Googleアナリティクス自動レポートのおすすめ作成方法|無料や有料ツールの特徴と費用

Googleアナリティクスのレポート作成は自動化しよう

Googleアナリティクスでは、エクセルなどにレポートをエクスポートできます。しかし、日々変化するデータを都度エクスポートするのは手間がかかります。さらに、エクスポートしたデータの集計・分析にも時間を要します。またGoogleアナリティクスのカスタムレポートでは、一からの指標の設定やグラフ表示に対応していない等の欠点があります。

そのため「エクセルにコピペ」ではなく、ツールを使って自動化したレポートの作成がおすすめです。

Googleアナリティクスのレポート機能を使って自動レポートを作成する方法

Googleアナリティクスでは、簡単に自動レポートを作成する機能が存在します。

ここでは、Googleアナリティクス マイレポートとカスタムレポート、レポートのエクスポート・共有方法を解説します。

Googleアナリティクス マイレポート

Googleアナリティクス マイレポート(以下マイレポート)では、最大12個までウィジェットを登録でき、重要度の高いレポートや指標の概要を確認できます。そのため、アカウントの状況や各レポートの関係性を即座に把握できます。

マイレポートは簡単に作成でき、カスタマイズや共有もできます。ここから、マイレポートの作成手順をご説明します。

1. Googleアナリティクスにログイン

お持ちのGoogleアナリティクスにログインしてください。

2. 目的のビューに移動

Googleアナリティクスの各アカウントでは、各複数のプロパティ、そしてプロパティごとに複数のビューを設定できます。

そのため、目的のビューに移動しましょう。

3.マイレポート一覧をクリック

まず「カスタム」を、次に「マイレポート一覧」をクリックします。

4.新しいマイレポートを作成

 「作成」をクリックします。

5.表示するパネルを選択

「マイレポートの作成」ダイアログにて、「空白のキャンバス」または「デフォルトのマイレポート」を選択します。

「空白のキャンバス」はウィジェットなしで、「デフォルトのマイレポート」はデフォルトのウィジェットを指します。

6.名前を付ける

マイレポートに名前を付け、「マイレポートを作成」をクリックします。

Googleアナリティクス カスタムレポート

Googleアナリティクス カスタムレポートでは、マイレポートをカスタマイズできます。

複数のディメンションや指標を組み合わせ、1つの画面において自身の求める情報の詳細の確認が可能です。

アクセス解析の概要の把握に適するマイレポートに対して、カスタム レポートでは各ディメンションの詳細を分析できます。

1.Googleアナリティクスにログイン

Googleアナリティクスにログインします。

2.目的のビューに移動

目的のビューに移動します。

3.カスタム レポートをクリック

まず「カスタム」を、次に「カスタム レポート」をクリックします。カスタム レポートが作成されていなければ、サマリーのみが表示されます。

4.新しいカスタム レポートをクリック

まず「カスタム」を、次に「カスタム レポート」、そして「+新しいカスタム レポート」をクリックします。

5.名前を付ける

タイトルを入力します。
※「+レポートタブを追加」のクリックで、必要に応じて追加可能です。

Googleアナリティクスで作成したレポートをエクスポートする方法

Googleアナリティクスのデータは、エクセルやPDF、Googleスプレッドシート にエクスポートできます。

Googleスプレッドシート へのエクスポート方法は後述しますが、エクセルやPDFへのエクスポートは手動でのステップが必要です。

ここでは、Googleアナリティクスで作成したレポートをエクスポートする方法をご説明します。

1.画面や期間の設定確認

Googleアナリティクスでは、現在の画面表示分がエクスポートされます。そのため、レポートの画面設定や対象期間を確認してください。

2.エクスポートをクリック

Googleアナリティクスのレポート画面の上部あるメニューバーから「エクスポート」をクリックします。

3.出力したい形式を選択

エクスポートをクリックすると、以下の出力可能な6形式が表示されます。

  • CSV
  • TSV
  • TSV形式(Excel)
  • Excel(XLSX)
