[GA4] 基本レポートの使い方 | おすすめレポートもご紹介(UAとの比較表付き)

[GA4] 基本レポートの使い方 | おすすめレポートもご紹介(UAとの比較表付き)

※管理画面上では「レポート」ですが、他のGA4レポートと区別するために本記事では「基本レポート」とします。

GA4の基本レポートは、ウェブサイトやアプリの全体感を把握するためのレポートです。この記事では、GA4の基本レポートの概要や見方・使い方を分かりやすくご紹介します。記事内では、おすすめのGA4レポートもご紹介します。UAのレポートとの比較表もつけていますので、UAで見ていたレポートをGA4のどこで見ればよいか分からないという方もぜひ参考にしてください。

GA4で使える他のレポート(探索レポートやLooker Studio、BigQuery)との違いや使い分けは、「【2024年最新】GA4(Googleアナリティクス4)レポート作成ガイド」で詳しく解説しています。

GA4の基本レポートは「レポートのスナップショット」「リアルタイム」「レポートコレクション」で構成される

まずは、基本レポートの構成を説明します。基本レポートは、どのプロパティにも必ず固定で表示される「レポートのスナップショット」「リアルタイム」と、GA4の設定内容に基づいて表示される「レポートコレクション」で構成されます。なお、「レポートコレクション」はカスタマイズをすることで、レポートの追加や削除も可能です。

レポートスナップショットとリアルタイム、レポートコレクション
(引用)GA4のレポート

次のセクションでは、各レポートでできることをひとつずつ見ていきましょう。

レポートのスナップショット

このダッシュボードでは、ユーザーや流入経路、イベント、コンバージョンなどウェブサイトやアプリ全体の状況を一覧で確認することができます。表示する情報は、右上の鉛筆マークを選択するとカスタマイズすることができます。

GA4レポートスナップショット
引用:GA4レポートのスナップショット

リアルタイム

リアルタイムレポートは、ウェブサイトやアプリでのユーザーのアクティビティをリアルタイムで確認できるレポートです。GA4ではデータの反映に4〜8時間程度の時間を要しますが、この機能を利用することで、過去30分間のユーザー情報を分析し、その結果をもとに即座にマーケティング施策の改善を行うことができます。

GA4のリアルタイムレポートの詳しい使い方は、「[GA4] リアルタイムレポートの使い方」をご覧ください。

GA4リアルタイムレポート
引用:GA4レポートのリアルタイム

レポートコレクション

レポートコレクションは、以下5種類のテンプレートの中からGA4の設定内容に基づいて表示されます。通常のウェブサイトやECサイトの場合は、「ユーザー」や「ライフサイクル」、または「ビジネス目標」が表示されていると思います。

  • アプリデベロッパー:Firebaseに接続したアプリのユーザー情報レポート
  • ゲームのレポート:モバイルゲームアプリに特化したレポート
  • ライフサイクル:集客やエンゲージメントに関するレポート
  • ユーザー:ウェブサイトに訪問したユーザーに関するレポート
  • ビジネス目標:GA4の設定時に選択したビジネス目標に関するレポート
GA4のレポートコレクション
(引用)GA4のレポートコレクション

↑ ページのトップに戻る

「レポートコレクション」は「概要レポート」と「詳細レポート」の2種類

「レポートコレクション」の中の各レポートは、「概要レポート」と「詳細レポート」の2種類のレポートに分かれます。以下にそれぞれのレポートの特徴を説明しますので、目的に沿って使い分けましょう。

