートが表示。過去データ全期間取得可能。サンプリングなしの正確なデータ。

※2023/10/30に大幅アップデートを実施しました

レポート一覧

  • 表紙
  • サマリ
    • 全体サマリ(対前月/対前年)
    • 全体サマリ(直近3ヶ月)
  • 時系列
    • 月別
      • 全体推移(月別)
      • ユーザー数の推移(月別)
      • 新規ユーザー数の推移(月別)
      • セッション数の推移(月別)
      • PV数の推移(月別)
      • エンゲージメント率(月別)
      • 平均エンゲージメント時間の推移(月別)
      • コンバージョン率の推移(月別)
      • コンバージョン数の推移(月別)
    • 日別
      • 全体推移(日別)
      • ユーザー数の推移(日別)
      • 新規ユーザー数の推移(日別)
      • セッション数の推移(日別)
      • PV数の推移(日別)
      • エンゲージメント率(日別)
      • 平均エンゲージメント時間の推移(日別)
      • コンバージョン率の推移(日別)
      • コンバージョン数の推移(日別)
    • 曜日
    • 時間帯
  • ユーザー
    • ユーザーサマリ
    • ユーザー属性
      • 年齢
      • 性別
    • テクノロジー
      • オペレーティング システム
      • ブラウザ
      • ネットワーク
    • 地域
      • 都道府県
    • 行動
      • 新規とリピーター
    • モバイル
      • デバイス
    • 主要項目の月別推移
      • 年齢別ユーザー数の推移
      • 性別ユーザー数の推移
      • デバイス別ユーザー数の推移
  • 集客
    • 集客サマリ
    • トラフィック獲得
      • セッションのデフォルトチャネルグループ(前の期間比)
      • セッションのデフォルトチャネルグループ(前年比)
      • セッションの参照元 / メディア(前の期間比)
      • セッションの参照元 / メディア(前年比)
      • セッションのキャンペーン
      • セッションの参照元 / メディア×ランディングページ
    • ユーザー獲得
      • 最初のユーザーのデフォルトチャネルグループ(前の期間比)
      • 最初のユーザーのデフォルトチャネルグループ(前年比)
      • ユーザーの最初の参照元 / メディア(前の期間比)
      • ユーザーの最初の参照元 / メディア(前年比)
      • ユーザーの最初のキャンペーン
      • ユーザーの最初の参照元 / メディア×ランディングページ
    • SEO
      • オーガニック検索のセッションの参照元 / メディア(前の期間比)
      • オーガニック検索のセッションの参照元 / メディア(前年比)
      • 検索キーワード (前の期間比)
      • オーガニック検索のランディングページ
    • 主要項目の月別推移
      • セッションのデフォルトチャネル別ユーザー数の推移
      • 検索エンジン別ユーザー数の推移
  • エンゲージメント
    • ページサマリ
    • ページ
    • 第一階層
    • ランディングページ
    • イベント
  • コンバージョン
    • コンバージョンサマリ
    • 目標別コンバージョン数の推移
  • レポートの使い方
    • 各指標の説明

demo-icon デモレポートを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細をみる

detail-icon レポートの詳細をみる

【無料版】GA4 標準レポートテンプレート for Looker Studio(1003)

報告レポートの自動化でも日々のモニタリングの効率化でも使える万能なGA4レポートテンプレートです。全16ページ。プルダウンでサイトを選択するだけでレポートが表示。パワーアップしたLooker StudioのGoogle公式GA4コネクタで過去データも全期間取得可能。集客経路や特定のページでデータを絞り込むことも可能。

レポート一覧

  • 表紙
  • 月別レポート
  • 週別レポート
  • 日別レポート
  • 集客:セッションのチャネルレポート
  • 集客:セッションの参照元/メディアレポート
  • 集客:セッションのキャンペーンレポート
  • 集客:最初のユーザーのチャネルレポート
  • 集客:ユーザーの最初の参照元/メディアレポート
  • 集客:ユーザーの最初のキャンペーンレポート
  • 集客:自然検索キーワードレポート
  • 集客:自然検索ページレポート
  • エンゲージメント:ページレポート
  • エンゲージメント:ランディングページレポート
  • ユーザー:ユーザー属性レポート
  • ユーザー:デバイスレポート
  • ユーザー:地域レポート
  • 各指標の説明

demo-icon デモレポートを開く

detail-icon レポートの詳細をみる

導入方法(簡単3ステップ)

  • STEP1:トライアルプランに申し込む
  • STEP2:申込完了ページとメールで届く導入マニュアルを開き、GA4の無料テンプレートを開く
  • STEP3:レポート上部のプルダウンからレポートに表示させたいGA4アカウントを選択する
ga4無料テンプレートの画面キャプチャ

利用にあたっての注意点

無料テンプレートは、有料版をベースに機能を制限してご提供しております。有料版ではすべて利用可能になりますので、以下の機能が必要な方は買い切りプランを購入ください。

  • データの期間選択
  • レポートのカスタマイズ
  • PDFダウンロード

よくある質問

対象のGA4プロパティが選べません

レポートを作成したい対象のGA4の権限を持つGoogleアカウントにログインしていることを確認してください。

Googleの仕様で同じブラウザで複数のGoogleアカウントにログインした状態で作業すると別のアカウントに紐付いてしまい、希望のGoogleアカウントに切り替わらない場合があります。その場合は、上記のGoogleアカウントだけにログインした(他のGoogleアカウントはすべてログアウトした)状態で作業してください。

↑ページのトップに戻る

GA4×Looker Studio(旧データポータル)に関するよくある質問

サポートはありますか?