  • Googleスプレッドシート 
  • PDF

データをエクセルで利用する場合は、TSV形式(Excel)を選択しましょう。尚、PDFしか選択できない場合もあります。

Googleアナリティクスで作成したレポートを共有する方法

Googleアナリティクスで作成したレポートは、以下の5つの方法で共有可能です。

  1. ユーザーの追加
  2. ビューで共有
  3. テンプレートで共有
  4. ソリューションギャラリーで共有
  5. メールで送信

ここでは、各手段の手順について解説します。

1.ユーザーの追加

ユーザーは必要に応じて、アカウント・プロパティ・ビューごとに何人でも追加できます。

①メニューバーの[管理]をクリック

画面が、目的のアカウント、プロパティ、ビューに進みます。

②「ユーザー管理」を選択

アカウント・プロパティ・ビューの各「ユーザー管理」設定をプルダウンから選択します。

「ユーザー管理」をクリックすると、ユーザー管理画面に進みます。

③ユーザーの追加

画面が進むと、「権限を付与するユーザー」の箇所が表示されます。権限を与えたいユーザーのメールアドレスを記入します。リストの上部にある検索ボックスで、対象のユーザーのメールアドレスを用いたユーザー検索もできます。

④「追加」をクリック

「追加」をクリックして、追加します。

⑤「保存」をクリック

「保存」をクリックして、保存します。上記の手続きにより、権限を得たユーザーはレポートを閲覧できます。

2.ビューで共有

非公開のマイレポートを作成後、コピーして他のユーザーと共有できます。該当のビューへのアクセス権を有する追加されたユーザーは、マイレポートのデータの閲覧やウィジェットの追加・編集ができます。共有したマイレポートを読み取り専用にはできません。しかし、共有したマイレポートの他のユーザーが加えた変更は、自分の非公開のマイレポートには反映しません。

共有するマイレポートの表示

共有するマイレポートを表示します。

オブジェクトの共有

まず「共有」を、次に「オブジェクトを共有」をクリックします。

以上の手順で、該当のビューで現在のマイレポートのコピーを、他のユーザーも閲覧できます。

レポートパネルのマイレポート一覧の「共有」セクションにて、共有したマイレポートの確認ができます。

マイレポートの共有の解除には削除の必要がありますので、ご注意ください。

3.テンプレートで共有

他のビューやアカウントと、マイレポートのテンプレートを共有できます。

まず「共有」を、次に「テンプレートのリンクを共有」の順にクリックすることで、URLが生成されます。

生成されたURLをコピーして、他のユーザーに送信したり、ドキュメントに埋め込んだりと、マイレポートの共有が可能になります。

「テンプレートのリンクを共有」を選択した場合は、マイレポートの設定のみが共有できます。

つまり、データは共有されないのでご注意ください。

生成されたリンクを受け取った、Google アナリティクス アカウントを持つ他のユーザーは、マイレポートの設定のインポートが可能です。

4.ソリューションギャラリーで共有

ソリューションギャラリーで、マイレポートやセグメントを始めとするカスタム レポート ツールとアセットを共有・インポートできます。

ただし共有・インポート可能なのは、Google アナリティクスのアカウント間のみです。

よって、必ずアナリティクスのアカウントを用意しましょう。

5.メールで送信

単発またはスケジュールを設定したメールの送信が可能です。

メールの送信により、Googleアナリティクス アカウントにアクセス権のないユーザーも、マイレポートのデータを閲覧できます。

メールの送信には、下記の2つの方法があります。

①自動メール

Googleアナリティクスから、自動的にメールが配信されるように設定します。

「メール」をクリックし、必要事項を記載・選択・チェックすると、メール設定が完了します。必要事項は、宛先と件名・頻度・reCAPTCHA(私はロボットではありません)です。画像では「No soy un robot」となっていますが、日本語表示では「私はロボットではありません」です。

「頻度」の設定で、メール送信の頻度を選択できます。適正な頻度が不明な場合は、一般的に採用される「月に1回」が無難でしょう。実際に配信されてから、お好みの頻度に合わせて調整可能です。