概要レポート

「概要レポート」は、特定のトピックに関するデータをまとめたサマリレポートです。

例えば、下のキャプチャは集客の概要レポートで、ユーザー数や流入経路、Googleのオーガニック検索キーワードなど集客に関するデータがまとまっています。

GA4の概要レポート
(引用)GA4の概要レポート

詳細レポート

「詳細レポート」は、より詳細なデータを確認するときに利用するレポートです。詳細レポートは、ページ上部の2つのグラフとページ下部の1つの表で構成されます。

例えば、下のキャプチャはトラフィック獲得の詳細レポートで、トラフィックを獲得しているデフォルトチャネル別のユーザー数の日別推移や、内訳の詳細が確認できます。

GA4の詳細レポート
(引用)GA4の概要レポート

↑ページのトップに戻る

GA4の基本レポートの使い方

それではここから基本レポートの使い方をご紹介します。前述の「概要レポート」と「詳細レポート」でできることや使い方が異なるので、それぞれ解説します。

概要レポートの使い方

概要レポートの使い方
(引用)GA4のユーザー属性概要レポート

1. 期間の変更

レポートの期間を変更したり、別の期間のデータとの比較ができます。

2. データ比較

特定のセグメント同士のデータを比較することができます。たとえば、性別ごとでデータを比較できます。

3. 共有とエクスポート

レポートへのリンクを共有したり、レポートをPDFやCSVでダウンロードできます。この機能は、対象のGA4プロパティの編集者と管理者のみ利用可能です。

4. インサイト

機械学習とユーザーが設定した条件を元に自動で分析をしてくれます。

5. カスタマイズ

概要レポートに表示する概要カードをカスタマイズできます。この機能は、対象のGA4プロパティの編集者と管理者のみ利用可能です。また、変更は対象のGA4プロパティのすべてのユーザーに適用されるので、注意して行いましょう。

詳細レポートの使い方

詳細レポートの使い方
(引用)GA4のトラフィック獲得レポート

1. 期間の変更

レポートの期間を変更したり、別の期間のデータとの比較ができます。

2. データ品質

データのしきい値やサンプリングの有無を確認できます。

3. フィルタの適用

特定の条件でデータを絞り込むことができます。

4. データ比較

特定のセグメント同士のデータを比較することができます。たとえば、性別ごとでデータを比較できます。

5. 共有とエクスポート

レポートへのリンクを共有したり、レポートをPDFやCSVでダウンロードできます。この機能は、対象のGA4プロパティの編集者と管理者のみ利用可能です。

6. インサイト

機械学習とユーザーが設定した条件を元に自動で分析をしてくれます。

7. カスタマイズ

レポートに表示されるディメンション、指標、グラフの形式をカスタマイズできます。この機能は、対象のGA4プロパティの編集者と管理者のみ利用可能です。また、変更は対象のGA4プロパティのすべてのユーザーに適用されるので、注意して行いましょう。

8. ディメンションの変更

用意されたディメンションの中から好きなディメンションに変更できます。

9. セカンダリディメンションの追加

用意されたディメンションの中から好きなディメンションを追加し、2つのディメンションの掛け合わせで分析できます。

↑ページのトップに戻る

おすすめのGA4の基本レポート(UAとの比較表付き)

次は、基本レポートの中でも特に見ておくべきおすすめのGA4レポートをご紹介します。UAのレポートとの比較表もつけていますので、UAで見ていたレポートをGA4のどこで見ればよいか分からないという方もぜひ参考にしてください。

ユーザーレポート

ユーザー属性レポート

レポートの場所:左メニューの「レポート」>「ユーザー属性」>「ユーザー属性の詳細」

ユーザー属性レポートでは、ウェブサイトに訪問したユーザーの属性などの情報が確認できます。

デフォルトのディメンションは「国」になっていますが、「国」の右にあるプルダウンをクリックすると、以下のディメンションに切り替えることができます。

  • 地域
  • 市区町村
  • 言語
  • 年齢
  • 性別
  • インタレスト カテゴリ
GA4でユーザー属性を確認する
(引用)GA4のユーザー属性レポート

(参考)UAのユーザー属性レポートに対応するGA4レポートの比較表

UA(ユニバーサルアナリティクス)GA4
ユーザー>ユーザー属性>年齢・性別ユーザー属性>ユーザー属性の詳細>年齢・性別
ユーザー>インタレスト>アフィニティカテゴリユーザー属性>ユーザー属性の詳細>インタレストカテゴリ
ユーザー>地域>言語・地域ユーザー属性>ユーザー属性の詳細>言語・地域

check-icon 年齢や性別の「unknown」について

ユーザー属性データは、Googleアカウントにログインしているユーザーで、さらにクッキーの使用に同意している場合にのみ収集されます。ユーザー属性が不明な場合には「unknown」と表示されることになります。

