GA4の目標コンバージョン数をデータポータルで表示する方法のアイキャッチ画像

GA4の各目標ごとのコンバージョン数をGoogleデータポータルで表示する方法

データポータルのコンバージョン指標の扱い方がUAからGA4になって大きく変更

従来のGoogleアナリティクス(UA)のデータポータルでは、各目標ごとのコンバージョン数を選択できましたが、GA4では指標が「コンバージョン」しか存在せず、各目標ごとのコンバージョン数をどう出せばよいかお困りの方も多いのではないでしょうか?この記事では、GA4で各目標ごとのコンバージョン数を表示する方法を画像付きで詳しく解説します。

GA4で設定している目標コンバージョンの合計を表示する方法

まずはじめに、GA4で設定している目標コンバージョンの合計数(UAの「目標の完了数」と同じもの)を表示する方法を念のために確認しておきましょう。

これは非常に簡単で、あらかじめデータソース内に用意されている「コンバージョン」を選択するだけです。

GA4のデータポータルでコンバージョンを選択する
引用:[4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

↑ページのトップに戻る

GA4の特定の目標のコンバージョン数を表示する方法

それでは次に各目標ごとのコンバージョン数を表示させてみましょう。このサイトでは以下の3つのコンバージョンが設定されており、さきほど選んだ指標「コンバージョン」では、この3つの目標コンバージョン数の合計数が表示されています。

  • first_visit
  • begin_checkout
  • purchase

今回は「purchase」に絞ったコンバージョン数に変更してみましょう。

指標でイベント数を選択する

指標は、「コンバージョン」ではなく、「イベント数」を選択します。

GA4の指標のイベント数を選択する
引用:[4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

フィルタで「イベント名」がpurchaseと等しいデータに絞り込む

対象の指標を選択した状態で、「フィルタを追加」を選択する

フィルタを追加を選択する
引用:[4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

その後「フィルタを作成」を選択する

フィルタを作成を選択する
引用:[4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

「イベント名」がpurchaseと等しいデータに絞り込むフィルタを作成し「保存」を選択する

  • 一致条件
  • ディメンション:「イベント名」
  • 条件:次に等しい
  • 値:purchase(絞り込みたいイベント名)
イベント名で絞り込んだフィルタを設定する
引用:[4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

必要に応じて指標名を変更する

今回はpurchaseに絞り込んだので、purchaseに変更しています。

引用:[4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

↑ページのトップに戻る

GA4で設定している目標のコンバージョン数の内訳を表示する方法

最後にGA4で設定している目標コンバージョン数の内訳を表示する方法をご紹介します。これはインハウスプラスの有料版テンプレートの[4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)で実際に設定しているので、その設定方法をご紹介します。

表で「イベント名」ごとの「イベント数」を表示する

以下のように設定する。

  • ディメンション:「イベント名」
  • 指標:「イベント数」
引用:[4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

フィルタで「コンバージョンイベント」がtrueと等しいデータに絞り込む

対象の指標を選択した状態で、以下のようにフィルタを設定すると完成です。

  • 一致条件
  • ディメンション:「コンバージョンイベント」
  • 条件:次に等しい
  • 値:true
引用:[4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

↑ページのトップに戻る

導入企業数1,650社突破!大好評のインハウスプラスのGoogleデータポータルテンプレート

インハウスプラスは、様々なニーズに対応するカスタマイズ可能なGoogleデータポータルテンプレートを豊富にご用意しています。レポート作成を自動化したいけれどゼロから自分でデータポータルのレポートを作成するのが難しい方は、インハウスプラスのデータポータルテンプレートをぜひご利用ください。

GA4などGoogle系媒体はお得な買い切りプランで

GA4・Googleアナリティクス(UA版)・サーチコンソール・Google広告などのGoogleサービスは無料のコネクタ経由でデータ接続できるので、非常にお得な買い切りプランでご提供しています。たった39,800円でプロが作成したすべてのデータポータルテンプレートが使い放題。また今後リリースされるレポートやダッシュボードもすべて利用できるので、ぜひご利用ください。

買い切りプランの新作ダッシュボード&レポートテンプレート一覧(GA4対応)

  • [4010] ECモニタリングダッシュボード(GA4版)

    [4010] ECモニタリングダッシュボード(GA4版)
  • [4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

    [4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)
  • [4008] EC月次レポートテンプレート(GA4版)

    [4008] EC月次レポートテンプレート(GA4版)
  • [4007] アクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)

    [4007] アクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)

買い切りプランで使える全てのレポートテンプレートを見る

ウェブ広告やSNS媒体はサブスクリプションプランで

Facebook広告・Yahoo広告などのGoogle以外のウェブ広告媒体やInstagramなどのSNS媒体は、データ接続のコネクタが用意されていないため、通常は自社のエンジニアに依頼してAPIを使ってデータ取得するか、Supermeticsなどの有料のパートナーコネクタに申し込む必要があります。

インハウスプラスのサブスクリプションプランでは、こういったデータ取得の難易度が高い媒体もデータ取得からレポート作成までを自動化できます。14日間の無料トライアルもご用意しているので、ぜひお試しください。

サブスクリプションプランの人気ダッシュボード&レポート一覧

  • [0001] Instagramインサイトレポート

    [0001] Instagramインサイトレポート
  • [0002] Facebook広告(Instagram広告含む)レポート

    [0002] Facebook広告(Instagram広告含む)レポート
  • [0003] Google広告レポート(バナー画像分析付き)

    [0003] Google広告レポート(バナー画像分析付き)
  • [0004] Yahoo!広告レポート

    [0004] Yahoo!広告レポート
  • [0005] LINE広告レポート

    [0005] LINE広告レポート
  • [0006] Twitter広告レポート

    [0006] Twitter広告レポート

サブスクリプションプランで使える全てのレポートを見る

フルカスタマイズのダッシュボード開発にも対応しています

各企業様のニーズに合わせてカスタマイズしたダッシュボード開発にも対応しておりますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

↑ページのトップに戻る