デフォルトでは6ヶ月間メールが送信されますが、「詳細オプション」で期間を変更できます。この期間終了後は、メール送信のスケジュールの再設定が必要です。

なお既にスケジュール設定済みのメールがあれば、既存メールに追加可能なリンクが表示されます。

リンクを活用すると、既存のメールと同様の設定でレポートの送信ができます。

またスケジュールを設定したメールは、次の手順で管理・確認が可能です。

まず「管理」次に「ビュー」をクリックして、「ビュー」を選択します。そして、「パーソナル ツールおよびアセット」をクリックし「メール配信スケジュール」で確認・管理できます。

②PDFにエクスポート

先述のエクセルへのエクスポートと同様の手順で、まずは[エクスポート]をクリックします。

次にPDFを選択すると、画面上に表示中のレポートのコピーが、PDFファイルとして保存されます。

続いて、まず「共有」を、次に「メール」をクリックします。ダウンロードしたPDFファイルを添付して、有効なメールアカウントにメールを送信します。もしくは、アナリティクスの画面上ではなく、通常通りのメールに添付もできます。なお出力されたPDFファイルは、メールに添付するだけでなく、印刷して配布も可能です。

Googleアナリティクスのスプレッドシートアドオンを使って自動レポートを作成する方法

Googleスプレッドシートを活用すると、 アドオンの使用により、Googleアナリティクスからデータを自動エクスポートをできます。アドオンとは、後から追加できる「拡張機能」を指します。常時変化するデータを随時エクスポートする手間を省けるので、効率性の改善を図れます。変化を見逃すこともなくなり、業績向上に貢献します。

ここでは、Googleスプレッドシート への自動レポート作成の手順をご説明します。

1.アドオンのインストール

まずは、Googleスプレッドシート にアドオンをインストールします。1つのアカウントで一度インストールすると、新規のスプレッドシートを作成しても新たなインストールは不要です。

ここでは、アドオンのインストール手順を解説します。

①新規スプレッドシート を開く

新しいスプレッドシートを開きましょう。

②アドオンを取得

メニューから「アドオン」を選び、クリックします。「アドオンを取得」が表示されるので、選択します。

③Google Analyticsを選択

表示されたアドオン一覧から「Google Analytics」を選択します。類似のアドオンもありますが、Google公式のアドオンを選んでください。

④インストール

「+無料」をクリックします。認証画面が出るので、認証内容を確認して「許可」をクリックします。

認証内容は、下記になります。

  • Googleでのユーザーの把握
  • メールアドレスの表示
  • Googleドライブのスプレッドシートの表示と管理
  • Googleアナリティクスデータの表示
  • Googleアナリティクスの管理エンティティの編集
  • アプリケーションに関連付けられたデータの表示と管理
  • 自分がいない時のアプリケーションの実行
  • ユーザー本人の代理でのメール送信

以上の手順で、アドオンがインストールできます。アドオンのタブを再度クリックすると、「Google Analytics」と追加されているでしょう。

2.アナリティクスレポートの作成

続いて、具体的なレポート作成手順を解説します。

①スプレッドシートを開く

まずGoogleスプレッドシートで、スプレッドシート を開きます。

②Create new report

まず「アドオン」、次に「Google Analytics」、そして「Create new report」をクリックします。

③欲しい情報の入力

基本情報を入力して、「Create new report」をクリックします。すると、レポート作成画面が右側に表示されます。

「Create new report」では、選択肢以外の表示が英語になります。下記の基本情報を、日本語でご説明するので参考になさってください。

1) Name Your Report(レポート名)
「Name」にお好みのレポート名を入力します。後々確認する際に分かりやすい名前を、おすすめします。レポート名は、日本語で入力できます。

2) Select Account Information(アカウント情報の選択)

  • Account(アカウント)
  • Property(プロパティ)
  • View(Profile)(ビュー)

アカウント・プロパティ・ビューの設定をします。ビューが1つであれば、アカウントの入力で全て自動挿入されます。

3)Choose configuration options

Metrics(指標):セッション、PV数、新規ユーザーの割合、コンバージョン数、E-コマース収益(売上)など。取得したいデータの種類を選びましょう。

Dimensions(ディメンション):データを切り分ける単位を指します。日別、月別、ページ別、イベントなどです。たとえば、「日別」かつ「流入元別」で確認する際は、「Date」と「Default Channel Grouping」を選びます。