(関連記事)

 [GA4] ユーザー属性の設定方法 | 年齢・性別データが見れない場合の対処法をわかりやすく解説

デバイスレポート

レポートの場所:左メニューの「レポート」>「テクノロジー」>「ユーザーの環境の詳細」

デバイスレポートでは、ウェブサイトに訪問したユーザーのデバイスやブラウザなど利用環境の情報が確認できます。デフォルトのディメンションは「ブラウザ」になっていますが、「ブラウザ」の右にあるプルダウンをクリックすると、以下のディメンションに切り替えることができます。

  • ブラウザ
  • デバイス カテゴリ
  • デバイスモデル
  • 画面の解像度
  • アプリのバージョン
  • プラットフォーム
  • OS のバージョン
  • プラットフォーム / デバイス カテゴリ
  • オペレーティング システム
  • OS とバージョン
GA4でユーザーの利用デバイスを確認する
(引用)GA4のデバイスレポート

(参考)UAのデバイスレポートに対応するGA4レポートの比較表

UA(ユニバーサルアナリティクス)GA4
ユーザー>モバイル>概要テクノロジー>ユーザーの環境の詳細>デバイスカテゴリ
ユーザー>テクノロジー>ブラウザとOSテクノロジー>ユーザーの環境の詳細>ブラウザ・OS

集客レポート

GA4において、集客レポートが大幅に強化され、新規ユーザー獲得に寄与した流入経路を簡単に評価できるようになりました。UAでは、「モデル比較ツール」を使用したアトリビューション分析により、起点となる流入経路を確認することが可能でしたが、操作が複雑であったため、多くのユーザーが十分に活用することができませんでした。GA4ではこのプロセスが非常に簡単になったので、積極的に活用していきましょう。

トラフィック獲得レポート

レポートの場所:左メニューの「レポート」>「集客」>「トラフィック獲得」

トラフィック獲得レポートは、ウェブサイトやアプリに訪れる全てのトラフィックの流入経路を分析します。これには新規ユーザーだけでなく、リピーターも含まれます。どのチャネルが最も多くトラフィックをもたらしているか、また、どれだけエンゲージメントやコンバージョンにつながっているかといったトラフィックの質を評価します。

デフォルトのディメンションは「セッションのデフォルト チャネル グループ」になっていますが、「セッションのデフォルト チャネル グループ」の右にあるプルダウンをクリックすると、以下のディメンションに切り替えることができます。

  • セッションのデフォルト チャネル グループ
  • セッションの参照元 / メディア
  • セッションのメディア
  • セッションの参照元
  • セッションのキャンペーン
  • セッションの参照元プラットフォーム

※各ディメンションの意味は、「[GA4] トラフィック獲得レポート」をご覧ください。

GA4でセッションのチャネルを確認する
(引用)GA4のトラフィック獲得レポート

ユーザー獲得レポート

レポートの場所:左メニューの「レポート」>「集客」>「ユーザ獲得」

ユーザー獲得レポートは、どの流入経路で新規ユーザーを獲得したかを確認できます。どのチャネルが多く新規ユーザーをもたらしているか、また、それらのユーザーがどれだけエンゲージメントやコンバージョンにつながっているかといったユーザーの質を評価します。

デフォルトのディメンションは「セッションのデフォルト チャネル グループ」になっていますが、「セッションのデフォルト チャネル グループ」の右にあるプルダウンをクリックすると、以下のディメンションに切り替えることができます。

  • 最初のユーザーのデフォルト チャネル グループ
  • ユーザーの最初の参照元 / メディア
  • ユーザーの最初のメディア
  • ユーザーの最初の参照元
  • ユーザーの最初のキャンペーン
  • ユーザーの最初の参照元プラットフォーム
  • 最初のユーザーのGoogle広告の広告ネットワークタイプ
  • 最初のユーザーのGoogle広告の広告グループ名

