【GA4】標準レポートの使い方 | カスタマイズ方法も詳しく解説

[GA4] 標準レポートの使い方 | カスタマイズ方法も詳しく解説

GA4の「標準レポート」は、ウェブサイトやアプリの全体感を把握するためのレポートです。この記事では、「標準レポート」の種類や使い方を分かりやすくご紹介します。カスタマイズする方法も解説するので、自社にあったレポートを作成しましょう。

GA4に存在する様々な種類レポート機能を目的別にどう使い分けるかは、「GA4レポートの活用ガイド!各レポート機能の特徴を分かりやすく解説」で解説していますので、あわせてご覧ください。

標準レポートの種類

「標準レポート」で確認できる内容は以下の4つです。

レポートのスナップショット

このダッシュボードでは、ユーザーや流入経路、イベント、コンバージョンなどウェブサイトやアプリ全体の状況を一覧で確認することができます。表示する情報は、右上の鉛筆マークを選択するとカスタマイズすることができます。

カスタマイズは、事前に決められたカードから選択する形と、自分でカードを作成する形の2種類が用意されています。上手くカスタマイズして、自社にあったレポートを作成しておきましょう。

「レポートのスナップショット」と「概要レポート」のカスタマイズ方法

GA4レポートスナップショット
引用:GA4レポートのスナップショット

リアルタイム

この機能では、直近30分のユーザー情報をリアルタイムで更新されます。重要なキャンペーンなどで初速を確認し、すぐに改善施策を実施したい時などに利用できます。なお、表示する情報は変更できません。

GA4リアルタイムレポート
引用:GA4レポートのリアルタイム

ユーザー

このレポートでは、ユーザー属性(地域、性別、年齢など)やデバイス別のデータを見ることができます。どんなユーザーがサイトに来ているのかを把握することができます。

GA4ユーザー
引用:GA4レポートのユーザー属性の概要

ライフサイクル

このレポートでは、ユーザーがどのような経路でサイトに来て、サイト内でどのような行動をしているかを確認することができます。たとえば、どれくらいの人が検索エンジンからサイトにアクセスしているのか、トップページはどれくらいの回数アクセスされているのかなどがわかります。また、コンバージョンや売上収益の状況もここで確認することができます。

GA4ライフサイクル
引用:GA4レポートの集客の概要

↑ ページのトップに戻る

標準レポートの使い方

次に、「標準レポート」でよく利用する4つの機能の使い方を解説します。

ディメンション項目の変更

デフォルトで表示されているレポートのディメンション項目を変更することができます。例として、「セッションのデフォルトチャネルグループ」から「セッションの参照元 / メディア」に変更する方法を解説します。

手順1

メニューの「トラフィック獲得」を選択した後、「セッションのデフォルトチャネルグループ」のプルダウンを選択します。

基本レポート項目の変更
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

手順2

選択肢の中から「セッションの参照元 / メディア」を選択すると、以下のキャプチャのように、ディメンションが「セッションの参照元 / メディア」に変更され、流入経路の詳細が確認できます。

基本レポート項目の変更2
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

セカンダリディメンションの追加

表示されているディメンション項目にもう1つ別のディメンション項目を追加して、2つの軸を掛け合わせて分析することができます。例として、さきほど設定した「セッションの参照元 / メディア」に「ランディングページ」を掛け合わせてみましょう。

手順1

表示されているディメンション項目(例は「セッションの参照元 / メディア」)の右にある「+」ボタンを選択します。

基本レポートのセカンダリディメンション
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

手順2

「ページ / スクリーン」を選択した後、「ランディングページ + クエリ文字列」を選択すると、以下のキャプチャのように、流入経路の詳細×ランディングページごとの成果が確認できます。

基本レポートのセカンダリディメンション2
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

期間の変更

レポートの期間を変更できます。特定の期間との比較も可能です。例として、デフォルトの「直近28日間」を「2023年7月」に変更してみましょう。

手順1

右上の期間を選択します。

基本レポートの期間変更
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

手順2

「カスタム」を選択した後、開始日を「2023年7月1日」に、終了日を「2023年7月31日」を選択して「適用」を選択すると、レポートの期間が変更されます。

基本レポートの期間変更2
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

データ比較

特定のセグメント同士のデータを比較することができます。例として、「トラフィック獲得」のレポートで「すべてのユーザー」と「モバイルユーザー」を比較してみましょう。

手順1

右上のチャートに編集マークがついているアイコンを選択します。

基本レポートのデータ比較
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

手順2

「新しい比較を追加」を選択します。

基本レポートのデータ比較2
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

手順3

ディメンション、マッチタイプ、値を以下のように設定します。

  • ディメンション:デバイス カテゴリ
  • マッチタイプ:完全一致
  • 値:mobile
基本レポートのデータ比較3
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