Segments(セグメント):Googleアナリティクス上で設定しているセグメントや初期設定で保存しているセグメントの引用が可能です。

MetricsとDimensions、Segmentsの選択では、取得したいデータの英単語を入力すると、自動で候補が表示されます。表示された候補をクリックし、選択してください。

Googleアナリティクスの管理画面を使い慣れている方は、アナリティクスの管理画面で細かく設定後に、セグメントへの挿入もできます。

④シートの作成

全ての設定を終えたら、「Create Report」をクリックします。

すると、「Report Configuration」というレポートの詳細設定が可能なシートが作成されます。

このシートを元に、データが作成されます。

自動化する

アドオンを利用すると、取得期間を設定して自動化できます。毎日14時にデータ取得など設定すると、日々のデータをスプレッドシートで確認できます。

次に、自動配信の設定方法をご説明します。

①Schedule Reports

まずは「アドオン」、次に「Schedule Reports」をクリックします。

②Enable reports to run automatically

「Enable reports to run automatically」のチェックボックスにチェックを入れます。

そして毎時・毎日・毎週・毎月のいずれかを選び、取得する時間軸も設定します。

Save

「Save」をクリックして、設定を保存します。

以上で、Googleアナリティクスのデータは、Googleスプレッドシート で自動取得が可能となりました。

Googleデータポータルを使って自動レポートを作成する方法

Googleデータポータルでは、Googleアナリティクスやサーチコンソールなど、色々な種類のデータソースと接続ができます。そのため、膨大なデータを可視化かつ一つのGoogleデータポータルの画面上でまとめてレポートの自動生成ができます。複数の管理画面からCSVデータをダウンロードでき、エクセルなどでのレポート作成の手間が省けて便利です。

ここでは、Googleデータポータルを使って自動レポートを作成する手順をご説明します。

1. Googleデータポータルのアカウントの作成

Googleアナリティクスと連携させるため、まずはGoogleデータポータルのアカウントを用意します。

①Googleデータポータルにアクセス

まずはGoogleデータポータルにアクセスして、下記の画像の「無料で利用する」をクリックします。

②Googleデータポータルにログイン

Googleアナリティクスと同じアカウントでログインします。

③初期設定の完了

ログインできると、Googleデータポータルのホーム画面に進みます。画面右下の「+」のアイコンをクリックします。

初回のみポップアップが表示されるので、「使ってみる」をクリックします。規約を確認・同意し、初期設定を完了しましょう。

初期設定完了後は、再びホーム画面に戻ります。

2. Googleアナリティクスと連携

次に、Googleデータポータルのアカウントと、Googleアナリティクスを連携させます。

①無題のレポートを開く

ホーム画面に戻ったら、「+」をクリックして、新たな無題のレポートを準備します。

②コネクタの選択

画面右下の「+データを追加」をクリックします。

そして、Googleコネクタから「Googleアナリティクス」を選択します。

すると、アクセス権の許可の可否を問う「承認」が表示されます。承認しないと連携できないので、「承認」をクリックします。次にポップアップでウィンドウが開いたら、「許可」をクリックします。

③グラフ化する内容を選択

グラフ化したいアナリティクスのアカウントとプロパティ、ビューを選択します。そして、画面右上の「接続」をクリックします。

④レポートに追加

画面が進んだら、右上の「レポートに追加」をクリックします。すると「このレポートにデータソースを追加しようとしています」と、ポップアップが表示されます。そこで、「レポートに追加」をクリックします。レポートの追加に成功したら、無題のレポートに薄くグリッドが表示されます。

これで、Googleアナリティクスとの連携ができました。

3. レポートを作成する

いよいよ、レポートを作成します。左上メニューで「挿入」をクリックすると、グラフ・画像・テキストが選択できます。右上にある「ビュー」のクリックで、好きな時にプレビューの確認が可能です。