※各ディメンションの意味は、「[GA4] ユーザー獲得レポート」をご覧ください。

GA4でユーザーの最初のチャネルを確認する
(引用)GA4のユーザー獲得レポート

Google広告キャンペーンレポート

レポートの場所:左メニューの「レポート」>「集客」>「集客サマリ」>「Gogle広告キャンペーンを表示」

Google広告キャンペーンレポートは、GA4とGoogle広告アカウントをリンクすることで、Google広告のパフォーマンスをGA4で確認することができます。

デフォルトのディメンションは「セッションのGoogle広告キャンペーン」になっていますが、「セッションのGoogle広告キャンペーン」の右にあるプルダウンをクリックすると、以下のディメンションに切り替えることができます。

  • セッションのGoogle広告キャンペーン
  • セッションのGoogle広告グループ名
  • セッションのGoogle広告キーワードのテキスト
  • セッションのGoogle広告クエリ
  • セッションのGoogle広告ネットワークタイプ
  • セッションのGoogle広告アカウント名

※各ディメンションの意味は、「[GA4] Google 広告キャンペーン レポート」をご覧ください。

Google広告キャンペーンレポート
(引用)Google広告キャンペーンレポート

サーチコンソールレポート

レポートの場所:左メニューの「レポート」>「Search Console」

サーチコンソールレポートは、GA4とサーチコンソールをリンクすることで、Googleオーガニック検索のキーワードやランディングページ別のパフォーマンスをGA4で確認することができます。

特にGoogleオーガニック検索ランディングページレポートでは、各ランディングページからどれだけコンバージョンに貢献しているかが確認できるので、SEOに取り組まれている方は積極的に活用しましょう。

サーチコンソールのクエリレポート
(引用)Googleオーガニック検索クエリレポート
サーチコンソールのページレポート
(引用)Googleオーガニック検索ランディングページレポート

(参考)UAの代表的な集客レポートに対応するGA4レポートの比較表

UA(ユニバーサルアナリティクス)GA4
集客>すべてのトラフィック>チャネル集客>トラフィック獲得>セッションのデフォルト チャネル グループ
集客>すべてのトラフィック>参照元 / メディア集客>トラフィック獲得>セッションの参照元 / メディア
集客>すべてのトラフィック>キャンペーン集客>トラフィック獲得>セッションのキャンペーン
集客>Google広告集客>集客サマリ>Google広告キャンペーン
集客>Search ConsoleSearch Console

エンゲージメントレポート

ランディングページレポート

レポートの場所:左メニューの「レポート」>「エンゲージメント」>「ランディングページ」

ランディングページは、ウェブサイトに訪問したユーザーが最初に訪れたページのことです。ランディングページレポートでは、どのランディングページが最も多くトラフィックをもたらしているか、また、どれだけエンゲージメントやコンバージョンにつながっているかを評価することができます。

これを把握することで、どんなニーズを持ったユーザーがサイトに訪問しているかを理解することができ、またトラフィックを多く集めているが、コンバージョンにつながっていないページを修正することでより多くのコンバージョンを獲得することができます。

GA4でランディングページを確認する
(引用)GA4のランディングページレポート

(関連記事)

[GA4] ランディングページ分析方法とLooker Studioを使ったレポート作成方法

ページとスクリーンレポート

レポートの場所:左メニューの「レポート」>「エンゲージメント」>「ページとスクリーン」

ページとスクリーンレポートでは、どのページがよく見られているか、またどれだけエンゲージメントにつながっているかを評価することができます。

ページとスクリーンレポート
(引用)GA4のページレポート

(参考)UAの代表的なエンゲージメントレポートに対応するGA4レポートの比較表

UA(ユニバーサルアナリティクス)GA4
行動>サイトコンテンツ>すべてのページエンゲージメント>ページとスクリーン
行動>サイトコンテンツ>ランディングページエンゲージメント>ランディングページ

コンバージョンレポート

コンバージョンレポート

レポートの場所:左メニューの「レポート」>「エンゲージメント」>「コンバージョン」

コンバージョンレポートでは、コンバージョンとして設定しているイベントごとのコンバージョン数が確認できます。

当然ですが、コンバージョンの設定に不備があると正しくコンバージョンレポートが表示されません。特に、コンバージョンのカウント方法をGoogleが推奨している「イベントごとに1回」のままにしておくと、ユーザーが目標ページを何度もリロードし、1回のセッションで5件のコンバージョンを達成した場合、コンバージョンが5回カウントされてしまいます。

