GoogleデータポータルでGoogle広告のレポートを作成する方法

さまざまなデータから表やグラフ形式のレポートを作成することができる「データポータル」。ここでは、データポータルでGoogle広告のデータを可視化する方法を分かりやすく解説していきます。

Google広告に接続する

Google広告のデータを使用するために、データポータルからGoogle広告へ接続します。以下の手順で行ってください。

1. データポータルへログイン後、右上から [作成] > [データソース] の順に選択。

2. コネクタ一覧の中から [Google広告] を選択

3. [アカウントID] > [アカウント包括フィールド] の順に選択し、右上の [接続] をクリック。

4. 次のような画面が表示されたら接続成功。

レポートを作成する

データソースを用意できたら、次はデータソースを基にレポートを作成していきます。レポートの作成は次の手順で行います。

1. 新規レポートを作成

先ほどの画面から、右上の [レポートを作成] をクリック。

2. グラフや表を追加

デフォルトのテーマが適用されたまっさらなレポートが作成されます。[グラフを追加] をクリックし、追加したいグラフや表を選択します。

3. テーマの選択

レポートのテーマを変更したい場合は [テーマとレイアウト] をクリックすることで、画面右側から好きなテーマを選択できます。

ここでは「星座」を選択しています。

4. データソースの編集

グラフや表のデータは、編集したいグラフや表を選択 後、画面右側のフィールドパネルから編集することができます。

工夫次第で次のようなレポートを作成することができます。

レポートの参考例

(クリックするとデータポータルが開きます)

5. レポートを共有

作成したレポートを共有する際は、画面右上の [共有] をクリックします。PDF形式でのダウンロードやウェブサイトへの埋め込みが可能です。

注意|表示されないデータもある

広告の表示回数がゼロの場合は、データポータルに表示されませんので注意してください。

最後に

in-house+(インハウスプラス)では、美しくわかりやすいデザインで、マーケティングの効果を一目で把握できるマーケティングテンプレートをご提供しています。

Googleデータポータルは、無料で高機能な素晴らしいソフトウェア(おそらく世界で最も費用対効果の高いBIツール)である一方、他のGoogle製品と同じくサポートがなく使いこなすのが難しいため、初心者の方でもゼロから作る必要がなく、すぐに使いこなせる豊富なマーケティングテンプレートを用意しています。

2020年1月リリース以降、事業会社のマーケターや広告代理店、制作会社のみなさまを中心に約35,000ユーザーさまにご利用いただいているテンプレートを是非一度お試しくださいませ。

データポータルのテンプレートギャラリーを見る