[GA4] セッション数の定義や確認方法 | UAからの変更点やページビューとの違い

[GA4] セッション数の定義や確認方法 | UAからの変更点やページビューとの違い

ウェブサイトの効果を測定するためには、様々な指標が用いられます。その中でも、ウェブサイトへの訪問数を表す「セッション数」は重要な指標です。この記事では、GA4とUAのセッション数の定義の違いから、GA4でのセッション数の確認方法、ページビューとの違いまでを分かりやすく解説します。ウェブサイトの担当者は、これらの指標の定義を正しく理解し、ウェブサイトの分析に適切に活用していきましょう。

GA4のセッション数を簡単に確認したい方や分かりやすいGA4レポートを作成したい方には、2,000社以上が利用するインハウスプラスの買い切りプランのGA4レポートテンプレートがオススメです。このテンプレートは、一度の購入でサイト数無制限にレポートを作成でき、数分で簡単にレポートが完成し、カスタマイズも自由に行えます。また、GA4の専門家である小川卓さんが顧問として参画しており、GA4の仕様変更に合わせてテンプレートを随時アップデートしていますので、ずっと安心してご利用いただけます。

人気テンプレート:クライアントや社内への報告用レポートとして人気のGA4 月次レポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

人気テンプレート:日々の数値チェックが簡単になるGA4 標準レポートテンプレート

demo-icon デモレポートURLを開く(数秒で大きな画面で開きます)

detail-icon レポートの詳細を見る

GA4のセッション数とは?

GA4のセッションとは、「ユーザーがウェブサイトに訪問してから離脱するまでの一連の操作」を指します。セッションの開始と終了は、以下のような基準で計算されます。

  • セッションの開始:(前回のセッションが終了している状態で)ユーザーがウェブサイトやアプリの画面を表示した時
  • セッションの終了:デフォルトの設定では、30分間何も操作がない場合にセッションは自動的に終了します。

このセッションが終了する時間は、デフォルトは30分間と設定されていますが、変更も可能です。変更方法はこの記事の下部にある「セッションのタイムアウトを調整する方法」をご覧ください。

↑ページのトップに戻る

GA4とUAのセッションの違い

UAよりGA4のセッション数が少なくなる理由

GA4では、30分間何も操作がない場合にセッションが終了します。これに対して、UAでは、セッションが終了する他の条件も存在しました。

UAの場合、ユーザーが実際にはサイトから離脱していないにもかかわらず、以下の理由でセッションが終了することがあり、本来1つのセッションとしてカウントされるべき活動が2つのセッションに分割されてしまうことがありました。このため、多くの場合、UAで計測されたセッション数は実際の数値よりも水増しされていたのに対し、GA4ではより実数に近いセッション数が計測されることになっています。

GA4とUAのセッションの終了条件

以下がGA4とUAのセッション終了条件の比較表です。

条件UAGA4
30分間何も操作がない場合終了終了
日付をまたいだ場合終了
開始したセッションと異なる参照元、メディア、キャンペーンから訪問した場合終了

このように、GA4はUAから進化し、仕様が異なるものがあります。詳しくは、「【初心者向け】GA4(Googleアナリティクス4)の基本的な使い方 | 画面の見方も分かりやすく解説」をご覧ください。

↑ページのトップに戻る

GA4のセッション数とページビュー数(表示回数)の違い

GA4のページビュー数(表示回数)は、ウェブサイトでページが表示された合計回数です。同じユーザーが同じページをリロードした場合、リロードした回数分カウントされます。

例えば、あるユーザーがウェブサイトに訪問し、一度もサイトを離れることなくページAを5回・ページBを3回閲覧した場合、セッションとページビュー数(表示回数)は以下になります。

  • セッション数:1
  • ページビュー数(表示回数):8

↑ページのトップに戻る

GA4のセッション数の確認方法

GA4のセッション数は、主にデフォルトで用意されている標準レポートの集客レポートで確認することが可能です。標準レポートの詳しい使い方は、「[GA4] 標準レポートの使い方 | カスタマイズ方法も詳しく解説」をご覧ください。

流入チャネルグループごとのセッション数の確認方法

左メニューの「レポート」>「集客」>「トラフィック獲得」を選択すると、流入チャネルグループごとのセッション数が確認できます。

GA4のセッション数の確認方法
(引用)GA4のトラフィック獲得レポート

ランディングページごとのセッション数の確認方法

左メニューの「レポート」>「エンゲージメント」>「ランディングページ」を選択すると、ランディングページごとのセッション数が確認できます。

GA4のランディングページごとのセッション数の確認方法
(引用)GA4のランディングページレポート

↑ページのトップに戻る

GA4のセッションを使った関連指標

以下、セッションと一緒に確認することが多い関連する指標の意味も解説しておきます。

指標意味
平均セッション継続時間1セッションあたりの平均継続時間(秒)。
直帰率エンゲージメントのなかったセッションの割合。
エンゲージメントのあったセッション数エンゲージメントが発生したセッションの数。
エンゲージメント セッション数(1ユーザーあたり)1人あたりの平均エンゲージメントセッション数。
エンゲージメント率すべてのセッションのうち、エンゲージメントが発生したセッションの割合。
エンゲージメントの少ないセッションエンゲージメントのなかったセッションの数。
セッションのコンバージョン率コンバージョンが発生したセッションの割合。
ユーザーあたりのセッション数ユーザー 1 人あたりの平均セッション数。
セッションあたりのページビュー数1回のセッションあたりの平均ページビュー数。

↑ページのトップに戻る

セッションのタイムアウトを調整する方法

手順1

GA4のメニューから「管理」>「データの収集と修正」>「データストリーム」を選択すると以下の画面が表示されますので、対象のデータストリームを選択します。

データストリームを選択する
(引用)GA4の管理画面

手順2

次に「タグ設定を行う」を選択します。

タグ設定を行う
(引用)GA4の管理画面

手順3

次に「タグ設定を行う」を選択します。

タグ設定を行う
(引用)GA4の管理画面

手順4

次の設定画面で「もっと見る」をクリックすると表示される「セッションのタイムアウトを調整する」を選択します。

セッションのタイムアウトを調整する
(引用)GA4の管理画面

手順5

この画面が表示されたら、希望の条件に更新するだけで、変更が完了します。

セッションタイムアウトの条件を設定する
(引用)GA4の管理画面

↑ページのトップに戻る

関連するGoogle公式ドキュメント

Google公式アナリティクスヘルプ:[GA4] アナリティクスのセッションについて

Google公式アナリティクスヘルプ:[UA→GA4] 指標の比較: Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクス

Google公式アナリティクスヘルプ:[GA4] アナリティクスのディメンションと指標

↑ページのトップに戻る

GA4のカスタムダッシュボード・レポート開発や使い方のレクチャーも行なっています

インハウスプラスは、各企業様の課題に合わせて要件定義から実装までを行うGA4のLooker Studioを使ったカスタムダッシュボード・レポート開発や、GA4のテクニカルサポートなどの「GA4のデータ活用支援サービス」もご提供しています。

顧問として参画いただいているGAの専門家の小川卓さんを含め実績豊富なスペシャリストがサポートしますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

↑ページのトップに戻る

GA4のおすすめ記事

GA4全般や設定に関するおすすめ記事

GA4レポートに関するおすすめ記事

↑ページのトップに戻る