①テキストの挿入

左上メニューの「挿入」から「テキスト」を選択します。

配置された青い枠内に、テキストを打ち込みます。

右側の「テキストのプロパティ」でフォントや段落、背景色や文字色などを変更できます。

②画像の挿入

左上メニューの「挿入」から「画像」を選択します。

するとテキスト挿入時と同様に、青い枠が配置されます。右側の「画像のプロパティ」の「ファイルを選択」を選び、ローカルデータ内の画像データを選択します。「アスペクト比を保持する」にチェックを入れないと、画像の比率が崩れます。チェックを忘れないよう、ご注意ください。

③グラフの作成

たとえば「円グラフ」を配置すると、仮定します。

「データ」の既存「ディメンション」は、「参照元」となっていることを確認します。そして、ディメンションの右側に表示される項目を、「デバイスカテゴリ」に変更します。すると、円グラフの内容が「デバイスカテゴリ」に更新されます。各グラフも「スタイル」を編集すると、テキストと同じくカラーなどを変更できます。スタイルは各グラフで異なりますので、お好みに合ったタイプをお選びください。

有料のレポートツールを使って自動レポートを作成する方法

ここでは有料のレポートツールを使って、効率的にビジネス戦略にGoogleアナリティクスを活かす方法をご紹介します。

FARO REPORT

わずか1分で、Googleアナリティクスのアクセス解析レポートを自動作成するサービスが、FARO REPORTです。

エクセルやパワーポイントでのダウンロードも可能で、かつECサイトにも対応しているので、とても便利なサービスです。

詳細は、Googleアナリティクスレポート作成ツールならFARO REPORT(ファーロレポート)でご確認ください。

FARO REPORTでは、自社に最適の契約を、3種類のプランタイプと3つの契約期間からお選びいただけます。

ここでは、各契約プランと料金、特徴を説明します。

ゴールドプラン

ゴールドプランは、ECサイトを分析したい方に向きます。下記の表のように、1ヶ月のみ・半年・年間で契約可能です。半年契約では1ヶ月分、年間契約では4ヶ月分お得になります。ゴールドプランでは、FARO REPORTの全てのサービスを利用できます。FARO REPORTが提供するサービスは、後述します。

1ヶ月半年契約年間契約
12,000円/月10,000円/月8,000円/月

シルバープラン

シルバープランは、細かい指標まで確認したい方に向きます。一般企業には、基本的には最もおすすめのプランですが、EC販売業には不向きです。シルバープランでは、ECサイトレポートに対応していないからです。半年契約では1ヶ月分、年間契約では4ヶ月分お得になります。シルバープランでは、以下の5点のサービス以外を利用できます。

  • ECサイトレポート
  • 検索キーワード分析レポート
  • オリジナルテンプレート対応
  • 電話サポート
  • 優先的なサポート

FARO REPORTが提供するサービスは、後述します。

1ヶ月半年契約年間契約
9,000円/月7,500円/月6,000円/月

フリープラン

フリープランは、アクセス解析を試したい方に向きます。契約期間に関係なく、無料で使用できます。使用できるのは、1サイトの前月分に対する基本レポートの制限版です。レポートの出力回数は、無制限です。FARO REPORTが提供するサービスは、後述します。

それぞれのプランの使用可能サービス

先述した3つの各プランの使用できるサービスをご説明します。各プランの使用可能なサービスは、下記の表でご確認ください。

「基本レポート」では、任意の1ヶ月のアクセス動向を確認できます。ECサイト以外のWebサイトのパフォーマンス分析に必要な指標の大部分を、カバーします。

「期間カスタムレポート」では、開始日と終了日を指定した、任意の期間のアクセス動向を確認できます。キャンペーン期間中の日々の最新状況の確認にも、使用できて便利です。

  ゴールドプラン シルバープラン フリープラン
登録サイト数 無制限 無制限 1サイトのみ
レポート出力回数 無制限 無制限 無制限
レポート対象期間 無制限 無制限 前月のみ
基本レポート あり あり 制限版
期間カスタムレポート あり あり なし
ECサイトレポート あり なし なし
検索キーワード分析レポート あり なし なし
カスタムテンプレート あり あり なし
複数レポートの一括作成 あり あり なし
サービスロゴ非表示 あり あり なし
オリジナルテンプレート対応 あり なし なし
チャットサポート あり あり なし
電話サポート あり なし なし
優先的なサポート あり なし なし