設定に不安がある方は、「[GA4] コンバージョン設定方法を分かりやすく解説 | 設定手順から計測されない場合の対処法まで」で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

GA4でコンバージョン数を確認する
(引用)GA4のコンバージョンレポート

(参考)UAの代表的なコンバージョンレポートに対応するGA4レポートの比較表

UA(ユニバーサルアナリティクス)GA4
コンバージョン>目標>概要エンゲージメント>コンバージョン
コンバージョン>マルチチャネル>コンバージョン経路広告>コンバージョン経路
コンバージョン>目標>ゴールフロー探索>経路データ探索
コンバージョン>目標>目標到達プロセス探索>ファネルデータ探索

収益化(eコマース)レポート

eコマースサマリレポート

レポートの場所:左メニューの「レポート」>「収益化」>「概要」

収益化(eコマース)レポートでは、どのチャネル、参照元/メディア、キャンペーン、デバイス、ユーザー属性、地域が最も収益を上げているかを確認できるだけでなく、どの商品がよく売れているかも可視化できます。

eコマースレポート
(引用)GA4のeコマースレポート

(参考)UAの代表的なeコマースレポートに対応するGA4レポートの比較表

UA(ユニバーサルアナリティクス)GA4
コンバージョン>eコマース>概要収益化>概要
コンバージョン>eコマース>商品の販売状況収益化>eコマース購入数

↑ページのトップに戻る

誰が見ても分かりやすいGA4レポート作成ならLooker Studio

これまで「基本レポート」の使い方を解説してきましたが、「基本レポート」は、レポート項目(ディメンションや指標)のカスタマイズ方法が複雑なことや、デザインの自由度が低いため、あくまでも担当者が全体の状況を理解することに特化したレポートになります。

誰が見ても分かりやすいGA4レポートを作成するなら、項目のカスタマイズも簡単で、デザインの自由度も高いGoogleの提供するLooker Studioがおすすめです。

Looker Studioは無料で高機能な素晴らしいツールである一方、使いこなすようになるまでに少し時間が必要ですが、テンプレートを使えばあらかじめ出来上がったテンプレートをベースに必要な部分だけをカスタマイズするだけで良いので、自分でゼロからレポートを作るよりも遥かに短い時間で高いクオリティのレポートが作成できます。

テンプレートはウェブ上に無料から有料のものまで様々なものがありますが、高品質なテンプレートをお探しの方は2,000社以上が利用するインハウスプラスの買い切りプランのLooker Studioテンプレートをご利用ください。一度の購入でサイト数無制限でレポートが作成でき、レポートもコピーするだけ数分で完成、カスタマイズも自由自在です。またウェブアナリストの第一人者の小川卓さんに顧問として参画いただき、GA4など媒体側の仕様変更があった際はテンプレートを随時アップデートしているので、ずっと安心してご利用いただけます。

人気テンプレート:クライアントや社内への報告用レポートとして人気のGA4 月次レポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

人気テンプレート:日々の数値チェックが簡単になるGA4 標準レポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

↑ページのトップに戻る

関連するGoogle公式ドキュメント

Google公式アナリティクスヘルプ:[GA4] サマリー レポートと「レポートのスナップショット」をカスタマイズする

↑ページのトップに戻る

GA4のカスタムダッシュボード・レポート開発や使い方のレクチャーも行なっています

インハウスプラスは、各企業様の課題に合わせて要件定義から実装までを行うGA4のLooker Studioを使ったカスタムダッシュボード・レポート開発や、GA4のテクニカルサポートなどの「GA4のデータ活用支援サービス」もご提供しています。

顧問として参画いただいているGAの専門家の小川卓さんを含め実績豊富なスペシャリストがサポートしますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

↑ページのトップに戻る

GA4レポートのおすすめ記事

↑ページのトップに戻る