設定完了後、「適用」を選択すると、以下のキャプチャのように「すべてのユーザー」と「モバイルユーザー」の比較ができるようになります。

基本レポートのデータ比較4
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

↑ ページのトップに戻る

よく見るおすすめの標準レポート3選

「標準レポート」で利用頻度の高いレポートを3つご紹介します。

ユーザー属性の詳細

レポートの場所:「レポート」>「ユーザー」>「ユーザー属性」>「ユーザー属性の詳細」

このレポートは、ユーザーの性別や年齢、地域などの属性データを確認できます。

デフォルトでは、「国」ごとのパフォーマンスが表示されていますが、ディメンション項目の変更で「地域(都道府県)」「市区町村」「言語」「年齢」「性別」「インタレストカテゴリ」に切り替えてデータを確認することができます。

GA4のユーザー属性の詳細
引用:GA4レポートのユーザー属性の詳細

トラフィック獲得

レポートの場所:「レポート」>「ライフサイクル」>「集客」>「トラフィック獲得」

このレポートは、セッションやコンバージョンの流入経路を確認できます。

デフォルトでは、「セッションのデフォルト チャネル グループ」ごとのパフォーマンスが表示されていますが、ディメンション項目の変更で「セッションの参照元 / メディア」「セッションのメディア」「セッションの参照元」「セッションの参照プラットフォーム」「セッションのキャンペーン」に切り替えてデータを確認することができます。

GA4のトラフィック獲得
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

ページとスクリーン

レポートの場所:「レポート」>「ライフサイクル」>「エンゲージメント」>「ページとスクリーン」

このレポートは、よく見られているページが確認できます。

デフォルトでは、「ページパスとスクリーンクラス」ごとのパフォーマンスが表示されていますが、ディメンション項目の変更で「ページタイトルとスクリーンクラス」「ページタイトルとスクリーン名」「コンテンツグループ」に切り替えてデータを確認することができます。

なお、「ページタイトルとスクリーンクラス」と「ページタイトルとスクリーン名」はウェブサイトの場合はどちらを使っても「ページタイトル」が表示されます。「スクリーンクラス」と「スクリーン名」はアプリ専用のディメンションになるので、アプリ計測にGA4を利用している場合のみご注意ください。

GA4のページとスクリーン
引用:GA4レポートのページとスクリーン

↑ページのトップに戻る

標準レポートのカスタマイズ方法

ここから、標準レポートのカスタマイズ方法をご紹介していきます。標準レポートをカスタマイズする際は、以下の点に注意して進めましょう。

  • カスタマイズをする際は、対象のGA4プロパティの「管理者」または「編集者」権限が必要です。
  • カスタマイズすると、対象のGA4プロパティを利用するすべてのユーザーに影響します。

「レポートのスナップショット」と「概要(サマリ)レポート」のカスタマイズ

カードの追加や削除、並べ替えをしてみましょう。

手順1

右上の鉛筆マークのアイコンを選択します。

レポートのスナップショットのカスタマイズ
引用:GA4レポートのスナップショット

手順2

カードの追加や削除、並べ替えを行います。

  • 追加:「+カードの追加」を選択
  • 削除:各カードの右にある「×」を選択
  • 並べ替え:各カードの左にある「ドット」をドラッグ&ドロップで移動
レポートのスナップショットのカスタマイズ(カード)
引用:GA4レポートのスナップショット

カードの追加は、下のキャプチャのように事前に決められたカードの中からチェックをいれて、右上の「カードを追加」を選択すると追加できます。

また詳細レポートをカスタマイズすることで、自分で好きなカードを作成して追加することもできます。

レポートのスナップショットのカスタマイズ(カード追加)
引用:GA4レポートのスナップショット

手順3

カスタマイズが完了したら、以下のどちらかを選択して保存しましょう。なお、「現在のレポートへの変更を保存」を選択すると、元のバージョンに戻せないので「新しいレポートとして保存」がおすすめです。

  • 現在のレポートへの変更を保存
  • 新しいレポートとして保存
レポートのスナップショットのカスタマイズ(保存)
引用:GA4レポートのスナップショット

「詳細レポート」のカスタマイズ

次は、詳細レポートのカスタマイズ方法です。

手順1

右上の鉛筆マークのアイコンを選択します。

詳細レポートのカスタマイズ
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

手順2

データ項目の追加や削除をはじめ、フィルタ追加やグラフ形式の変更などを行います。

詳細レポートのカスタマイズ(メニュー)
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

1. ディメンション
2. 指標

ディメンションや指標の追加や削除、並べ替えを行います。

  • 追加:「+ディメンション/指標の追加」を選択
  • 削除:各カードの右にある「×」を選択
  • 並べ替え:各カードの左にある「ドット」をドラッグ&ドロップで移動