Googleの公式ヘルプをご利用ください。公式ヘルプにもし答えが見つからない場合は、ヘルプフォーラムから質問を投げることも可能です。必ず回答があるわけではないですが、バグなどの場合はGoogleの社員が回答してくれます。

またインハウスプラスでは、各企業様の課題に合わせて要件定義から実装までを行うカスタムレポート開発(個別見積もりで最低5万円〜)や、GA4やLooker Studioのテクニカルサポート(月1万円〜)などの「データ活用支援サービス」もご提供しています。

顧問として参画いただいているGAの専門家の小川卓さんを含め実績豊富なスペシャリストがサポートしますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

レポートでエラーが発生します

2022年11月にGoogleがGA4のAPI割り当て上限を設定したことで、そのAPI割り当て上限を超えてしまうとエラーが発生します。「GA4×Looker Studio(旧データポータル)API割り当て上限によるデータセットの設定エラーの原因と対応策まとめ」にエラーの解消方法をご紹介しているので、ぜひご覧ください。

ページビュー数を表示したい

GA4ではページビュー数が「表示回数」に名称変更されたので、「表示回数」をご利用ください。

(関連記事)

[GA4] ページビュー数(PV数)を確認する方法 | 日別やページ別の確認方法も解説

ユーザー数を表示したい

GA4には、「合計ユーザー数」「アクティブユーザー」「新規ユーザー」の3つのユーザー指標がありますが、GA4の管理画面でユーザー数として採用されている指標は「アクティブユーザー」となります。そのため、GA4の管理画面と同じ数値を出したい場合は、Looker Studioでも「アクティブユーザー」をご利用ください。

(関連記事)

[UA→GA4] 指標の比較: Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクス

GA4のLooker Studioで利用できるディメンションと指標の一覧

GA4の管理画面とLooker Studioの項目の名称が異なる場合があります。「GA4 ディメンションと指標の日本語名」のブログ内にあるスプレッドシートに以下のように対応表がまとまっているので、ぜひ参考にしてみてください。

セグメント機能は利用できますか?

まだセグメント機能は実装されておりません。フィルタのみ利用可能です。セグメント機能が必要な方は探索レポートをご利用ください。(2023年8月現在)

(関連記事)

GA4レポートの活用ガイド!各レポート機能の特徴を分かりやすく解説

コンバージョン数の表示方法を教えてください

UAでは、各目標ごとのコンバージョン数を選択できましたが、GA4では指標が「コンバージョン」しか存在せず、各目標ごとのコンバージョン数が指標に含まれておりません。詳しい設定方法は、GA4の各目標ごとのコンバージョン数をLooker Studio(旧データポータル)で表示する方法で解説しているので、参考にしてください。

↑ページのトップに戻る

大人気!インハウスプラスのECサイト向けGA4 Looker Studio(旧データポータル)レポートテンプレート

無料トライアル版をお試しいただき使い勝手がよければ、有料版もご利用ください。インハウスプラスの買い切りプランは、GA4だけでなくサーチコンソールGoogle広告に対応した10種類以上のLooker Studioテンプレートが使い放題(今後も続々追加予定)になります。

  • 10種類以上のテンプレートが使い放題で49,800円(今後も続々追加予定)
  • サイト数無制限でレポート作成
  • 複数のGoogleアカウントに紐づくサイトもOK
  • レポートはコピーするだけすぐに完成
  • カスタマイズも自由自在
  • 商用利用可能

インハウスプラスのGA4 Looker Studioレポートテンプレートの特徴を詳しくみる

GA4 EC月次レポートテンプレート for Looker Studio(4008)

月初の面倒な報告用レポートの自動化に使える全67ページのECサイト向けGA4レポートテンプレートです。ECサイトの報告用資料として押さえる内容をすべて網羅。クライアントへの月次報告が必要なECコンサル会社様や、社内向け資料の作成が必要な事業会社のEC担当者様にオススメです。

【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート for Looker Studio(4008)

demo-icon デモレポートを開く

detail-icon レポートの詳細をみる

GA4 EC標準レポートテンプレート for Looker Studio(4012)

レポート自動化でも日々のモニタリングの効率化でも使える全22ページの万能なECサイト向けGA4レポートテンプレートです。ECサイト運営者がGA4で見るべきポイントを押さえた誰でもかんたんに使えるレポートです。GA4をもっと簡単に見たいという全ての方にオススメです。