KOBIT

KOBITは、Googleアナリティクスやサーチコンソールのデータを元にアクセスを解析するサービスです。現在15ヶ国で約4,500社が利用しており、グッドデザイン賞をはじめとする受賞歴もあります。KOBITはアクセス分析結果から、改善提案をパワーポイント形式のレポートとして自動生成するので、便利です。

期間限定レポート(1度のみ)マンスリーレポート(継続契約)
1レポート:10,000円1レポート:5,000円/月

マンスリーレポート

マンスリーレポートでは、毎月自動で先月のデータからレポートを精製します。最低契約期間がないので、必要な際にのみ活用できるサービスです。ただしレポートの解約を忘れると、月々自動更新されるのでご注意ください。

期間限定レポート

期間指定レポートでは、選択した任意の期間のアクセス状況をまとめたレポートを入手できます。通常の「アナリティクスレポート」と異なり、継続的な費用は発生しません。

アナリティクスレポート

Googleアナリティクスを見ても把握しにくい点を、図表で分かりやすく説明します。さらに改善案も記載された、多角的な分析結果のレポートを12ページのスライドとして生成します。

KOBITの分析の切り口は、以下の5点です。

  • サイトの潜在力
  • 訪問者の特徴
  • SEOの成果分析
  • 導線の最適化の分析
  • ゴール成約率の分析

しかもKOBITを利用するには、Googleアナリティクスと紐づいたGoogle アカウント以外は準備不要です。またKOBITは、Googleアナリティクスの設定済みのタグで動作します。そのため、新たなタグの設置は不要です。さらにエクセルまたはパワーポイント形式で、レポートをエクスポートできます。

目的別Googleアナリティクスの自動レポート作成方法

Googleアナリティクスの自動レポート作成には、多種多様な対応サービスがあります。そのため、自身や自社の目的に合ったサービスを選びましょう。ここでは、目的別のおすすめサービスをご紹介します。

無料で試したい方はjuicer

まずは無料でGoogleアナリティクスの自動レポート作成を試してみたい方におすすめのサービスをご紹介します。

juicer

デジタルマーケティング業を行う「PLAN-B」が開発した無料のレポート作成ツールです。

Juicerでは、通常有料でしか提供しない業者も多い機能も使える、下記のような利点があります。

  • Web接客
  • NPS
  • 広告連携
  • 自動ペルソナ作成
  • CRM連携
  • DMP/MA連携
  • A/Bテスト
  • リード管理
  • 業界内比較
  • BtoB分析
  • クロスデバイス分析

「一行のタグをサイトに埋め込むだけ」で完成でき、導入も簡単です。サイトに不慣れな方で5分ほど、慣れている方だと1分で導入できます。

https://juicer.cc

コストバランスならFARO REPORT

無料版とは異なる充実したビジネス分析を、低価格で利用するなら、コストバランスの良いFARO REPORTがおすすめです。

FARO REPORT

先述のFARO REPORTは、株式会社 ADDIXが提供するGoogleアナリティクスレポート作成ツールです。Webサイトの登録数の上限はなく、業界最安値で使用できます。30〜60ページ分の多角的な分析レポートを作成し、プロのノウハウで得た分析を業績向上に活かします。

戦略的な分析ならTrustMonitor

プロフェッショナル な戦略的分析を求める方には、TrustMonitorがおすすめです。

TrustMonitor

株式会社サードパーティトラストが運営するツールである「Trust Monitor」では、編集可能なパワーポイント形式でプロ仕様のレポートを作成できます。1サイトを月額29,800円から利用でき、多くのサイトを登録すると1サイト当たりの料金が安くなります。中心の価格帯は月額5万円前後です。

ビジネス向けの細かな編集対応があり、プロフェッショナル な分析を受けられます。一般的な自動解析レポートツールよりも、さらに細かい条件指定ができます。また代理店の方が利用しやすいように、レポートのロゴを任意で差し替え可能です。さらに、TrustMonitorでは「目標値」や「トレンド」など豊富な指標からレポートを発行します。

https://www.trustmonitor.jp