3. フィルタ

ディメンションを使ってレポートにフィルタを5個まで適用できます。

4. グラフ

グラフの形式を下の3の中から選択できます。また目のアイコンを選択すると非表示にすることもできます。

  • 棒グラフ
  • 散布図
  • 折れ線グラフ

5. 新しいカードを作成

レポートのスナップショット」や「概要(サマリ)レポート」に追加できる新しいカードを作成できます。詳しい手順は、次の「詳細レポートから新しいカードを作成」で解説します。

「詳細レポート」から「新しいカード」を作成

手順1

一つ前の章でご紹介した「詳細レポート」のカスタマイズ画面の「+新しいカードを作成」を選択します。

詳細レポートのカスタマイズ(メニュー)
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

手順2

以下の項目を設定し、カードとして作成したいレポートを設定し、「適用」を選択します。

  • ディメンションのプルダウン
  • 指標のプルダウン
  • ビジュアライゼーション(棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフ、表)
  • カードフィルタ
詳細レポートから新しいカードを作成
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

手順3

カードを作成すると、「レポートのスナップショット」と「概要(サマリ)レポート」のカスタマイズで「+カードを追加」を選択すると、下のキャプチャのように一覧の中に追加され、追加可能になります。

詳細レポートから新しいカードを作成2
引用:GA4レポートのトラフィック獲得

「ライブラリ」でレポートメニューのカスタマイズ

GA4の「標準レポート」では、メニューを自由にカスタマイズすることができます。実際のカスタマイズ方法を説明する前に、メニューを構成している3つの要素を覚えておきましょう。例として「集客」を参考に説明します。

  • コレクション:「ライフサイクル」
  • トピック:「集客」
  • レポート:「概要」「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」
メニューのカスタマイズ
引用:GA4レポートのスナップショット

手順1

メニュー構成要素を理解したら、実際にメニューのカスタマイズをしていきましょう。まずは、「ライブラリ」を選択します。

メニューのカスタマイズ2
引用:GA4レポートのライブラリ

手順2

「新しいコレクションを作成」を選択して、メニューに新しいコレクションを追加してみましょう。

メニューのカスタマイズ3
引用:GA4レポートのライブラリ

手順3

今回はテンプレートから「ビジネス目標」を選択します。

メニューのカスタマイズ4
引用:GA4レポートのライブラリ

手順4

項目は変更可能ですが、今回はこのまま「保存」を選択します。その後、画面左上にある「戻る」を選択します。

メニューのカスタマイズ7
引用:GA4レポートのライブラリ

手順5

これで「ビジネス目標」のコレクションが「ライブラリ」に追加されました。この状態ではまだメニューには追加されていないので、下のキャプチャのように「公開」を選択します。

メニューのカスタマイズ5
引用:GA4レポートのライブラリ

これでメニューに「ビジネス目標」のコレクションを追加することができました。

メニューのカスタマイズ6
引用:GA4レポートのライブラリ

↑ページのトップに戻る

誰が見ても分かりやすいGA4レポート作成ならLooker Studio

これまで「標準レポート」の使い方を解説してきましたが、「標準レポート」は、レポート項目(ディメンションや指標)のカスタマイズ方法が複雑なことや、デザインの自由度が低いため、あくまでも担当者が全体の状況を理解することに特化したレポートになります。

誰が見ても分かりやすいGA4レポートを作成するなら、項目のカスタマイズも簡単で、デザインの自由度も高いGoogleの提供するLooker Studioがおすすめです。

【無料テンプレあり】GA4 Looker Studioテンプレート」で、2,000社以上が利用するインハウスプラスの中でも大人気のGA4 Looker Studioテンプレートの無料トライアル版のテンプレートをご紹介しています。完全無料ですぐに利用できるので、誰が見ても分かりやすいGA4レポートの作成でお悩みの方は、ぜひ一度お試しください。

GA4 標準レポートテンプレート for Looker Studio(4004)
(実際のレポートイメージ)

↑ページのトップに戻る

関連するGoogle公式ドキュメント

Google公式アナリティクスヘルプ:[GA4] サマリー レポートと「レポートのスナップショット」をカスタマイズする

こちらの記事もおすすめ

↑ページのトップに戻る