Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)の使い方

Googleデータポータル とは?

Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)は、マーケティング組織が所有する様々なデータを一つにまとめ、データ分析の結果を誰でも理解できる分かりやすい形で共有できるレポーティング、データビジュアライゼーションツールです。

現在、多くの方が、報告レポートをエクセルやGoogleスプレッドシートで作成されているかもしれません。これらのツールは、使い慣れた便利なツールかもしれませんが、数値が羅列しただけのビジュアル化が弱いレポートは、見る側にとっては読み解くのが困難で、意思決定を難しくします。当たり前ですが、レポートは理解され、意思決定に活かされ、アクションに繋がらなければ意味がありません。

この記事は、Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)を使いこなすための完全ガイドです。この記事を読むと、見る側に親切な分かりやすいレポートを作成できるようになります。

Googleデータポータルの利点

1. 無料

DomoやTableauをはじめ、多くのBIツールの費用が年間数百万円以上と非常に高額に設定されている一方、Googleデータポータル (旧Googleデータスタジオ)は、なんと無料で利用できます。BIツールは大規模なシステムを導入したものの上手く使いこなせていないという事例も多いようなので、まずは小さく始めたいといった企業様に特にオススメです。

2. 直感的なユーザーインターフェース

他のGoogle製品と同じく、Googleデータポータル (旧Googleデータスタジオ)は直感的なユーザーインターフェイスで非常に使いやすいことも挙げられます。また、もし困ってもレポートの作成に役立つ様々なチュートリアルがあるため簡単に学ぶことができます。

3. 豊富なテンプレート

Googleデータポータル (旧Googleデータスタジオ)は、初めての方でも簡単に使い始められるように、多彩なテンプレートを提供しています。GoogleスプレッドシートやGoogleスライドにあるテンプレートと同様に、好きなテンプレートを選び、それをベースにカスタマイズするとあっという間にレポートが完成します。

※オススメの日本語テンプレートはこちら

Googleデータポータルでレポートを自動化する方法

Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)が公式に用意しているコネクタを使って、Google広告やGoogleアナリティクスなどのデータソースと接続し、一度レポートを作成すればその後は自動的にリアルタイムでデータが更新されます。これにより、常に手元で最新のデータが確認できるようになります。また取り込む期間にも(例えば過去2年間などの)制限がありません。

レポートも簡単に共有できます。ユーザーに権限を割り当てて、GoogleスプレッドシートやGoogleスライドと同じ方法で、レポートを表示または編集できるようにすることができます。

Googleデータポータルコネクタ

Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)には、さまざまなプラットフォームからデータを取り込むためのコネクターが用意されています。

※コネクタは、こちらからアクセスします。

Googleデータポータル コネクタ

Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)には160を超えるコネクタがあります。これらのコネクタを使って、Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)はデータに直接アクセスして更新します。一度データに接続したら、手動でデータを更新する必要はありません。Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)が自動的に行います。

しかし、注意すべき点が1つあります。160を超えるコネクタの中にはGoogleが提供しているものと、サードパーティ企業が提供しているものがあります。Googleが提供しているコネクタはほとんどの場合無料ですが、サードパーティ企業のコネクタは有料です。またサードパーティ企業のコネクタは、一部技術的なバックグラウンドが必要になる場合があります。

注:利用したいコネクタをGoogleが提供しておらず、コネクタを使ったデータ接続が社内のリソースで対応できない企業様は、データサイエンティストが代わりに自動化を行ってくれる弊社の広告効果測定システムをご利用ください。

Googleデータポータルとプラットフォームを接続する

プラットフォームと接続するためのコネクタを追加するのは非常に簡単です。Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)アカウントにログインし、以下の簡単な3つの手順を進めるだけです。

1.「作成」をクリックし、「データソース」を選択します

2. 作成するコネクタを見つけ、「選択」をクリックします

3. レポートに表示したいビューを選び、「接続」をクリックします

これら3つの手順が完了すると、レポート作成に進むことができます。

注:利用したいコネクタをGoogleが提供しておらず、コネクタを使ったデータ接続が社内のリソースで対応できない企業様は、データサイエンティストが代わりに自動化を行ってくれる弊社の広告効果測定システムをご利用ください。

GoogleデータポータルとGoogleスプレッドシートを接続する

データ集計でGoogleスプレッドシートを使用しているマーケティング担当者の方も多いと思いますが、このGoogleスプレッドシートも前述のプロセスと同じ手順でGoogleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)に接続することができます。Googleスプレッドシートを追加するには、次の手順に従ってください。

1.「作成」をクリックし、「データソース」を選択します

2. Googleスプレッドシートを見つけ、「選択」をクリックします

3. レポートに表示したいGoogleスプレッドシートと対象のワークシートを選び、「接続」をクリックします

Googleデータポータルでレポートを作成する方法

Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)と必要なデータソースを接続したら、レポートの作成を開始します。レポートの作成を開始するには、次の手順に従います。

1.「作成」をクリックし、「レポート」を選択します

2. 接続したデータソースの中から使用するデータソースを選択し「レポートに追加」します

3. トップメニューの「グラフを追加」をクリックして、レポートにグラフを追加します。30種類のチャートから選択できます。

直感的なユーザーインターフェイスのため、思い通りにレポートをカスタマイズできます。レポートが完成したら、チームの他のメンバーにも共有しましょう。

Googleデータポータル テンプレート

レポートを一から手動で作成するのに時間をかけたくない場合は、こちらからテンプレートをお選びください。すぐに使用できるGoogle広告、Googleサーチコンソール(SEO)、およびGoogleアナリティクスのアクセス解析用のテンプレートがあります。

Googleデータポータルレポートを共有する方法

レポートを共有するには、右上の「共有」をクリックします。 GoogleスプレッドシートやGoogleスライドと同じように、レポートを共有する相手のメールアドレスと権限を選択します。

特定の人に自動的にレポートPDFをメール配信することも可能です。レポートの送信先、開始時間、および繰り返しの頻度を選択します。最後に、「スケジュールを設定」をクリックします。

Googleデータポータルを最大限に活用する

最後に、弊社では本格的なマーケティング分析の仕組みを導入したいが社内にデータサイエンティストやデータエンジニアのリソースがないという企業様向けに、Googleデータポータルを活用しデータサイエンティストが収集から変換/統合、可視化までお客様の分析システムを一気通貫で構築するサービスをご提供しております。

Googleアナリティクスと同様、Googleデータポータル (旧Googleデータスタジオ)はもはや初心者向けの無料ツールではなく、世界最高峰のツールとなっています。有料ツールだと数百万円以上かかる機能もきちんと設定させできれば実現可能なものも多いため、一度お問い合わせいただければと思います。

お問い合わせはこちら