GA4でランディングページ分析をする方法のアイキャッチ画像

GA4のランディングページ分析方法とデータポータルでのレポート作成方法

この記事ではGA4でランディングページ分析をする方法について解説します。「GA4 ランディングページ」と検索して出てくる記事の中には、GA4はランディングページのディメンションが使えないといった古い情報が掲載されていますが、現在GA4にはランディングページのディメンションが追加されています(2022年6月現在)

GA4の標準レポート画面でチャネル×ランディングページ分析をする方法

標準レポートの方では、チャネル×ランディングページの分析ができます。ランディングページ単体の分析は探索レポートでランディングページ分析をする方法を参照ください。

集客レポートを開く

まずはじめにGA4の管理画面からレポート>集客>トラフィック獲得を選択し、この画面を開きます。

GA4のトラフィック獲得レポート画面
引用:GA4のトラフィック獲得レポート画面

セカンダリディメンションにランディングページを追加する

セッションのデフォルトチャネルグループの横の「+」を選択し、ページ/スクリーン>ランディングページを選択します。

トラフィック獲得レポートのセカンダリディメンションにランディングページを追加
引用:GA4のトラフィック獲得レポート画面

チャネル×ランディングページのパフォーマンスが表示される

これでチャネル×ランディングページごとのユーザー数やコンバージョン数が集計できるようになりました。なお、「セッションのデフォルトチャネルグループ」はドリルダウンできるので、参照元やメディアなどに切り替えることもできます。

チャネル×ランディングページのレポートを表示
引用:GA4のトラフィック獲得レポート画面

↑ページのトップに戻る

探索レポートでランディングページ分析をする方法

つぎにより自由度の高い探索レポートでランディングページ分析をする方法を解説します。

探索レポートを開く

まずはじめにGA4の管理画面から探索>空白を選択します。

探索レポートを開く
引用:GA4の探索レポートTOP画面

レポートに表示する項目を設定する

探索レポートは変数の列でレポートに表示する項目を追加、その追加した項目がレポートの項目として利用できる仕様になっているので、まずはレポートに表示する項目を追加しましょう。

探索レポートで項目を設定する
引用:GA4の探索レポート画面

今回は例として以下を設定します。キャプチャがディメンションに「ランディングページ」を追加する手順なので、同じ方法で指標も追加しておきましょう。

  • ディメンション:ランディングページ
  • 指標:ユーザーの合計数、セッション、コンバージョン
ディメンションにランディングページを追加
引用:GA4の探索レポート画面

この画面のように必要な項目が表示されたら準備完了です。

変数に必要な項目を設定する
引用:GA4の探索レポート画面

レポートのタブの設定に項目を追加するとレポートが完成する

行にディメンションで設定した「ランディングページ」を設定し、値に指標で設定した「ユーザーの合計数」「セッション」「コンバージョン」を設定すると、キャプチャのようにランディングページごとのセッション数やコンバージョン数が分析できるようになりました。

項目を設定するとランディングページレポートが完成する
引用:GA4のトラフィック獲得レポート画面

↑ページのトップに戻る

Googleデータポータルでランディングページレポートを作成する方法

最後にGoogleデータポータルのランディングページレポート作成方法を解説します。現時点ではデータポータルにまだ「ランディングページ」のディメンションが追加されていないため、代替手段として「ページ」ディメンションとフィルタを使って実装するためにコンバージョン数が表示できない点に注意が必要です(2022年6月時点)。なお、今後「ランディングページ」ディメンションは高い確率で追加されると予想されるため、それまではこの方法で暫定対応するのがオススメです。

データポータルのランディングページレポート
引用:[4007]アクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)
※画像をクリックすると大きい画面でデータポータルレポートが開きます

ディメンションにページ階層とページタイトル、指標にセッションとエンゲージメント率を選択する

項目は自由に追加削除可能です。なお、ページURLを表示する際は「ページ階層」ディメンションを利用しましょう。

データポータルの編集画面で項目を設定する
引用:Googleデータポータルの編集画面

フィルタでイベントがsession_startと等しいものに絞り込む

セッション開始イベントを意味する「session_start」で絞り込むと、セッションが開始したページ=ランディングページのアクセスレポートが完成します。

引用:Googleデータポータルの編集画面

↑ページのトップに戻る

導入企業数1,650社突破!大好評のインハウスプラスのGoogleデータポータルテンプレート

インハウスプラスは、様々なニーズに対応するカスタマイズ可能なGoogleデータポータルテンプレートを豊富にご用意しています。レポート作成を自動化したいけれどゼロから自分でデータポータルのレポートを作成するのが難しい方は、インハウスプラスのデータポータルテンプレートをぜひご利用ください。

GA4などGoogle系媒体はお得な買い切りプランで

GA4・Googleアナリティクス(UA版)・サーチコンソール・Google広告などのGoogleサービスは無料のコネクタ経由でデータ接続できるので、非常にお得な買い切りプランでご提供しています。たった39,800円でプロが作成したすべてのデータポータルテンプレートが使い放題。また今後リリースされるレポートやダッシュボードもすべて利用できるので、ぜひご利用ください。

買い切りプランの新作ダッシュボード&レポートテンプレート一覧(GA4対応)

  • [4010] ECモニタリングダッシュボード(GA4版)

    [4010] ECモニタリングダッシュボード(GA4版)
  • [4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)

    [4009] アクセス解析モニタリングダッシュボード(GA4版)
  • [4008] EC月次レポートテンプレート(GA4版)

    [4008] EC月次レポートテンプレート(GA4版)
  • [4007] アクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)

    [4007] アクセス解析月次レポートテンプレート(GA4版)

買い切りプランで使える全てのレポートテンプレートを見る

ウェブ広告やSNS媒体はサブスクリプションプランで

Facebook広告・Yahoo広告などのGoogle以外のウェブ広告媒体やInstagramなどのSNS媒体は、データ接続のコネクタが用意されていないため、通常は自社のエンジニアに依頼してAPIを使ってデータ取得するか、Supermeticsなどの有料のパートナーコネクタに申し込む必要があります。

インハウスプラスのサブスクリプションプランでは、こういったデータ取得の難易度が高い媒体もデータ取得からレポート作成までを自動化できます。14日間の無料トライアルもご用意しているので、ぜひお試しください。

サブスクリプションプランの人気ダッシュボード&レポート一覧

  • [0001] Instagramインサイトレポート

    [0001] Instagramインサイトレポート
  • [0002] Facebook広告(Instagram広告含む)レポート

    [0002] Facebook広告(Instagram広告含む)レポート
  • [0003] Google広告レポート(バナー画像分析付き)

    [0003] Google広告レポート(バナー画像分析付き)
  • [0004] Yahoo!広告レポート

    [0004] Yahoo!広告レポート
  • [0005] LINE広告レポート

    [0005] LINE広告レポート
  • [0006] Twitter広告レポート

    [0006] Twitter広告レポート

サブスクリプションプランで使える全てのレポートを見る

フルカスタマイズのダッシュボード開発にも対応しています

各企業様のニーズに合わせてカスタマイズしたダッシュボード開発にも対応しておりますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

↑ページのトップに戻る