Googleデータポータルでサーチコンソールのレポートを作成する方法

はじめに

数値データを瞬時にグラフ化し、レポートとしてまとめることができる「データポータル」。ここでは、データポータルでGoogleサーチコンソールのデータを可視化する方法を分かりやすく解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

手順は大きく分けて次の2つです。

  1. Googleサーチコンソールと連携する
  2. レポートを作成する

では、さっそく行っていきましょう。

ステップ1|Googleサーチコンソールと連携する

Googleサーチコンソールのデータをグラフ化するためには、データポータルとGoogleサーチコンソールを連携させる必要があります。連携は以下の手順で行います。

1.データポータルへログインし画面左上の [作成] を選択

2.いくつか選択肢が表示されるため、ここで [データソース] を選択

3.データポータルでデータを可視化することのできるサービス一覧が表示されます。
ここでは [Search Console] を選択します。

4.対象のサイトが表示されますので、データを可視化したいサイト名 > 表示したいデータの順に選択していきましょう。そして最後に画面右上の [接続] をクリックします。

6.このような画面が表示されたら、無事接続完了です。

上記画面ではフィールド名やデータタイプ(テキストなのか数値なのか等)を編集することができます。例えば、フィールド名「Country」を「Japan」に変更したりすることが可能です。

また、画面上部の [データの認証情報] では、データソースへのアクセスに誰の認証情報を設定するか?を選択することができます。基本的にはデフォルト(オーナー)のままでいいでしょう。

ステップ2|レポートを作成する

データソースを作成できたら、次はこれを基にレポートを作成していきます。レポートの作成は以下の手順で行います。

1.先ほどの画面から右上の [レポートを作成] を選択

2.ポップアップ画面の [レポートに追加] をクリック

3.[グラフを追加] からグラフを追加しレポートを作成する
※「挿入」タブからでもOK

グラフ以外にも、テキストや画像を挿入することができます。見てのとおりGoogleドキュメントやWordと同じようなフォーマットなので、すぐに慣れるでしょう。

また、画面右の「テーマとレイアウト」からはさまざまなテーマを選択することができるため、レポートの雰囲気をガラッと変えたいときに使用するのがおすすめです。

こちらは一例ですが、例えば次のようなレポートを作成することが可能です。

(画像をクリックすると、Googleデータポータルのテンプレートが開きます)

4.レポートを共有またはダウンロードする

作成したレポートは画面右上の [共有] からレポートのリンクを取得して共有、またはダウンロードすることができます。

ダウンロードしたレポートはPDF形式で閲覧することができます。

注意点

Googleサーチコンソールでは、「サイトのインプレッション」と「URLのインプレッション」の2種類の集計方法をしようしています。データポータルでもデータソースを作成する際、この2つの集計方法から選択することができます。

ただし、1つのデータソースに2種類の集計方法を併用することはできませんので、ご注意ください。

最後に

in-house+(インハウスプラス)では、美しくわかりやすいデザインで、マーケティングの効果を一目で把握できるマーケティングテンプレートをご提供しています。

Googleデータポータルは、無料で高機能な素晴らしいソフトウェア(おそらく世界で最も費用対効果の高いBIツール)である一方、他のGoogle製品と同じくサポートがなく使いこなすのが難しいため、初心者の方でもゼロから作る必要がなく、すぐに使いこなせる豊富なマーケティングテンプレートを用意しています。

2020年1月リリース以降、事業会社のマーケターや広告代理店、制作会社のみなさまを中心に約30,000ユーザーさまにご利用いただいているテンプレートを是非一度お試しくださいませ。

データポータルのテンプレートギャラリーを見る