【買い切り版】GA4 EC標準レポートテンプレート for Looker Studio(4012)のサムネイル画像

demo-icon デモレポートを開く

detail-icon レポートの詳細をみる

GA4 EC分析ダッシュボードテンプレート for Looker Studio(4010)

日々のモニタリングの効率化に使えるLooker StudioのGA4 EC分析ダッシュボードテンプレートです。ECサイト運用者がGA4で見るべきポイントをコンパクトにまとめた誰でもかんたんに使えるダッシュボードです。対象アカウント数無制限。コピーするだけでレポートが完成。パワーアップしたLooker StudioのGoogle公式GA4コネクタで過去データも全期間取得可能。

【買い切り版】GA4 EC分析ダッシュボードテンプレート for Looker Studio(4010)のサムネイル画像

demo-icon デモレポートを開く

detail-icon レポートの詳細をみる

↑ページのトップに戻る

導入社数2,000社突破!Looker Studio(旧データポータル)を活用するならインハウスプラス

インハウスプラスは、様々なニーズに対応するカスタマイズ可能なLooker Studioのレポートテンプレートを豊富にご用意しています。レポート作成を自動化したいけれどゼロから自分でレポートを作成するのが難しい方は、インハウスプラスを使って時間を有効活用しましょう。

GA4やGoogle広告、サーチコンソールなどのGoogle系のレポートは買い切りプランで

買い切りプランは、2,000社以上が利用するインハウスプラスの中でも特にお得なプランです。GA4・サーチコンソール・Google広告に対応。一度の購入でサイト数無制限でレポートが作成でき、レポートもコピーするだけ数分で完成、カスタマイズも自由自在です。またGoogleアナリティクス専門家の小川卓さんに顧問として参画いただき、GA4の仕様変更があった際はテンプレートを随時アップデートしているので、ずっと安心してご利用いただけます。

  • 【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート for Looker Studio(4007)

    【買い切り版】GA4 月次レポートテンプレート for Looker Studio(4007)

    誰でもかんたんにGA4の報告レポートを自動化できる全61ページのGA4レポートテンプレートです。圧倒的なボリュ…

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート for Looker Studio(4008)

    【買い切り版】GA4 EC月次レポートテンプレート for Looker Studio(4008)

    誰でもかんたんにGA4のECサイト向け報告レポートを自動化できる全67ページのLooker Studioレポー…

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 標準レポートテンプレート for Looker Studio(4004)

    【買い切り版】GA4 標準レポートテンプレート for Looker Studio(4004)

    誰でもかんたんに報告レポートを自動化したり日々のモニタリングが効率化できる全18ページの万能なGA4レポートテ…

    もっとみる

  • 【買い切り版】GA4 EC標準レポートテンプレート for Looker Studio(4012)

    【買い切り版】GA4 EC標準レポートテンプレート for Looker Studio(4012)

    誰でもかんたんにECサイト向けの報告レポートを自動化したり日々のモニタリングが効率化できる全22ページの万能な…

    もっとみる

買い切りプランで使える全てのレポートテンプレートを見る

Web広告やSNSレポートはサブスクリプションプラン(Light&Standard)で

サブスクリプションプランは、誰でもかんたんにLooker StudioでWeb広告・SNSレポートを自動化できるプランです。レポートは権限付与するだけ1営業日で高品質なレポートが届き、カスタマイズも自由自在です。また無料のテクニカルサポートも利用できるので、Looker Studioに詳しくない方でも安心してご利用いただけます。

  • 【サブスク版】Web広告レポート for Looker Studio(0009)

    【サブスク版】Web広告レポート for Looker Studio(0009)

    誰でもかんたんに33種類以上の広告媒体データをLooker Studioに一元化して自動化できるWeb広告レポ…

    もっとみる

  • 【サブスク版】Web広告レポート for Googleスプレッドシート(2001)

    【サブスク版】Web広告レポート for Googleスプレッドシート(2001)

    誰でもかんたんに33種類以上の広告媒体データをスプレッドシートに一元化して自動化できるWeb広告レポートです。…

    もっとみる

  • 【サブスク版】Instagramインサイトレポート横型テンプレート for Looker Studio(0010)

    【サブスク版】Instagramインサイトレポート横型テンプレート for Looker Studio(0010)

    InstagramインサイトレポートをLooker Studioで自動化。Instagram Graph AP…

    もっとみる

  • 【サブスク版】Google広告レポートテンプレート(クリエイティブレポート付き) for Looker Studio(0003)

    【サブスク版】Google広告レポートテンプレート(クリエイティブレポート付き) for Looker Studio(0003)

    誰でもかんたんにGoogle広告レポートをLooker Studioで自動化できる全17ページのクリエイティブ…

    もっとみる

サブスクリプションプランで使える全てのレポートを見る

GA4設定代行やカスタマイズレポート開発もお任せください

インハウスプラスでは、GA4の設定代行やテクニカルサポート、各企業様の課題に合わせて要件定義から実装までを行うカスタムレポート開発などの「データ活用支援サービス」もご提供しています。

顧問として参画いただいている小川卓さんを含め実績豊富なスペシャリストがサポートしますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

↑ページのトップに戻る