[GA4] ユーザー属性の設定方法 | 年齢・性別データが見れない場合の対処法をわかりやすく解説

[GA4] ユーザー属性の設定方法 | 年齢・性別データが見れない場合の対処法をわかりやすく解説

この記事では、GA4でユーザーの年齢や性別、地域などを確認できるユーザー属性について分かりやすく解説します。ユーザー属性データを取得するための設定方法から、データが表示されない場合の対処法、そしてユーザー属性レポートの確認方法に至るまで、順を追って説明しています。この記事を読むことで、GA4のユーザー属性について深く理解し、効果的に分析できるようになります。

また、GA4のユーザーの年齢や性別、地域などの属性データを簡単に確認したい方や分かりやすいGA4レポートを作成したい方には、2,000社以上が利用するインハウスプラスの買い切りプランのGA4レポートテンプレートがオススメです。このテンプレートは、一度の購入でサイト数無制限にレポートを作成でき、数分で簡単にレポートが完成し、カスタマイズも自由に行えます。また、GA4の専門家である小川卓さんが顧問として参画しており、GA4の仕様変更に合わせてテンプレートを随時アップデートしていますので、ずっと安心してご利用いただけます。

人気テンプレート:クライアントや社内への報告用レポートとして人気のGA4 月次レポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

人気テンプレート:日々の数値チェックが簡単になるGA4 標準レポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

GA4のユーザー属性とは?

ユーザー属性とは、Webサイトやアプリに訪問したユーザーの属性データです。これには年齢、性別、地域、興味・関心などが含まれます。GA4では、これらの属性データを活用してより詳細な分析を行うことができます。

ユーザー属性データを収集するためには、Googleシグナルを有効にする必要があります。また注意すべき点として、ユーザー属性データは、Googleアカウントにログインしているユーザーで、さらにクッキーの使用に同意している場合にのみ収集されます。ユーザー属性が不明な場合には「unknown」と表示されることになります。

↑ページのトップに戻る

Googleシグナルを有効にする方法

設定はとても簡単です。GA4のメニューから「管理」>「データの収集と表示」>「データの収集」を選択すると以下の画面が表示されますので、「Googleシグナルのデータ収集」右にあるチェックボックスを有効にするだけで完了します。

Googleシグナルを有効にする
(引用)GA4管理画面

↑ページのトップに戻る

GA4で年齢や性別などのユーザー属性レポートを確認する方法

左メニューの「レポート」>「ユーザー属性」>「ユーザー属性の詳細」を選択すると、ユーザーの属性情報が確認できます。

デフォルトのディメンションは「国」になっていますが、「国」の右にあるプルダウンをクリックすると、以下のディメンションに切り替えることができます。

  • 地域
  • 市区町村
  • 言語
  • 年齢
  • 性別
  • インタレスト カテゴリ
GA4でユーザー属性を確認する
(引用)GA4の標準レポート

↑ページのトップに戻る

GA4のユーザー属性が見れない場合の対処方法

Googleシグナルが有効になっているかを確認する

冒頭でご説明した通り、「Googleシグナル」がオンになっていないとユーザー属性データは収集されません。

市区町村データが(not set)になる場合は、データのしきい値が適用されていないかを確認する

市区町村のディメンションを使うと、上位に(not set)が表示される場合があります。

これは、GA4はユーザープライバシーを重視しており、特定の個人を識別できる可能性があるデータはレポートから除外されることがあります。これを「データのしきい値」と呼びます。データ量が少ない時に、このしきい値が適用されやすくなります。レポートの対象期間を長くすることでしきい値の適用が緩和されるので、試してみましょう。

年齢や性別データがunknownになる場合は、取得できているデータで分析する

ユーザー属性データは、Googleアカウントにログインしているユーザーで、さらにクッキーの使用に同意している場合にのみ収集されます。ユーザー属性が不明な場合には「unknown」と表示されることになります。

年齢や性別データは、傾向値を把握するためのものなので、unknownがあるという理由は分析できない理由にはなりません。取得できているデータを使って分析するようにしましょう。

↑ページのトップに戻る

関連するGoogle公式ドキュメント

Google公式アナリティクスヘルプ:[GA4] ユーザー属性の詳細レポート

↑ページのトップに戻る

GA4のカスタムダッシュボード・レポート開発や使い方のレクチャーも行なっています

インハウスプラスは、各企業様の課題に合わせて要件定義から実装までを行うGA4のLooker Studioを使ったカスタムダッシュボード・レポート開発や、GA4のテクニカルサポートなどの「GA4のデータ活用支援サービス」もご提供しています。

顧問として参画いただいているGAの専門家の小川卓さんを含め実績豊富なスペシャリストがサポートしますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

↑ページのトップに戻る

GA4のおすすめ記事

GA4全般や設定に関するおすすめ記事

GA4レポートに関するおすすめ記事

↑ページのトップに戻る